メールマガジン

3人に2人が受賞経験を持っている【公募ガイド・浅田】

2016年1月26日 配信

いつもお世話になります。
公募ガイド社の浅田です。
クラブ・モットーモのメルマガ3回目をお送りします。

 

このメルマガをどんな方が読まれているのか、
皆さまと共有したくて、
去年実施した読者アンケートから推察してみることにしました。
(グラフではなく、テキストデータなので見にくくてすみません)

 

まずは、
[雑誌の読者様]を対象としたアンケート結果です。

 

質問①:1か月で何件くらい応募しますか?

1.2~5件(55.4%)
2.6~10件(13.5%)
3.1件(12.7%)
4.11件以上(9.5%)
5.0件(8.9%)

(浅田の分析)
0件の人が8.9%ということは、
逆に言えば、9割以上が毎月応募してるっってことですよね。
なんと月に11件以上の人も約1割。

 

質問②:過去の受賞経験は?

1.0回(32.5%)
2.1~3回(28.6%)
3.11回以上(22.1%)
4.4~5回(10.4%)
5.6~10回(6.5%)

(浅田の分析)
受賞歴0回の人が約1/3。
ということは、3人に2人が受賞経験をお持ちということです。
これまたすごい…

 

質問③:あなたは公募を通じて何を得たいですか?

1.自分の可能性を広げること(27.7%)
2.賞金(22.5%)
3.一生涯続けられる趣味(21.1%)
4.社会に認められること(14.6%)
5.プロになること(10.8%)
6.仲間(3.3%)

(浅田の分析)
初めて見た時、一番意外だったのがこのアンケート結果でした。
てっきり「賞金」が一番と思っていましたので。
確かに読者の方と直接お話した時、このアンケート結果を見て、
こんなことを仰ってました。
「へー、賞金目的の方も結構いらっしゃるんですね…」

 

一方、これが[ネットのユーザー様]になると、

 

質問④:過去の入賞経験は?

1.なし(55.3%)
2.あり(46.7%)

 

質問⑤:過去の獲得賞金は?

1.5万円未満(61.9%)
2.5~10万円(14.3%)
3.10~50万円(9.5%)
4.100万円以上(9.5%)
5.50~100万円(4.8%)

 

質問⑥:公募をする目的は?

1.賞金でお小遣い稼ぎ(46.8%)
2.創作が好き(25.0%)
3.暇つぶしになる(12.9%)
4.自分を見直せるきっかけ(11.0%)
5.その他(4.3%)

 

モノを創ったり、書いたりすることへの興味の濃さの違いといいますか、
「好きこそものの上手なれ」で、
賞金目的の人よりも、そもそも創作が好きな人の方が継続できるし、
結果的に入賞経験も増えるということなのでしょうね。

 

最初は、

 

「とにかく、取らせる!」

 

をこのメルマガのテーマにして、

 

「誰でも商品ゲット。参加賞があるコンテスト」
「応募者の少ない高入選コンテスト」

 

とかの情報を徹底しようと思っていたのですが、
ちょっと違う気がしてきました…

 

(次回に続きます)

 

 

──────────────────────────────────────────────────

※会員限定の「裏・公募ガイド」創刊号がアップされてます!
http://www.koubo.co.jp/club/urakoubo/index.html

 

──────────────────────────────────────────────────

◇配信をご希望されない方
下記リンクよりログインして配信停止手続きを行ってください。
https://www.koubo.co.jp/club/?page_id=5

◇パスワードを忘れた方はこちら
https://www.koubo.co.jp/club/?page_id=5&page=lostmemberpassword

◇ご意見・ご感想はこちら
http://www.koubo.co.jp/mottomo_mail.html

◇お問い合わせはこちら
http://www.koubo.co.jp/club_otoiawase.html

 

──────────────────────────────────────────────────

※本メールは、「クラブ・モット~モ(旧・公募ガイド倶楽部)」に
ご登録頂いている方へお送りしています。

 

──────────────────────────────────────────────────

運営会社:株式会社公募ガイド社
http://www.koubo.co.jp/

──────────────────────────────────────────────────