公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5312-1600
  • お問い合わせ 03-5312-1600
TOPページ > 公募ガイド > 記事・お知らせ > 最新号のご紹介

公募ガイド

最新号のご紹介

公募ガイド

公募ガイド4月号

公募ガイド

2017年5月号

 

4月8日発売/定価630円

全国の書店、関東・東海のローソンで発売中

 

立ち読み 電子版 定期購読

 

 

今月の特典!

 

創作の手がかりがつかめる!

短歌づくり楽々キット

 

step1 上の句と下の句の組み合わせの3つのパターン

step2 作歌の方法 足し算法と引き算法

step3 さまざまな技巧を味わおう!

step4 プロに挑戦! 空欄を埋めよう!

 


 

特集

 

ツイートする

短歌

SNSを中心に、若いひとたちの間で短歌がブームです。

なぜって、最近の短歌は面白いから。

古めかしさなど欠片もない“新しい短歌”。

その魅力に迫ります。

ささやかな日常をツイートするように、

気軽に短歌を詠いましょう。

 

 

SPECIAL INTERVIEW

 

今、注目の若手歌人

鳥居/木下龍也

Torii/Kinoshita Tatsuya

 

 

鳥居・木下龍也

 

鳥居

目を伏せて空へのキリンの子 月の光はかあさんのいろ

ビニールの透明傘がひとつずつ街にひらいていく無表情

 

木下龍也

あの虹を無視したら撃てあの虹に立ち止まったら撃つなゴジラを

恋人を鮫に食われた斎藤が破産するまでフカヒレを食う

 

CONTENTS

 

 

カジュアル化する短歌

SNS×短歌

短歌投稿サイト、短歌歌会が活況

 

大学生×短歌

大学短歌会の数が倍増

 

ニコニコ×短歌

ニコニコと月刊「短歌」がコラボ 

 

タレント×短歌

角川短歌賞佳作入選 カン・ハンナさん 

 


短歌の現在地

歌人・山田 航

「商業出版される小説の9割は

自費出版の歌集よりつまんないですよ。

二十一世紀は短歌が勝ちます。」

 

山田航さんが選ぶ

現代短歌日本代表 Under35 12人

01 虫武一俊

02 北山あさひ

03 田丸まひる

04 瀬戸夏子

05 望月裕二郎

06 吉岡太朗

07 野口あや子

08 千種創一

09 伊舎堂仁

10 藪内亮輔

11 山中千瀬

12 井上法子

 

 

東直子先生の朝の歌会を取材しました!

朝8時、神田のカフェにメンバー10名で歌会。

どんなふうに短歌を学び、楽しんでいるのでしょうか。

 

 

Q&A

東直子先生に、短歌とその作り方について聞きました!

Q 短歌は実体験でなくてもいいのですか?

Q 記号や一字空きを使ってもいいですか?

Q 字余り、字足らずはしていいのですか? などなど

 

 


 

YELL

Vol.26

阿佐ヶ谷姉妹(お笑い芸人)

 

 

阿佐ヶ谷姉妹

おばさんであるという自覚をして
それをネタに入れ始めてから、
笑ってもらえる回数が多くなった気がする。

 

渡辺江里子(わたなべ・えりこ)

1972年栃木県出身。明治大学文学部卒業。中学校、高校の国語の教員免許を持っている。趣味は演芸鑑賞。姉役・右。

 

木村美穂(きむら・みほ)

1973年神奈川県出身。洗足学園短期大学音楽科卒業。趣味は仏像鑑賞、ピアノ。妹役・左。

 

PAGE TOP

PAGE TOP