公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5312-1600
  • お問い合わせ 03-5312-1600
TOPページ > 公募のための著作権Q&A > 2008年 > 公開の美術品等の利用(2008年10月号)

公募ガイド

公開の美術品等の利用(2008年10月号)

公募ガイド

公募ガイド誌上で1998年4月号から2014年3月号に渡って連載された、「公募のための著作権Q&A」を再掲載します。

毎週火曜日にバックナンバーを更新していきます。

 

講師:吉田大輔(放送大学客員教授)

公開の美術品等の利用

公園の彫刻などを写真撮影するとき著作権はどうなるのですか?

 

公園などに設置された彫刻などは自由利用が広く認められています

 

公園や街路などの一般公衆に開放された屋外の場所に恒常的に設置された彫刻作品などの美術の原作品は、それを題材として写生や写真撮影が行われたり、また、題材としていなくても風景の一部として、絵画、写真、映画などの背景に写り込んで来たりするなど、様々な利用が考えられます。その際に、いちいちその著作者から許諾を得るのは困難ですから、著作権法46条では一定の場合以外は自由に利用できることとしています。

 

許諾を要する一定の場合とは、①彫刻の増製(レプリカ作成)②公園等に恒常的に設置するための複製③絵はがきなど複製物の販売を目的とした複製です。これら以外であれば、例えば、公園の彫刻を題材とした絵画や写真を作成しても、その彫刻家の許諾を得ることなく発表することができます。壁画や様々なオブジェなども同様です。なお、路線バスの車体に描かれた絵画の写真が絵本に掲載された事例で、この車体の絵画を屋外の場所に恒常的に設置された美術の原作品にあたるという判断をした判例があります(東京地裁平成13年7月25日)。ただし、46条は写真の原作品には適用されませんから注意してください。


また、建築物のうち芸術性のあるものは建築の著作物として著作権がありますが、建築物の場合、屋外の場所に恒常的に設置された美術の原作品以上に、それを題材としたり、または風景の一部として絵画や写真、映画等に複製することが行われます。その場合に、建築物の著作者から許諾を得ることは困難ですから、46条では、建築物を建築物として複製する場合(模倣建築)以外は自由に利用できることとしています。例えば、建築物を背景として写真作品を制作して発表しても建築物の著作者から許諾を得る必要はありません。また、道義上の問題は別として、絵はがきとして建築物の写真を販売しても著作権侵害とはなりません。


なお、以上の場合に、出所明示の慣行があるときは出所の明示が必要です。特に、これらを題材として作品を制作発表する場合は、できるだけ著作者名や設置場所などを表記するのが望ましいでしょう。

 

※この記事は、「月刊公募ガイド」2008年10月号で掲載されたものです。法改正などにより、当時と状況が変わっている場合があります。

PAGE TOP

PAGE TOP