メールマガジン

mottomoメルマガvol.63「8月号『汗をかく小説を書こう』発売中」

2021年7月13日 配信

こんにちは、編集KKです。

公募ガイド8月号「汗をかく小説を書こう」が発売中です!
夏といえば「汗」ということで、
汗をキーワードに、小説の心理描写や身体描写を分析しました。

巻頭インタビューでは
フードファイト小説『エラー』で
話題の山下紘加さんに純文学の描写の極意と
汗の書き方についてお話を伺いました。

ほかにも、汗そのものの解説や、
プロの実例を引用した書き方の紹介、
人気ホラー作家の平山夢明さんのインタビューなど
内容盛りだくさん!

また、今月から新しい連載の応募が始まります。
メルマガの告知に詳細を記載しているので、
ぜひご応募ください!

――INDEX―――――――――

(1)メルマガエッセイ
「エッセイで幸せを知る」
瑠璃(徳島県・46歳)

(2)告知
新連載スタート!
高橋源一郎の小説指南「小説でもどうぞ!」

(3)告知
新連載スタート!
「氏くんの #ものローグ」

(4)今週のおすすめコンテスト

――お知らせ―――――――――

【雑誌「公募ガイド」8月号は9日発売!】
◎特集
「汗がひかる小説を書こう」
◎巻頭インタビュー
小説家・山下紘加さん

https://www.koubo.co.jp/magazine/
■Twitter:@kouboguide
■Instagram:@kouboguide_mama

雑誌、WEB、SNSのご感想、ご意見、
創作にまつわる疑問は下記までご連絡ください。
club@koubo.co.jp

//////////////////////////////////
メルマガエッセイ
■テーマ: 心に残る夏の思い出
「エッセイで幸せを知る」
瑠璃(徳島県・46歳)
//////////////////////////////////

「ここから逃げ出せる!」
私がエッセイを書くようになった理由である。
職場の異動先で、仕事ができなくて、
辛くて情けなくなり、
毎日”ここから逃げたい”と思っていた。

ちゅどそのころ、SNSで文章講座の案内を見つけ、
エッセイを書いてみようと思い始めた。
私は枕草子や徒然草といった随筆の古典が好きで、
文章を書くことは子供のころからの夢だった。
書くことを仕事にできれば、仕事を辞められる。
渡りに船と申し込んだ。

講座の課題として毎週エッセイを書いた。
書くために、自分の過去を何度も振り返り、
カメラの解像度を上げるように、自分の周りを見つめ続けた。

すると、自分がいかに愛されて生きてきたか、
仕事があり、家族や友がいる自分が
いかに恵まれているのかを思い知ることになった。

仕事ができないくらいで
うじうじ悩んでいる自分がバカらしくなった。
結局、仕事は辞めなかった。
そして、エッセイを書くという楽しみと幸せが、
私の手元に残った。

■――――――――――
実体験エピソードを募集中。
下記のテーマから1つ選択して、
400字以内でご応募ください。

テーマ1:私の創作の原体験
テーマ2:心に残る夏の思い出
採用者には公募ポイントを進呈。

↓詳細はこちら
https://www.koubo.co.jp/system/contest/mailmag-essay/

////////////////////////////////////////
新連載スタート!
高橋源一郎の小説指南「小説でもどうぞ!」
////////////////////////////////////////

日本のポストモダン文学を代表する作家、
高橋源一郎先生を選考委員に迎え、
小説指南「小説でもどうぞ!」が始まります。

小説を書きたい皆さんに挑戦の場を提供し、連載誌面では目からうろこのアドバイスを展開します。ふるってご応募ください。

■高橋源一郎(たかはし・げんいちろう)
1951年、広島県生まれ。
81年『さようならギャングたち』で群像新人長編小説賞を受賞。
小説、翻訳(『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』)、
評論など多数。日本のポストモダン文学を代表する作家。

↓詳細はこちら
https://www.koubo.co.jp/reading/rensai/oubo/douzo/douzo.html

////////////////////////////////////////
連載リニューアル!
「氏くんの #ものローグ」
////////////////////////////////////////

11月号(10/9発売)から
ものにうまいことを言わせる企画
「氏くんの #ものローグ」がスタートします。

下記の例のように、モノにうまいこと言わせてください。
深くて面白い作品を期待しています!

コーヒー豆
「あまり深煎りするなよ……」

現在連載中の「氏くんの #人生は何にでもたとえられる」は
今回の募集で最終回になりますので、
こちらもご応募お待ちしております。

↓詳細はこちらから
https://www.koubo.co.jp/reading/rensai/oubo/monologue/monologue.html

////////////////////////////////////////
お米のネーミングで20万! 締め切り迫る!
今週のおすすめコンテスト一覧
////////////////////////////////////////

前回大賞「人生に キッチンバスが エールくれ」。商品券5万円!
◆第17回 台所・お風呂の川柳【7月15日〆】
https://www.koubo.co.jp/contest/senryu/senryu/106482.html

締め切りまであと3日! 2023年にデビューするお米に名前を付けて
◆青森県産米新品種「青系196号」の名称募集【7月16日〆】
https://www.koubo.co.jp/contest/slogan_copy/naming/111212.html

あなたの描いた「寅(トラ)」が年賀状に?
◆2022年寅年年賀状デザインコンテスト【8月4日〆】
https://www.koubo.co.jp/contest/art/newyearcard/109247.html

エンタメ小説を募集。審査員は冲方丁、辻村深月 、森見登美彦
◆第13回小説 野性時代新人賞【8月31日〆】
https://www.koubo.co.jp/contest/literature/novel/098061.html

「自由部門」「自然部門」「動体部門」「人物部門」など6部門で作品募集
◆第55回キヤノンフォトコンテスト【8月31日〆】
https://www.koubo.co.jp/contest/picture/photo/107427.html