坊っちゃん文学賞

  •  0pt
  • 文芸
  • > 小説
坊っちゃん文学賞

  • 大賞1点 50万円
  • 締切: 2019年09月30日

「坊っちゃん文学賞」は、市制100周年を機に、近代俳句の父・正岡子規を生み、明治の文豪・夏目漱石の小説『坊っちゃん』に描かれた街という、松山市の豊かな文化的土壌をいかして、新しい青春文学の創造と本市の文化的なイメージを高め、全国にPRするため昭和63年に創設しました。その後、15回・30年にわたって継続し、受賞後も活躍を続ける作家や、人気作品を生み出してきました。
昭和の最後に生まれたこの賞が、平成の最後に、親しまれてきた名称はそのままに「ショートショート」の文学賞にリニューアルしました。


ここはあなたの「文学の入り口」です。
皆様からのご応募をお待ちしています。

募集内容

4,000字以内のショートショートを募集します。
テーマは問いません。あなたの想像力を作品に生かしてください。
日本語で書かれ、未発表で筆者自身のオリジナルな作品に限ります。
応募原稿の体裁、書式、縦書き、横書きは自由です。

応募規定

インターネットでの応募:
2019年9月30日(月)23時59分までに、公式サイトの応募フォームから、応募してください。

郵送での応募:
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-12-8-4F パシフィックボイス「第16回坊っちゃん文学賞」係
2019年9月30日(月)(必着)

大賞1点 50万円
佳作5点 10万円

応募資格

不問

審査員

田丸雅智(小説家、ショートショート作家)
大原さやか(声優)
山戸結希(映画監督)
【審査員プロフィールはコチラ】


【審査員長・田丸雅智氏からのメッセージ】
ショートショートとは、簡単に言うと「短くて不思議な物語」、もっと言うと「アイデアと、それを活かした印象的な結末のある物語」です。
短くてすぐに読め、書く時間も長くはかからないショートショートは、読み手としても書き手としても、小説世界への入口になりうるジャンルです。ぜひ気軽な気持ちで、楽しみながら、ご応募いただければと思います。
「ことばと文学のまち松山」にて、素敵な作品と出会えることを楽しみにしています。

発表

結果発表と表彰式は2020年1月を予定しています。
最終審査を通過した作品の作者へは直接通知します。
大賞作品は雑誌「ダ・ヴィンチ」に掲載します。

補足

【注意事項】
1人で何作品でも応募できます。
大賞、佳作受賞作品の著作権は松山市に帰属するものとし、応募作品は返却しません。
選考に関するお問い合わせには応じられませんのでご了承ください。
これまでにWEB上へ掲載したことがある作品は未発表とはみなしません。
作品に個人情報や実在の企業名等を使用することや、他の文学賞などへの二重投稿はご遠慮ください。

出典:http://bocchan-shortshort-matsuyama.jp/

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。

新着公募情報

はお気に入り登録された件数です。

〆切ジャンルタイトル