公募を探す
第128回 文學界新人賞
第128回 文學界新人賞
締切日
2022年09月30日(金)
前回応募数
2817点
主催者
文藝春秋 文學界編集部
賞金50万円および記念品(万年筆)
2021/10/08 掲載
カンタン応募
主催者サイト

文芸春秋では、第128回となる「文學界新人賞」を開催。新人による作品を募集しています。

▼続きを読む
純文学系の歴史ある新人賞。歴代受賞者には、石原慎太郎、吉田修一、円城塔など。原稿枚数が70~150枚と、他の純文学系の賞より短いのが特徴。
募集内容

新人の未発表原稿を募集

400字詰原稿用紙で70枚以上150枚以下。同人雑誌に発表したもの、他の新人賞に応募したもの、自費出版したものは対象外とする。

▼続きを読む
主催者
文藝春秋 文學界編集部

賞金50万円および記念品(万年筆)

▼続きを読む
審査員
青山七恵、阿部和重、金原ひとみ、中村文則
締切日
2022年09月30日(金)
結果発表
2023年02月07日(火) 予定
前回応募数
2817点
応募資格
資格不問
応募時の会員登録
不要
応募規定

【締切】

2022年9月30日(郵送の場合は当日消印有効。ウェブ応募は9月30日24時締切)

【応募方法】

郵送またはWEBの応募フォームからご応募ください。

ウェブ用テンプレートワードで応募される場合は主催者サイトのテンプレートをご利用ください。(必須ではありません)

【注意事項】

●応募作品は新人の未発表原稿に限る。同人雑誌に発表したもの、他の新人賞に応募したもの、自費出版したものは対象外とする。
●枚数は400字詰原稿用紙で70枚以上150枚以下。ワープロ原稿の場合、A4判の紙に400字詰換算の枚数を明記のこと。
●原稿には、題名、枚数、筆名、本名、住所、電話番号、メールアドレス(所有の場合)、年齢、現職、略歴を明記した表紙をつけ、必ず右肩を綴じること。
ウェブでの応募の場合は、応募フォームの指示に従って必要項目を入力のこと。
(これらの個人情報は厳重に管理し、本賞の目的以外には用いない)
●募集要項、選考についての問い合わせには一切応じない。また一旦応募した作品の訂正、返却依頼も受け付けない。
●新人賞受賞作の複製権(出版権を含む)、公衆送信権等は、(株)文藝春秋に帰属します。

 

▼続きを読む
応募先

〒102-8008 東京都千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋「文學界新人賞」係
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ofke-lfohnd-04d66a2eed92ce508b8c968017b07f0c

▼続きを読む
諸権利
詳細は主催者WEBサイトを参照
出典:http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/bungakukai_prize.htm
コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。
カンタン応募
主催者サイト
テーマ別公募
企画・連載
【結果発表】書き出しSF小説賞 「AIと猫」
2022/05/16 更新
俳人・コラムニストのせきしろさんが選考する、「自由律俳句」募集。
2022/05/15 更新
高橋源一郎先生の掌編コンテスト、第7回「写真」結果発表! 第10回「夢」絶賛募集中!
2022/05/15 更新
写真家・こばやしかをるの募集連載。募集中の課題は「#ベンチのある風景」。
2022/05/15 更新
「54字の物語」の考案者、氏くんが審査! 第8回「ビジネスに関するもの」発表、第10回「理科に関するもの」募集中!
2022/05/01 更新
あなたとよむ短歌
固有名詞を取り入れると、ガラッと作品が変わります。記事で取り上げる作品を募集中!
2022/05/01 更新
生活の中で起きた出来事を1~4コマのエッセイマンガにしてください!最終回の募集課題は「テレビ」!
2022/05/01 更新
「桃太郎」をテーマにした短歌を募集します!おもしろ系からシリアスなものまで、物語の新たな一面を見られる作品をお待ちしております!
2022/04/27 更新
写真家・こばやしかをるの募集連載。募集中の課題は「#乗り物大好き」。スマホに電車や飛行機の写真が眠っていませんか。
2022/04/15 更新
俳人・せきしろさんが選考する「自由律俳句」連載。第61回「おわり」結果発表!第63回「洗う」、第64回「返事」募集中。
2022/04/15 更新
高橋源一郎先生の掌編コンテスト、第6回「恋」結果発表! 第10回「夢」絶賛募集中!
2022/04/15 更新
公募ファンクラブ
大人気投稿コーナー!お便りや大喜利、小説の書き出し、入選報告などを募集中。採用作は季刊公募ガイドに掲載します。
2022/04/11 更新