本のサイズは自由に作ることが可能です。
正方形だったり、ものすごく縦に長い本だったり。
一般的な定型サイズの場合は、価格を安く抑えることができるというメリットがあります。
ここでは、本のサイズと、それに向いたジャンルをご説明いたします。

本のサイズとジャンル

A6判(横105×縦148mm)
いわゆる文庫本のサイズです。
小説で利用されることが多いですが、エッセイ集や詩集などにも向いています。
文庫本を手に取ると分かるのですが、出版社によって若干サイズが違っていたりします。
サイズが小さいので、出版費用を安く抑えることができるというメリットもあります。

B6判(横128×縦182mm)
単行本、いわゆる文芸書のサイズです。
小説、エッセイ集、詩集など文字中心の本に向いています。
書店での販売を希望される場合は、このサイズがベストです。
B6判より少し大きい四六判(横129×縦188mm)も、よく使われます。

A5判(横148×縦210mm)
教科書などで用いられるサイズです。
書店で販売を行わない、小部数の自費出版では、よく利用されています。
ある程度の大きさがあるので、小説、エッセイ集、詩集などのほか、写真集などにも向いています。

B5判(横182×縦257mm)
週刊文春、週刊新潮など、一般的な週刊誌のサイズです。
写真集、画集、イラスト集など、ビジュアル中心の本に向いています。

A4判(横210×縦297mm)
一般的な雑誌のサイズです。
公募ガイドは、縦がちょっと短いA4変型判です。
この大きさになると、写真やイラストも映えるので、ビジュアル中心の本に用いるケースが多くなります。
絵本などにも向いています。
また、文字が大きくできるので、童話でこのサイズを利用する場合もあります。

製本について

 


ハードカバー(上製本)
一般的な雑誌のサイズです。
硬いカバーの表紙で覆われた本で、ボール紙を上質紙に包んだ表紙を使用します。
丈夫で保存性に優れますので、自分史や社史など、長年保存する本には必須です。
また、高級感を演出したい場合などにもオススメです。 

 


ソフトカバー(並製本)
書店に並んでいるほとんどの本はソフトカバーです。
ハードカバーより耐久性は劣りますが、その分柔軟性がありますので、持ち歩く際には便利です。
また、コストが安く抑えられるのも利点の一つです。

資料請求・お問い合わせ

株式会社公募ガイド社 リテールサービス部
〒105-0011 東京都港区芝公園一丁目8番21号
芝公園リッジビル5階
TEL:03-5405-2170 FAX:03-5405-2061
E-mail:tukuru@koubo.co.jp