第21回三浦綾子作文賞 作品募集

  •  0pt
  • 文芸
  • > 作文・エピソード
  • 学生向け
第21回三浦綾子作文賞 作品募集
  • 最優秀賞(A・B部門から各1編) 副賞:記念品
  • 締切: 2019年10月31日

21回目を迎える三浦綾子作文賞は、これまで多くの方々の応募と協力によって開催されてきました。このたび、主催を財団から三浦綾子記念文学館に変更し、共催に北海道新聞旭川支社と上富良野町、和寒町に加わっていただき、北海道を代表する作文賞となることを目指して、地域の力で進めてまいります。また、選考委員には、新しく上出恵子さん(九州産業大学教授)、挽地真紀子さん(小学館文芸部「きらら」編集長) 、横山百香さん(北海道新聞事業局出版センター)が加わってくださり、幅広い顔ぶれの体制となりました。そして、今回から「ゲストコメンテーター」も登場。2018年4月に『塩狩峠』を原作とした舞台「ふじ子の恋」で主演を務めた女優・深川麻衣さんが、最優秀賞作品へのコメントをくださいます。深川さんは女優として幅広くご活躍ですが、特に舞台「ふじ子の恋」では原作を読み込み、三浦綾子の作品世界を情熱的に表現されました。そのご縁から今回お願いし、快くお引き受けくださった次第です。全国の小学生、中学生、高校生の皆さんが、たくさん応募してくださり、新しい言葉の世界を切り拓いて下さることを願っています。


募集要項は、こちらからダウンロードしてください(応募用紙も付いています)。


お問い合わせは、メール(toiawase@hyouten.com)か、電話(0166-69-2626)でお寄せください。

募集内容

募集部門:


A.自由作文部門…童話、物語、評論、感想文、随筆


B.課題図書部門 


 課題図書…『氷点』『塩狩峠』『泥流地帯』『道ありき』『細川ガラシャ夫人』『母』『銃口』

応募規定

作品募集期間:2019年7月1日〜10月31日(当日消印有効)


応募のきまり


〇400字詰め原稿用紙(A4判またはB4判・縦書き)を使用し、各ページにページ番号を入れてください。


〇HB以上の濃い鉛筆を使用してください。


〇パソコンで作成する場合は、A4判用紙(横置き)に縦書きで1行20字×20行で印刷し、ページ番号を


 入れてください。CD-R等に保存したデータも同封してください。


〇規定枚数 小学生・・・3枚以上~5枚以内 中学生・高校生・・・5枚以上~10枚以内


〇作品には応募用紙を貼付してください。


〇応募は1部門につき1作品までです。複数の部門での応募は可能です。


〇封筒の表に「三浦綾子作文賞」と書いてください。


〇応募作品は返却しませんので、あらかじめコピーをおとりください。


〇応募作品についての諸権利は主催者に帰属します。

最優秀賞・優秀賞・上富良野町賞・和寒町賞

応募資格

全国の小学生・中学生・高校生(高校相当の各種学校等を含む)

審査員

選考委員:片山晴夫・加藤多一・大橋賢一・村田裕和・片山礼子・上出恵子・挽地真紀子・横山百香
ゲストコメンテーター:深川麻衣

発表

入賞発表:2019年12月上旬
表彰式:2020年1月11日

新着公募情報

はお気に入り登録された件数です。

〆切ジャンルタイトル