公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5312-1600
  • お問い合わせ 03-5312-1600
TOPページ > 公募スクール > よくあるご質問

公募スクール

よくあるご質問

公募スクール

基礎養成6回コースの課題・講評について

小説を学びたいのですが、どの講座がいいですか?

ビギナーの方で、

小説以前に文章から学びたい方 → 実践文章講座、文章表現力講座

小説を書くのは初めてに近い方 → はじめての小説講座

プロ志向ではなく、趣味派の方 → 50歳から始める小説講座

 

ある程度書ける方で、

さらに技術を身につけたい方 → コツがわかる小説講座

作品の設計を学びたい方 → エンターテインメント小説講座

書くジャンルが特定している方 → 時代小説講座、ライトノベル基礎講座

ストーリーづくりを学びたい方 → ストーリーメーカー養成講座

同時にいくつかの講座を受講できますか?

可能です。ただ、お仕事が急に忙しくなったり、ご家庭の事情により課題に取り組めない時期があるかもしれません。まずは1講座から始め、学習のペースをつかんでから次の講座をご検討いただくことをお勧めいたします。

仕事が忙しいのですが、続けられるでしょうか?

はじめにテキストを一括でお送りいたしますので、ご自身のペースで進められます。また、受講期間が1年間あり、月に1回課題を提出すれば余裕を持って修了できます。各課題の締切も設けておりませんので、お仕事に合わせてスケジュールが立てられます。

就職へのサポートはありますか?

とくにございません。講座修了後は、ご自身で活動していただくこととなります。

同じ講座をもう一度受講できますか?

可能です。ただ、テキスト、課題内容は同じです。

受講期限はありますか?

ございます。テキスト到着後1年間です。

基礎養成6回コースの課題・講評について

本当に講師が課題をみてくれますか?

もちろんです。講師本人が受講生一人ひとりの課題を拝見しアドバイスいたします。ただ、まれに講師の都合などで講座が閉講になる場合がございます。その場合も受講期間中は最後まで受講いただけますが、代替の講師が担当させていただく場合がございますのでご理解いただきたくお願い申し上げます。

わからないことがあった場合、質問できますか?

課題の内容や書き方、テキスト内容、講評については、そのつど事務局にご質問ください。

 

【お問い合わせ先】

公募スクール事務局  担当:山田

TEL:03-5312-1600(代表)平日9:30~17:30

メールでのご質問はこちらから。

 

上記以外の創作に関するご質問は、質問票に書いて課題といっしょにご提出ください。講師がお答えいたします。その際、ご質問の趣旨を端的にまとめ、1つに絞ってご提出ください。ただし、すべてのご質問に必ずお答えできるというわけではございませんので、ご理解いただきたくお願い申し上げます。

各課題に締切はありますか?

毎月2日(第1または第3水曜・必着)。

課題を郵送する際、返信用封筒は必要ですか?

不要です。

課題で提出したものを公募に出してもいいですか?

講師がするのはアドバイスであり、書き直すのは皆さまですから、問題ございません。「自作未発表」にも抵触しません。

受講期限内に修了できない場合、どうすればいいですか?

やむを得ないご事情により受講期限の延長をご希望の方は、事務局までご相談ください。ただ、基本的には受講期限内で修了できるよう頑張ってください。

 

【お問い合わせ先】

公募スクール事務局  担当:山田

TEL:03-5312-1600(代表)平日9:30~17:30

メールでのお問い合わせはこちら

公募対策1回コースの受講について

公募対策1回コースの「文芸基礎」と「文芸上級」の違いはなんですか?

文芸基礎

小説初心者でもわかりやすいように基礎的なことからアドバイスいたします。また、ジャンルごとに講師をそろえておりますので、ミステリーや時代小説など特定のジャンルについては、こちらのコースをお勧めいたします。

 

文芸上級

小説を何作か書いてきて基礎はある程度できているという方を想定しています。より実践的で厳しいアドバイスをいたします。

作品といっしょに質問を送ってもいいですか?

はい、大丈夫です。趣旨を端的にまとめ、1~2つに絞ってお送りください。ただし、すべてのご質問に必ずお答えできるというわけではございませんので、ご理解いただきたくお願い申し上げます。

作品を郵送する際、返信用封筒は必要ですか?

不要です。

講評はどれくらいで届きますか?

基本的に3~4週間でお届けしておりますが、枚数が多い場合はもう少しお時間をいただきます。詳しい時期については、公募スクール事務局までお問い合わせください。

 

【お問い合わせ先】

公募スクール事務局  担当:山田

TEL:03-5312-1600(代表)平日9:30~17:30

メールでのお問い合わせはこちら

講評はどれくらいで届きますか?

質問内容をまとめ、課題作品全文のコピーと講評コピーを下記までお送りください。公募スクール事務局より回答させていただきます。

 

【送り先】

〒160-0002 東京都新宿区坂町27-5-7F

株式会社公募ガイド社 公募スクール「追添削係」

講評をもとに作品を書き直して公募に出してもいいですか?

構いません。少しでも受賞に近づけるよう真摯にアドバイスいたします。

講師と創る小説コースの受講について

申込書といっしょに最初の50枚を送ってもいいですか?

最初の50枚がすでに書き上がっている場合も、先にお申込書のみお送りください。追って受講ガイドをお送りいたしますので、そちらに沿って作品をご提出ください。

ピッタリ50枚だと、文章の途中で切れてしまいます。どうすればいいですか?

なるべく切れのいいところでご提出いただきたいので、基本を50枚とし、前後5枚は増減してもよいとしています。詳しくは受講ガイドをご覧ください。

途中で150枚コースから200枚コースに変更してもいいですか?

大変申し訳ございませんが、受講開始後のコース変更はできかねます。

資料請求について

資料はどれくらいで届きますか?

1週間以内にお送りいたします。資料請求はこちら

お申し込みについて

講座に定員はありますか?

ございません。

講座の申込期限はありますか?

ございません。いつからでも受講できます。

テキストは何日ぐらいで届きますか?

1週間以内にお送りいたします。

海外からも申し込めますか?

基礎養成6回コース、講師と創る小説コースは国内のみのお取り扱いとさせていただいております。ただし、添削・講評返送時の送料を受講生負担としてご了承いただければ海外からのお申し込みも可能です。公募対策1回コースは海外からのお申し込みも可能です。

領収書の発行は可能ですか?

可能です。事務局にご連絡いただければ発行いたします。

申し込みのキャンセルはできますか?

基礎養成6回コースはテキストが届いてから8日以内、講師と創る小説コースは受講ガイドが届いてから8日以内、公募対策1回コースはお申し込み後8日以内であればキャンセル可能です。公募スクール事務局までお電話でご連絡ください。それ以降のキャンセル、ご返金には応じられませんのでご了承ください。

※テキストの返送料、返金の振込料等はご本人様のご負担とさせていただきます。

※公募対策1回コースはキャンセル料が発生いたします。詳しい料金についてはお問い合わせください。

 

【お問い合わせ先】

公募スクール事務局  担当:山田

TEL:03-5312-1600(代表)平日9:30~17:30

お支払いについて

どんな支払い方法がありますか?

現金書留、銀行振込、郵便振替、郵便小為替、コンビニ払い、クレジットカード決済のいずれかでお支払いください。詳しくはこちらをご覧ください。

受講料以外に料金はかかりますか?

基礎養成6回コースの場合

受講料には、テキスト費、添削費、消費税、テキストの送料が含まれています。受講生の皆さまには、課題提出の際の送料のみご負担いただいております。

 

公募対策1回コースの場合

受講料には、添削費、講評の送料が含まれています。受講生の皆さまには、作品をお送りいただく際の送料のみご負担いただいております。

 

講師と創る小説コースの場合

受講料には、添削費、講評の送料が含まれています。受講生の皆さまには、作品をご提出いただく際の送料のみご負担いただいております。

受講料の分割払いはありますか?

申し訳ございませんが、分割払いはございません。

住所変更について

住所が変わったときはどうすればいいですか?

基礎養成6回コース、講師と創る小説コースの方は、課題提出時に別紙に新住所を書いてお知らせください。

1回コースの方は、できるだけ早く事務局までご連絡ください。

 

◆お問い合わせ先

公募スクール事務局  担当:山田

TEL:03-5312-1600(代表)平日9:30~17:30

FAX:03-5312-1601

メールでのお問い合わせはこちら

PAGE TOP

PAGE TOP