第10回 FACE2022

  •  0pt
  • アート
  • > 絵画(日本画・洋画)・美術展
  • グランプリ 300万円、グループ展『絵画のゆくえ』に出品
  • 締切: 2021年10月17日

 第10回目となる公募コンクールFACE2022では、「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募いたします。
美術評論家を中心とした審査員の厳正な審査により、「将来国際的にも通用する可能性を秘めた」作品約80点を入選
作品とし、その中から合議制でグランプリ、優秀賞、読売新聞社賞を選出し、各審査員が審査員特別賞を決定いたし
ます。さらに、観覧者投票によりオーディエンス賞を授与いたします。



 グランプリ受賞作品は当館で収蔵し、次回のFACE展開催時に展示されます。グランプリ、優秀賞の受賞作家4名
には、3年毎に当館で開催予定の12名の受賞者によるグループ展『絵画のゆくえ』にご出品いただきます。
 「新進作家の登竜門」となるべく、本美術賞では、時代の感覚を捉えた輝く作品のご出品を期待いたします。

募集内容

本人制作の公募展などで未発表の平面作品1点
  (出品時から遡って1年以内に制作された作品)



※ 油彩、アクリル、岩絵具、水彩、版画、染色、写真、ミクストメディアなど
※ 立体作品、映像作品、共同制作作品は不可
※ 公募展などで発表された作品に加筆した作品は不可
※ 公募展などに出品し、入選しなかった作品は可
※ 個展、グループ展などで発表された作品は可



作品規定
① 作品の大きさ 
  額縁含み200×170cm、又は170×200cm以内
※ 目安:S規格で100号、F(M,P)規格で130号以内
※ 組作品は、組立てた状態でのサイズとする
② 作品の厚み(奥行)
  S100号以下…10cmまで
  S100号をこえる作品…5cmまで 
※ 厚み(奥行)は、作品及び額縁を含めたもの
③ 重量は30kgまでで、壁掛け展示可能であること
④ 作品保護の為、原則額装(仮額可)をおこなうこと
※ 額装なしでも可ですが、輸送中、審査会中等に作品に擦傷がつく場合があります。
※ ガラス使用不可 (アクリルは可)

応募規定

≪応募方法≫
1 出品書類請求
 下記いずれかの方法で、ご請求ください。
 受付後、事務局 (ヤマトグローバルロジスティクスジャパン)より『出品書類一式』を応募者へ送付します。


 


 1.請求方法
 ・ 下記Webサイトから応募申込をする。
   https://www.sompo-museum.org/news/2021/face2022/
 ・ 本紙右下の『出品書類請求用紙』を郵送する。
   ※ 郵送の場合は切手を貼ってください。
 ・ 本紙右下の『出品書類請求用紙』をFAXで送信する。
   FAX送信先 03-6858-7600(ヤマトグローバルロジスティクスジャパン)



 2.申込み期間
    2021年9月13日(月)~10月17日(日)
    ※ 請求後、10日以上経過しても『出品書類一式』が届かない場合は、事務局へお問合せください。



2 出品料の支払い


 出品料 7,000円


     25歳以下(1996年4月1日以降に生まれた方)は無料


    (年齢を確認できる証明書等のコピーをご提出下さい。)



 1.支払い方法
   払込み手数料は事務局が負担します。
   必ず「出品書類一式」に同封されている指定の『払込票』を使用してお支払いください。
   支払い後の返金には応じられません。
 2.支払い期日:2021年10月31日(日) 厳守



3 作品の搬入(美術館ではありません)
 1.搬入場所
  ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(株) 東京美術品公募展支店
  〒135-0062 東京都江東区東雲2-2-3 2階
         ℡0120-223-529



 2.搬入受付期日
 【直接搬入する場合】※搬入場所での組立搬入可。


  出品者本人または、本人の代理人として美術品運 搬業者等により、作品を搬入される方。(開梱、 受付手続をしていただきます。)


   2021年11月6日(土)・7日(日)  10:00~16:00 ※期日、時間厳守


 


 【宅配便で送付する場合】


   2021年10月25日(月)~29日(金)  10:00~16:00 ※期日、時間内必着


  ※ 別途、荷受後の作業代行の申込みが必要(有料・往復)


  別紙≪料金表≫C宅配便で送付・梱包返却を参照


 


応募要項はこちら

グランプリ1点 副賞300万円


優秀賞3点 副賞50万円


読売新聞社賞1点 副賞30万円


審査員特別賞4点 副賞10万円


オーディエンス賞数点 副賞3万円

応募資格

日本国内で手続き・発送・返却できる方(年齢・国籍不問)

審査員

野口玲一 (三菱一号館美術館上席学芸員)
大島徹也 (多摩美術大学准教授)
椿 玲子 (森美術館キュレーター)
藪前知子 (東京都現代美術館学芸員)
中島隆太 (当館館長)

発表

2021年11月19日(金)付けで本人宛に郵送通知
また、公募展WEB個人ページ上で入選者名の公表

出典:https://www.sompo-museum.org/news/2021/face2022/

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。

新着公募情報

はお気に入り登録された件数です。

〆切ジャンルタイトル