令和2年使用 交通安全年間スローガン募集

  •  0pt
  • ネーミング・標語
  • > 標語
令和2年使用 交通安全年間スローガン募集
  • ●内閣総理大臣賞〈最優秀作〉(各部門1点) ●内閣府特命担当大臣賞〈優秀作〉(各部門1点)●文部科学大臣賞〈優秀作〉(こども部門1点) ●警察庁長官賞〈優秀作〉(各部門1点) ●全日本交通安全協会会長賞〈佳作〉(各部門若干点) ※中学生以下が受賞した場合は、賞金に代わり最優秀作は本人と在学校にそれぞれ5万円の図書カード、優秀作は本人に2万円の図書カードと在学校に1万円の図書カード、佳作は本人に5千円の図書カードとする。
  • 締切: 2019年09月30日

一般社団法人全日本交通安全協会と毎日新聞社は、交通安全運動の一環として「交通安全年間スローガン」と「交通安全ポスターデザイン」の募集事業を半世紀にわたり続けています。


(後援:内閣府・警察庁・法務省・文部科学省・厚生労働省・経済産業省・国土交通省・NHK)


 


※「交通安全年間スローガン」募集について


1966年使用分から募集をはじめ、「とび出すな 車は急に 止まれない」(67年使用最優秀作)、「せまい日本 そんなに急いで どこへ行く」(73年使用最優秀作)をはじめ広く知られるスローガンを生み出しています。


「一般部門A(運転者へ呼びかけるもの)」「一般部者B(歩行者・自転車利用者へ呼びかけるもの」「こども部門(中学生以下へ交通安全を呼びかけるもの)※応募資格:中学生以下」の各部門最優秀作(内閣総理大臣賞)を盛り込んだ「交通安全ポスター」は春と秋の全国交通安全運動で掲出されます。


 

募集内容

それぞれの重点テーマに沿ってスローガンを作成してください。※こども部門は重点テーマはありません


 


●「一般部門A(運転者へ呼びかけるもの)」:どなたでも応募可


①交通ルールの順守と運転マナーの向上


②飲酒運転の根絶


③後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用


④前照灯の早め点灯


⑤高齢運転者の交通事故防止


 


●「一般部者B(歩行者・自転車利用者へ呼びかけるもの)」:どなたでも応募可


①交通ルールの順守とマナーの向上


②夕暮れ時や夜間における交通事故防止


③自転車の安全利用


 


●「こども部門(中学生以下へ交通安全を呼びかけるもの)」:中学生以下のみ応募可


※自作・未発表のものに限ります。過去の入賞作や他で公表・使用されたスローガンと同一ないし酷似していると判断された場合は審査対象となりません。


※募集内容や過年度受賞作品等の詳細はHPでご確認ください。(http://www.mainichi.co.jp/event/aw/anzen/)

応募規定

【応募用紙】


応募用紙は毎日新聞社のHPからダウンロードしてください。必要事項をもれなく記入いただければ、ハガキや同程度の大きさの用紙でもご応募いただけます。


 


【応募方法】


〈個人で応募する場合〉


1枚ごとに①応募部門、重点テーマの番号(一般部門A,Bのみ)②スローガン1点(句読点はつけない)③住所④氏名⑤生年月日⑥職業(学校名・学年)⑦電話番号 を明記。


※高校生以下は学校所在地と電話番号を併記してください。※複数作品を応募する場合は一括送付可能です。


〈学校・企業・団体などで応募する場合〉


1枚ごとに①応募部門、重点テーマの番号(一般部門A,Bのみ)②スローガン1点(句読点はつけない)③氏名④生年月日⑤所属(学校名・学年又は企業・団体名)⑥所属先の住所と電話番号 を明記。


※応募担当者・代表者名(教諭など)を明記する場合は、応募者本人の住所・電話番号の記載は不要です。※一括送付可能です。


 


【送り先】


〒100-8051


東京都千代田区一ツ橋1-1-1


毎日新聞社事業本部「交通安全年間スローガン」係 まで


 


【締め切り】


2019年9月30日 ※消印有効


 


【お問い合わせ】


毎日企画サービス「交通安全スローガン」事務局


℡:03-6265-6815(平日午前10時~午後5時)


※入賞作品の著作権(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含む)など一切の権利は主催者に帰属するものとします。また、応募者は著作者人格権に基づく権利を行使しないものとします。


※応募作品は返却しません。


※申し込みに関わる個人情報は毎日新聞社及び運営事務局の毎日企画サービスが管理し、選考や受賞者の発表、表彰、次回以降の募集に必要な場合にのみ使用します。


※スローガンの受賞結果について不服がある場合の異議申し立ては、発表日から2週間以内とします。

●内閣総理大臣賞〈最優秀作〉(各部門1点)=賞状と賞金10万円


●内閣府特命担当大臣賞〈優秀作〉(各部門1点)=賞状と賞金3万円


●文部科学大臣賞〈優秀作〉(こども部門1点)=賞状と本人に2万円の図書カード、在学校に1万円の図書カード


●警察庁長官賞〈優秀作〉(各部門1点)=賞状と賞金3万円


●全日本交通安全協会会長賞〈佳作〉(各部門若干点)=賞状と賞金5千円


(上記予定)


※中学生以下が受賞した場合は、賞金に代わり最優秀作は本人と在学校にそれぞれ5万円の図書カード、優秀作は本人に2万円の図書カードと在学校に1万円の図書カード、佳作は本人に5千円の図書カードとする。

応募資格

「一般部門A(運転者へ呼びかけるもの)」:どなたでも応募可


「一般部者B(歩行者・自転車利用者へ呼びかけるもの)」:どなたでも応募可


「こども部門(中学生以下へ交通安全を呼びかけるもの)」:中学生以下のみ応募可


 

審査員

学識経験者、主催・後援・協賛関係者

発表

令和元年11月下旬の毎日新聞紙上など

出典:http://www.mainichi.co.jp/event/aw/anzen/

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。

新着公募情報

はお気に入り登録された件数です。

〆切ジャンルタイトル