平成独楽吟(へいせいどくらくぎん)

  •  0pt
  • 川柳・俳句・短歌
  • > 短歌
※この公募情報の応募は終了しました
平成独楽吟(へいせいどくらくぎん)

  • 橘曙覧賞 賞金5万円
  • 締切: 2017年11月30日
福井に生きた幕末の歌人、橘曙覧(たちばなのあけみ)。曙覧が詠んだ連作の歌に「独楽吟」があります。独楽吟は「たのしみは~とき」の形で詠まれた52首の連作の短歌で、まるで独楽(こま)を回しながら遊ぶように曙覧の楽しみが詠み込まれています。
福井市では、貧しさの中にあっても心豊かに生きていた曙覧の世界に学び、生活の中で感じた身近な楽しみを詠んだ歌を「平成独楽吟」として募集します。また、「万葉集や実朝以来の歌人」と正岡子規に絶賛された曙覧にちなみ、テーマを設けた短歌もあわせて募集します。
ぜひ、あなたのこころの歌をお寄せください。
募集作品 1.独楽吟部門    「たのしみは」で始まり「・・・とき」で終わる短歌を募集
     2.テーマ短歌部門  テーマ「旅」
                「旅」を連想させる短歌を募集

新着公募情報

はお気に入り登録された件数です。

〆切ジャンルタイトル