• デザイン
  • > 建築・設計・景観デザイン

タイニーハウス小菅デザインコンテスト2020

※この公募情報の応募は終了しました

私たちは過去3年間にわたってタイニーハウスについて考えてまいりました。最初の年は「タイニーハウスって何なのだろう」というところからスタートし、2年目は小菅村の特徴である森林とのかかわりを考え、3年目は「もう一度、家とは何なのだろう」という住まいの原点を考えて見ようと実施してまいりました。


応募案の結果を見ると、1年目はタイニーハウスの形を求めたコンテストであったと思います。2年目はタイニーハウスと自然とのかかわり方について多様なタイニーハウスが提案され、3年目はタイニーハウスの可能性を提案した作品が多くみられました。


タイニーハウスは小さな空間である事から色々な事を考えないと成立しません。しかし、ちょっと考え方を変えることにより今までにない住まいを提案できると感じています。


今、時代は大きな変化に直面しています。私たちは気候変動、地球温暖化、IT革命、少子高齢化、人口減少、過疎化、格差社会、二極化等、今までにない大きな変化の中にいます。仕事や生活環境、人生設計にまでこの影響は及んでいます。こんな時代の中で、私たちの住まいはどうあるべきでしょうか?私たちは時代に合わせて、住まいも変えていく必要があるのではないでしょうか。


そこで今年は「これからのタイニーハウス」を募集テーマとして作品を募集したいと思います。アイデアあふれる楽しい未来のタイニーハウスをご提案ください。


皆様からの応募をお待ちしております。

最優秀賞 1点 (賞金30万円)
特別賞  複数点(賞金5万円)


 


特別賞は村長賞やヤドカリ賞として、幅広い視点から作品を選考して行きます。専門的な考え方だけでなく、ユニークなアイデアや提案も選出して行きたいと考えています。複数点とありますが応募作品の内容により数は変更されます。今年より最優秀作品の建設は予定しておりませんが、次年度事業の中で採用される可能性はあります。

締切

2020年02月28日

新着公募情報

はお気に入り登録された件数です。

〆切ジャンルタイトル

こだわり検索×

資格限定

応募資格

学生/プロ/資格不問 から選択
【選択内容】

学生/プロ/資格不問×

地域限定

地域限定/限定を除く から選択
【選択内容】

地域限定/限定を除く×

賞金・応募数

締切

特徴