第9回 データビジネス創造コンテスト「わたしたちがになう未来へ」

  • ノンセクション
  • > アイデア

応募資格: 学生向け

公募ポイント -pt

最優秀賞=賞金20万円/ほか、賞あり

締切: 2019年02月07日

概要

人類には熟練や博覧による「創造」がある一方で、若さとチャレンジ精神こそが成し得る「創造」もある。デジタル・ネイティブ世代は、膨大なデータを瞬時に活用して未来を創造できるという点で、どちらの術も手にした新世代だと言える。本コンテストは学生諸君がデータを広く深くDIGして新たな知の抽出や価値の創出を競う場を提供するとともに、才能の原石である自分自身をDIGする機会を提供することを目的として開催される。


今回のテーマは「わたしたちがになう未来へ」。


e-Statや教育用標準データセット等を活用して、未来の日本の姿を予測し、より良い社会にしていくための提案を募集する。


応募資格

日本の高等学校、高等専門学校、大学、大学院の正規課程に所属する生徒・学生(社会人経験者を除く)により構成されるチームまたは個人

募集内容

「わたしたちがになう未来へ」をテーマに、e-Statや教育用標準データセット等を活用して、未来の日本の姿を予測し、より良い社会にしていくための提案を募集


*統計センターが公開する「教育用標準データセット(Standardized Statistical Data Set for Education : SSDSE)」、e-Stat掲載データの活用を想定しています。SSDSEはe-Stat(日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイト)に収録されている「都道府県・市区町村のすがた(社会・人口統計体系)」の市区町村データから約100項目余を抜き出し、縦に市区町村、横にデータ項目が並ぶ表形式のデータです。その他、オープンデータや独自に収集したデータを活用しても構いません。
・教育用標準データセット(SSDSE)
https://www.nstac.go.jp/SSDSE/
・e-Stat
https://www.e-stat.go.jp/

応募規定

●応募期間


2018年 10月28日(日)~ 2019年 2月7日(木)


●応募方法
WEB登録フォームより必要事項を登録し、参加申し込みをしてください。メールでデータの提供方法がご案内されます。それを使用し、スライドを作成、提出してください。

最優秀賞=20万円


優秀賞=10万円


顧客価値創造賞=5万円


審査員特別賞=5万円


未来創造賞=5万円


高校性部門賞=5万円

審査員

審査基準


データ活用:提供データをうまく活用しているか
データ収集:提供データ以外にもデータを集めているか
データ解析:データをきちんと解析できているか
実現・継続性:実際に実現でき、継続できるものか?
教育的価値:データサイエンス教育として他の模範となれるか?

発表

予選通過作品決定(書類審査) 2019年2月25日(月) 
本選発表会・審査会・表彰式   2019年3月16日(土)

新着公募情報

はお気に入り登録された件数です。

〆切ジャンルタイトル