2013/12/13


2013公募アワード 大賞決定
日経「星新一賞」



株式会社公募ガイド社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田秀三)では、公募・コンテストの良さを多くの方々に知ってもらい、公募イベントの活性化を図るという目的のもとに「公募アワード」表彰制度を設けております。
2013年度の大賞は、2012年12月~2013年11月に告知または発表された公募・コンテストを対象に審査が行われ、最も優れた企画として、日経「星新一賞」(主催:日本経済新聞社)を選出しました。

【対象】
2012年12月~2013年11月までに告知または発表された公募・コンテスト

【総評】
公募コンテストは、募集と選考に時間と経費がかかり、マスト・バイのキャンペーンでなければ、予算は出ていくばかりである。そんななかで一攫千金と言っていい額の賞金を出す公募があることは、応募者に大きな夢とやり甲斐を与える。
一方、社会情勢の影響で予算が削られる公募もあったと思うが、規模は小さくても、それを企画アイデアでカバーしようとするものも少なくない。
ただし、全体的には、規模の面でもインパクトの面でも、年々公募が小粒になっている印象はいなめない。2014年は、日経「星新一賞」のように、話題性のある公募コンテストが多数実施されるよう期待する。


【受賞公募】

大賞

日経「星新一賞」
主催 日本経済新聞社
■概要 星新一を顕彰した小説賞。賞金100万円(一般部門)、締切10月31日
■受賞理由 星新一という国民的作家の名前を冠した賞であること、理系文学という新しいジャンルであること、人工知能など人間以外の応募も可としたこと、選考委員に小説家以外の人が多くいることなど、新しく、ユニークで、世間の話題となったことを評価した。


特別賞

グリコ キャッチフレーズ大賞
主催 江崎グリコ
■概要 グリコの歴史に残るキャッチフレーズ。賞金10万円、締切7月10日
■受賞理由 「ポッキー」「パピコ」「プリッツ」というロングヒット商品のキャッチフレーズを募集したことで、世代を超えて応募があったこと。また、キャッチフレーズが甲子園球場のバックネット看板に掲出されるというユニークさで話題となったことも評価した。


ガムにまつわるアイデア募集「ふくらまそう、ガムの未来」
主催 ロッテ
■概要 ガムのアイデアや提案を募集。賞金100万円(一般部門)、締切10月31日
■受賞理由 企業系のアイデア募集の中では断トツに賞金がよい(一般部門は100万円、ジュニア部門は1日工場長体験ツアー)。また、親子で取り組むコミュニケーションツールとしてコンテストを活用してもらおうという趣旨を評価した。


アンデルセンのメルヘン大賞
主催 アンデルセン
■概要 暮らしの中で感じたことを綴った童話。賞金30万円(一般部門)、締切1月10日
■受賞理由 1983年の創設から長きに渡り、公募の開催を継続してきた実績と、2009年にこども部門創設し、公募を通じて、本を読み、創造する機会を子供たちに提供している社会活動を評価した。


ミツバチの童話と絵本のコンクール
主催 山田養蜂場
■概要 ミツバチの童話と絵本。賞金童話・絵本各50万円(一般の部)、締切6月30日
■受賞理由 人と自然とミツバチをテーマに「自然環境の大切さ」、「人と生き物の関わりの重要さ」を教えてくれている点を評価。普段、私たちが何気なく受けているこれらの恩恵に改めて気づかせてくれる公募であり、これを15年継続したところを評価した。


織田作之助青春賞
主催 織田作之助賞実行委員会
■概要 未発表の小説。応募資格24歳以下。賞金30万円。締切8月31日
■受賞理由 様々理由から公募コンテストといった文化事業に割かれる予算が削られる厳しい社会情勢のなか、大阪発の公募小説賞として、一貫して新進気鋭の新人(現在は満年齢24歳以下)を発掘し続け、第30回を迎えた。そのことを第一に評価した。


月に吠える文学賞
主催 プチ文壇バー月に吠える
■概要 文壇BARが主催する日本一小さな文学賞。賞金10万円。締切8月31日
■受賞理由 文壇バーが主催しているという点が面白い。大手出版社じゃなくても、アイデア次第でユニークな文学賞を実施できるという好例。今後は立地を活かし、新宿ゴールデン街全体を巻き込んだイベントに成長して欲しい。


東京タワー開業55周年記念エッセイコンテスト
主催 日本電波塔
■概要 東京タワーをテーマとしたエッセイ。賞金10万円、締切10月20日
■受賞理由 1958(昭和33)年の開業から55周年の記念イベントとして話題性があった。 エッセイ募集にしたことで想い出を紡ぐとともに、東京タワーと人々の新たなコミュニケーションに役立てていくという未来志向の目的も良かった。


あなたの「ネガポ」大募集
主催 主婦の友社
■概要 ネガティブからポジティブへの言葉の変換例を募集。賞金10万円。締切9月15日
■受賞理由 iPhoneアプリからスタートし単行本化、さらに公募を通じたプロモーション展開で盛り上げたコンテンツ活用の好例。消極的に物事を捉えず、ポジティブに毎日を楽しむ前向きな思考のトレーニングになる点も評価した。


「みやざき犬」新かぶりものコンテスト
主催 宮崎県
■概要 「みやざき犬」の新しいかぶりもののデザイン。賞金5万円。締切9月20日
■受賞理由 ゆるキャラが千体以上存在する現在、作ったあと、これをどう活用し続けていくかが、各自治体の課題である。「みやざき犬」新かぶりものコンテストのスタイルは、キャラ自体の新鮮さを再度作り出す方法の一例として、大いに他の参考になる。


「お客様とつくる10周年スペシャルロール」アイデア募集
主催 モンシェール
■概要 ロールケーキのデザイン。大賞作品は商品化し、店頭で販売。締切9月30日
■受賞理由 「オリジナルロールケーキ」のデザインアイデアを募集し、実際にプロの手によって「10周年スペシャルロール」として商品化されるという夢のある企画。ロールケーキの名店ならではの公募である点を評価した。


歴代公募アワード 受賞公募
2012 「コイケヤポテトチップス」発売50周年企画キャラクターデザイン募集
2011 「このミステリーがすごい」大賞
2010 ニッサン童話と絵本のグランプリ
2009 住友生命 創作四字熟語
2008 昭和シェル石油 環境フォト・コンテスト「わたしのまちの○と×」
2007 TOTO「トイレ川柳」募集
2006 みんなで作ろう国語辞典「もっと明鏡」キャンペーン
2005 ポプラ社小説大賞
2004 タニタ創立60周年記念 肥満予防シンボルマーク募集
2003 お好み焼きゆかり杯 TEKO1-GP(テコワングランプリ)


------------------------------------------------------
<このリリースに関するお問い合わせは>
株式会社公募ガイド社 担当:黒田
TEL:03-5312-1600 FAX:03-5312-1601
〒160-0002 東京都新宿区坂町27-5-7階

ボールペン字 JU東京 東京ガスライフパル みらい文庫 エネルギーフォーラム 坊ちゃん文学賞 新着公募情報

イラスト ライトノベル 作品添削講座 toranoana 武勇伝 honto