エイブル空間デザインコンペティション2019

  •  0pt
  • アート
  • > 建築・設計・景観デザイン
  • 学生向け
エイブル空間デザインコンペティション2019
  • グランプリ20万円、準グランプリ10万円
  • 締切: 2019年10月10日

今回で11回目を迎える「エイブル空間デザインコンペティション」。 デザインプランから模型、プレゼンテーション、展示に至るまで、 総合力が試される空間デザインコンテストです。 一次・書類審査の通過者を対象に、二次・審査員を相手にしたプレゼンテーション審査を実施。 作品の魅力だけでなく、小山薫堂をはじめとする審査員へのプレゼンテーション能力が試されます。
プレゼン審査により、グランプリ1組を決定。グランプリ受賞者には、2019年11月に東京都青山 スパイラル を会場に、実物大模型の展示を行っていただきます。
将来空間デザイン業界の第一線を走るクリエイターがここから生まれます。

募集内容

『サプライズ』をテーマにした設定空間 を募集


・諸条件
 ワンルーム24㎡ の賃貸住空間
 (幅4m×奥行き6m×高さ2.4m)の空間で表現.バス・トイレ・キッチン(ユニットバス可)を設置する内容であること

応募規定

応募締切
2019年10月10日(木)午後23時59分


 


応募方法
テーマに添った空間デザインをコンセプトシート(書式自由)にて下記のエントリーフォームより応募


作品エントリーはこちら>>

グランプリ20万円、準グランプリ10万円


 


※入賞者(2次・プレゼン審査参加者)には、株式会社エイブルが行うキャリア支援プログラム「エイブルデザインチーム」の活動に参加する権利を付与いたします。


※エイブルデザインチームとは
株式会社エイブルが学生キャリア支援プログラムとして、 2016年から賃貸物件のリノベーションをデザインする「エイブルデザインチーム」を発足。 エイブル空間デザインコンペティションの入賞者で構成されるエイブルデザインチームは、 賃貸物件オーナーに向けてリノベーションデザインを提案したり、 企業と商品化に向けたデザイン提案を行うなど、 学生生活では経験できない様々なプロジェクトに参加することができます。

応募資格

大学生・専門学校生・高専生


※グランプリを受賞した場合、2019年11月15日(金)~17日(日)3日間の実物大模型展示を行うこと。(事務局手配の施工会社による施工に立ち合い、指示、監修を行っていただきます)

審査員

審査員長・小山 薫堂(放送作家)


谷尻 誠(建築家)


長谷川 喜美(空間デザイナー)


猪熊 純(建築家)


成瀬 友梨(建築家)


平田 竜史


株式会社エイブルホールディングス 代表取締役社長。

出典:http://able-partners-creative.jp/ac2019.html

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。

新着公募情報

はお気に入り登録された件数です。

〆切ジャンルタイトル