メールマガジン

mottomoメルマガvol.72「手書き派?デジタル派?」

2021年9月14日 配信

こんにちは!
公募ガイド編集部のいづみです。

今週も創作してますか?
私も最近はいろいろと書いています。
ほとんどはパソコンで、短歌はスマホで書きます。

デジタルでの執筆は、推敲が容易な点でよいですね。
並び替えたり、書き換えたりが簡単です。

その反面、のっぺり感が強すぎることもあります。
自分の感情や思考を書き出すという作業の場合は
手書きでがりがりと書いた方が効果的な場合も。

みなさんは手書きとデジタルどっち派でしょうか?
たまには、普段と違うやり方で書いてみるのは
いかがですか? 新しい発見につながるかもしれません!

――INDEX―――――――――

(1)メルマガエッセイ
「ほんとうの詩」
ナンペコ(北海道・70歳)

(2)告知
mottomoオンラインイベント第3弾
作家・高橋源一郎
「誰も言わなかった本当の小説の書き方」

(3)告知
「公募ガイドONLINE」連載更新
「若桜木虔の作家デビューの裏技、教えます!」

(4)今週のおすすめコンテスト

――お知らせ―――――――――

【雑誌「公募ガイド」10月号発売中!】
◎特集
「書きたいのに書けない」
・直木賞受賞『テスカトリポカ』佐藤究の書けなかった時代
・『オーバーヒート』『ライティングの哲学』千葉雅也流・書くヒント
◎巻頭インタビュー
作家・上橋菜穂子の物語に命が宿る瞬間

https://www.koubo.co.jp/magazine/
■Twitter:@kouboguide
■Instagram:@kouboguide_mama

雑誌、WEB、SNSのご感想、ご意見、
創作にまつわる疑問は下記までご連絡ください。
club@koubo.co.jp

//////////////////////////////////
メルマガエッセイ
■テーマ: 私の創作の原体験
「ほんとうの詩」
ナンペコ(北海道・70歳)
//////////////////////////////////

中学3年生の冬、担任から詩のコンテストに参加するように言われた。

前年にも参加したが、そのときは別の学校の女生徒が書いた
大人びた作品が絶賛され、雲泥の差を感じたものだった。
私ももっと良い詩を書きたいという気持ちが刺激された。

しかし、そのときの私は、闘病中の母親の余命があと数日、と
告げられたばかりだった。先生はそのことを知っているのに、
なぜ私を指名したのだろう、と思った。

私は職員室で数名の先生を前に、
母が死にそうなので書けないと話した。
先生達は深くうなずき、申し出をすぐ受け止めた。
すべての事態を了解の上での、詩作の勧めだったのだろう。

その状況で、誰が詩を書けるだろうか。
先生達の試みは、余りにも無情で間違っていたと思う。
でもそのとき日記に書いた詩は、今でも諳んじることができる。
本当の詩とはそういうものなのかもしれない。

■――――――――――
エピソードを募集中。
下記のテーマから1つ選択して、
400字以内でご応募ください。

テーマ1:私の創作の原体験
テーマ2:心に残る夏の思い出
採用者には公募ポイントを進呈。

↓詳細はこちら
https://www.koubo.co.jp/system/contest/mailmag-essay/

////////////////////////////////////////
mottomoオンラインイベント第3弾
作家・高橋源一郎
「誰も言わなかった本当の小説の書き方」
////////////////////////////////////////

本誌の新連載「小説でもどうぞ!」で選考委員を務める
作家の高橋源一郎先生をお迎えし、ほかでは聞けない
小説の神髄について語っていただきます。

申込み締切:10月7日(木)
参加費:通常価格=2,500円(税込)
    mottomoプレミアム会員=1,000円(税込)

↓詳細はこちら
https://www.koubo.co.jp/reading/rensai/article/mottomo_event/event3.html

////////////////////////////////////////
「公募ガイドONLINE」連載更新
「若桜木虔の作家デビューの裏技、教えます!」
////////////////////////////////////////

40名以上のプロ作家を輩出している若桜木先生が、
作家デビューを目指すなら知っておきたい知識を教えます。

今回のテーマは「現代と昔で大きく意味が異なる言葉」。
知っていて書くか、知らずに使うかでは大きな差に!

↓詳細はこちら
https://www.koubo.co.jp/reading/rensai/article/wakasaki.html

////////////////////////////////////////
イクメン写真、猫俳句、どれに挑戦しよう?
今週のおすすめコンテスト一覧
////////////////////////////////////////

育児をがんばる男性の写真を募集!
◆第12回イクメン写真コンテスト【10月24日〆】
https://www.koubo.co.jp/contest/picture/photo/115142.html

入賞者には宮崎吾朗監督のサイン入りポスターを贈呈!
◆「アーヤと魔女」ハロウィンのお菓子作りコンテスト【11月1日〆】
https://www.koubo.co.jp/contest/nonsection/idea/115128.html

猫への愛を込めましょう。賞金は10万円!
◆第3回猫俳句大賞【11月30日〆】
https://www.koubo.co.jp/contest/senryu/haiku/110360.html

エッセイを募集。テーマは「香り」です。
◆第37回「香・大賞」【11月30日〆】
https://www.koubo.co.jp/contest/literature/essay/110116.html

2022年1月1日午後1時に阿寒丹頂の里には「何羽」タンチョウがいるでしょう?
◆第25回 阿寒丹頂の里 鶴クイズ【12月20日〆】
https://www.koubo.co.jp/contest/slogan_copy/quiz/115954.html