公募を探す
学生限定
第66回 日本学生科学賞
第66回 日本学生科学賞
締切日
2022年10月24日(月)
主催者
読売新聞社
内閣総理大臣賞50万円
応募資格

中学・高校の生徒。

国・公・私立は不問。高等専門学校・定時制高校の生徒は3年生まで。

2022/06/18 掲載
カンタン応募
主催者サイト
編集部オススメ
日本最高峰の学生向け科学コンクールがこちら。応募と併せて、アメリカで開催さ入れる国際学生科学技術(ISEF)の選考に挑戦することもできる。分野により地方予選があり、その場合は地域ごとに締切日が異なる点に注意!

1957年にスタートした日本学生科学賞は、中学生、高校生を対象にした歴史と伝統のある日本最高峰の科学コンクールです。毎年9~10月、身の回りの小さな疑問や不思議の解明、教科書に書かれている学説に対する疑問の解決などについて、 個人、もしくは生徒が共同で取り組んだ実験・研究・調査作品を募集しています。

応募作品には専門家による書類審査とプレゼンテーション審査を行い、優秀な作品を表彰します。

▼続きを読む
募集内容

個人、もしくは生徒が共同で行った実験・研究・調査などの作品。学校の課題研究の発表でも可。

物理/化学/生物/地学/広領域/情報・技術/応用数学 の7分野で募集します。

 ※広領域は複数の分野にわたる研究など。
 ※情報・技術/応用数学分野は地方審査を行わず、 中央一括審査の形で応募を受け付けます。

▼続きを読む
主催者
読売新聞社

入賞
楯と副賞(研究奨励金)が贈られます。

★内閣総理大臣賞       2点 副賞:50万円 (中学・高校から各1点)
★文部科学大臣賞       4点 副賞:30万円 (中学の個人・共同研究から各1点、高校の個人・共同研究から各1点)
★環境大臣賞         2点 副賞:30万円 (中学・高校から各1点)
★科学技術政策担当大臣賞   2点 副賞:30万円 (同)
★全日本科学教育振興委員会賞 2点 副賞:20万円 (同)
★読売新聞社賞        2点 副賞:20万円 (同)
★科学技術振興機構賞     2点 副賞:20万円 (同)
★日本科学未来館賞      2点 副賞:20万円 (同)
★旭化成賞          2点 副賞:20万円 (同)
★読売理工学院賞       2点 副賞:20万円 (同)


※上記の賞は「該当研究無し」という場合もあります。
※文部科学大臣賞以外の各賞は個人・共同研究の区別はありません。
※研究奨励金は受賞者の在籍校に贈られます。

 

入選

楯が贈られます。

★1等 18点(中学・高校から各9点)
★2等 20点(中学・高校から各10点)
★3等 22点(中学・高校から各11点)
※入選点数は若干の増減があります。

 

特別賞
楯と副賞(研究奨励金)が贈られます。

★学校賞
2校 副賞:20万円(中学・高校各1校)
これまで、本賞で優秀な成績を残している学校や、科学教育に熱心に取り組み、成果を上げて

いる学校などに授与されます。

★指導教諭賞 若干名 副賞:20万円
これまで、本賞を通じて長年にわたり科学教育に貢献してきた教諭の中から、顕著な功績をおさめられた方に授与されます。
※「該当校、教諭無し」という場合もあります。
※研究奨励金は受賞者の在籍校に贈られます。

☆高校生が中央最終審査で上位入賞すると、AO入試の受験資格が得られるほか、ISEF2023へ代表派遣されるチャンスがあります。

▼続きを読む
締切日
2022年10月24日(月)
応募資格

中学・高校の生徒。

国・公・私立は不問。高等専門学校・定時制高校の生徒は3年生まで。

応募時の会員登録
不要
応募規定

作品受付期間

・物理/化学/生物/地学/広領域
 2022年9月~10月:募集期間については各都道府県ごとに異なります。>地方審査お問い合わせ先

・情報・技術、応用数学

 2022年9月2日(金)~10月24日(月)

 

応募方法

■地方審査 (物理/化学/生物/地学/広領域)

9月から10月にかけて都道府県ごとに、研究作品を受け付けます。

都道府県ごとに中央予備審査に進む代表作品を、原則として中学の部、高校の部で各3点決めます。ただし北海道、千葉、埼玉、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡(全日本科学教育振興委員会が承認した都道府県)は各6点ずつです。審査結果は読売新聞の各地域版で発表します。

 

★道府県★

応募要項冊子内の出品票に必要事項を記入し、作品に添付してご応募ください。

作品の送り先、受付期間、応募基準などの詳細は地方審査お問い合わせ先や、読売新聞の各地域版でご確認ください。

※募集期間については各都道府県ごとに異なります。ご注意ください。
※地方審査の表彰式は、都道府県ごとに行います。
※ISEF出場を目指す研究作品は、「ISEF(アイセフ)への派遣について」をご覧下さい。

 

★東京都★

Step.1
「東京都審査応募フォーム」に必要事項を入力し、登録を行ってください。
Step.2
登録後、応募フォームに記入したE-mailアドレスに登録完了メールが送られてきます。
登録完了メールに記載されているID、PASSを用いて、マイページへログインしてください。
Step.3
ログイン後に、マイページから研究レポートをアップロードしてください。
Step.4
研究レポートをプリントアウトし、出品票と共に日本学生科学賞事務局まで郵送してください。

▼続きを読む
諸権利
詳細は主催者WEBサイトを参照
補足

ISEFへの派遣について、「ISEF選考登録」のご案内は、主催者WEBサイトを参照ください。

▼続きを読む
出典:https://event.yomiuri.co.jp/jssa/
コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。
カンタン応募
主催者サイト
企画・連載