公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5312-1600
  • お問い合わせ 03-5312-1600
TOPページ > 公募スクール > 講座紹介 > 川柳 添削3回

公募スクール

川柳 添削3回

公募スクール

【添削3回集中コース】川柳 【初・中級者向け】

短期間に3回の集中添削を行うコースです。「作品を良くしたいけれど、どうすればいいかわからない」「実践的に力をつけたい」といった方に最適です。

対象作品

・川柳

講座のポイント

・1ヶ月に5句というペースで、3ヶ月でレベルアップできます。

・提出句は、課題吟でも自由吟でもOK。

・作句に特化したテキストが付いているので、川柳初心者でも安心。

受講規定

作品について

・お申し込み後1週間以内に、テキストと作品提出用紙をお送りします。

・各回5句ずつ提出できます。作品提出用紙に書いて事務局までお送りください。

・作品提出時に、川柳や作句についての質問ができます。

・不測の事故など万一のときのため、作品の控えを残しておいてください。

・講評は基本的に3~4週間でお届けしておりますが、作品枚数が多い場合はもう少しお時間をいただきます。また、GWや

 年末年始などの時期もお時間がかかります。詳しい時期については、事務局までお問い合わせください。

受講期間

3ヶ月

講師のご紹介

尾藤一泉(びとう・いっせん)

川柳学会専務理事。祖父・三笠、父・三柳の川柳家の家に生まれ、15歳から川柳を始める。読売日本テレビ文化センターなどで川柳教室の講師を務める。多数の公募の審査員も務める。

受講の流れ

1回目の作品を提出

矢印

3~4週間で講評が届く

矢印

1~2を繰り返す

矢印

3回提出したら修了

受講料金

作品枚数受講料
1回あたり5句 6,000円
  • 受講料には、テキスト費、添削費、消費税、講評の送料が含まれています。

和歌桜木虎の作家デビューの裏技教えます

アンケート集計

社長ブログ

公募ガイド編集者ブログ

制作事業

受賞者の声

昭和の青春ポップス

モバイル版公募懸賞ガイド

PAGE TOP

PAGE TOP