第56回北日本文学賞

  •  0pt
  • 文芸
  • > 小説
  • 入賞(1編)記念牌、副賞100万円
  • 締切: 2021年08月31日

 北日本新聞社は「第56回北日本文学賞」の短編小説を募集します。選者は富山ゆかりの作家、宮本輝さんです。締め切りは8月31日(当日消印有効)。入賞(1編)は正賞・記念牌(はい)と副賞100万円、選奨(2編以内)は1編につき記念牌と副賞30万円です。


 初代選者に故丹羽文雄さんを招いて1966年に創設して以来、第3回から故井上靖さん、第26回から富山ゆかりの宮本輝さんを選者に迎え、現在に至っています。短編小説の登竜門として定着し、プロの作家になった受賞者もいます。昨年は国内外から1119編の応募がありました。

募集内容

【題材】


 自由。未発表作品に限ります。応募は1人1編とします。


【枚数】


 本文は原稿用紙などA4判の紙に縦書きで30枚。手書き、パソコンからの印刷、いずれの場合も20字×20字とします。

応募規定

【応募方法】


 表紙に(1)タイトル(2)筆名(3)郵便番号(4)住所(5)氏名(6)年齢(生年月日も)(7)職業(8)電話番号(あれば携帯電話も)(9)略歴-を記し、作品に重ねて右肩をひもでとじてください。表紙とは別に作品の1枚目にも原稿用紙の欄外右側にタイトルと筆名を記し、原稿にはページ番号を付けてください。


【締め切り】


 2021年8月31日(当日消印有効)


【宛先】


 〒930-0094 富山市安住町2の14 北日本新聞社文化部「北日本文学賞」係

入賞(1編)は正賞・記念牌(はい)と副賞100万円
選奨(2編以内)は1編につき記念牌と副賞30万円

発表

2022年1月1日の北日本新聞
*発表の際は筆名と本名の両方を掲載します。応募原稿は返却しません。選考に関する問い合わせには応じません。

補足

入賞作品の複製権(出版権を含む)、映像化権、公衆送信権などの利用権(2次利用を含む)は、北日本新聞社に帰属し、入賞作品の出版・2次利用などを行う場合、受賞者は事前に北日本新聞社との協議が必要です。

出典:https://webun.jp/item/7740811

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。

新着公募情報

はお気に入り登録された件数です。

〆切ジャンルタイトル