公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集者ブログ

公募ブログ

ミイラ展

カテゴリ:25_RabbitHole

上野か御徒町で広告看板を見て知ったのですけど
ミイラ展なるものが国立科学博物館で開催されているそうです。
日本のミイラは即身仏が有名ですが、
学問的な探求心で自らミイラになった学者さんもいるみたい。
めっちゃ行きたい!!!
来年2月末頃までやっているので
気になった方はぜひ~。

(48) 埼玉県伊奈町の50周年記念ロゴが決定しました!(前編)

カテゴリ:13_ステキなデザイン

大宮のやや北、埼玉県は中東部に位置する「伊奈町」が来年、町制50周年を迎えるにあたり、その記念ロゴを6月に公募していました。こちらが決定したそうで、先日公式発表となりました。

 

伊奈町町制施行50周年記念ロゴマークが決定しました!
https://www.town.saitama-ina.lg.jp/0000004538.html

 
 

実はこの公募、個人的に挑戦していたのですが結果は残念なことに。

 

いやしくも「公募ガイド」というコンテスト専門の会社の末席を汚しながら、「ジブンは一切応募してない」では何を言っても説得力がないな。と会社から帰宅した後、夜なべしてウンウンひねり出したアイデアでしたが…そう簡単に採用なんてされないですよね(それはそう)。

 
 


伊奈町の「い」と、町の花である「バラ」があしらわれた素敵なデザイン!完敗です

 
 

個人的には伊奈町にゆかりはないのですが、友人が居住しており、何度も仲間で遊びに行ったことがありました。「もし万が一採用されたらびっくりするだろうな」といういたずら心=邪心が入ってしまったのがいけなかったのでしょうか。単純に、準備時間、アイデアを考える時間が圧倒的に足りなかったのは否めませんが、来年も隙あらば公募にチャレンジしていきたいと思います。

 

 

 

次回は「どのようにアイデアを考えてみたか」と「採用案と比較した際の反省点」について書いてみようと思います。ボツ案なので参考にならないかもしれませんが。。。

連載の取材でタニタに行ってきました

カテゴリ:28_アラサー編集者の日々

公募ガイド1月号発売中です。毎月注目のコンテストを紹介する「CHOICE」という連載では、ヘルスメーターや食堂などでおなじみのタニタが主催する「第3回タニタ健康川柳」を取り上げました。

 

タニタ本社の所在地は板橋区

タニタの本社は板橋区にあります

 

タニタ本社に取材に行ったのですが、エントランスの床に体重計が埋め込まれていたり(気付かず床の上に立つと自分の体重が映し出される!)、社員証に活動量計の機能が付いていたりとユニークな取り組みをしている会社でした。私もタニタを見習って健康に気を使って生活しようと思いました。

 

↓タニタを詳しく紹介している記事です

タニタ社員証=歩数計? データに応じて使えるポイント付与、狙いは

 

今回雑誌で紹介したタニタの健康川柳は、応募作品のテーマも普段の生活にもなじみがあり、副賞も豪華なのでぜひ応募してみてはどうでしょうか。

 

編集KK

東京の東側は川が多い。

カテゴリ:14_ゆとり日記

こんばんは、
まだ発売日なのに会社全体がバタバタしています。
12月って感じですね。ババです。

 

自転車を購入したこともあり、土日のどちらかは
自転車に乗っていろんなところに行っています。
先週の土日は市ヶ谷まで行ったのですが、大体13キロくらいしかないのに
行きも帰りも異様に時間がかかる…
もちろん僕の体力が追い付いてないせいもあります。
しかし、片道1時間半くらいかかるのでなんでかなと思って各経路のどこにそんなに時間がかかっているのかを調べてみました。
 
例えば市ヶ谷-新小岩間だと、市ヶ谷-秋葉原間はスムーズに進んでいるのですが、
山手線の外側から、時間がかかっていることが判明。
その原因は「川」でした。
 
秋葉原-新小岩間では、川が4本も流れています。
秋葉原側から順に隅田川、横十間川、旧中川、最後に荒川が流れています。
これらの川を越えるのが、けっこう大変なのです。
 
では、なぜ川があると時間がかかるのか。
理由は大きく2点あります。
①橋を渡るために川沿いに移動するという無駄な道程が生まれる。
②どうやって橋の入り口に立てるかがわからない。
 
①はまあそりゃそうだよねって感じなのですが、問題は②。
道路沿いに進んでいると、車道と歩道の箸の入り口が基本的に別になっています。
東京は小さい川でもいちいち橋の規模感がでかく、そのまま陸橋につながっていたりもするのですが、
歩道の橋の入り口が、めちゃくちゃ分かりづらいのです。
そのため、あっちに行ったりこっちに行ったり、
せっかく道を見つけても歩行者専用だったり、上に行くには階段しかなかったりと
ここで大幅に時間をロスするのです。
 
逆に言うと山手線の内側にはほぼ川がなく通りも大きいので、どこに行くにも時間をかけず、迷わず行くことができます。
結論として、結局都内の移動は電車が一番なんだなあと思いました。

ORGANICS by Red Bull(作ってみた ~番外編~)

カテゴリ:27_お手軽DIY

今回も番外編でお届けします。

 

私、こちらの飲み物「ORGANICS by Red Bull」が大好きで1.5日おきぐらいに飲んでいるのですが、

 

IMG_0340

 

どうやらローソン限定販売のようでして、

 

いつでもどこでも入手!とはいかないのが非常につらいです。

 

 

このドリンク、平たくいうとコーラ味のエナジードリンクで、ちょっと癖のある味をしています。

 

※ドクターペッパーが好きな方は飲めると思います

 

※会社最寄りのローソンは毎日1本ずつ在庫が減っていくのですが、一向に補充されません(少なくとも半径500m以内で私しか飲んでいない自信があります。残り2本。)

 

 

最近は仕事や工作に取り掛かる前には、まずこれを飲んでます!

 

テンション上がります!!

 

 

以上、Kでした。

ポケモン剣盾

カテゴリ:26_のんびり

をやり始めました!

世代ということもありポケモンと共に育ったようなもので、

リメイクや派生もの以外はほぼ全てやっています 一応(特にやりこんではない)

ついにSwitchで出てしまった…と最初は少しさみしかったのですが、

やり始めたらそんな気持ちも吹っ飛ぶくらいグラフィックが綺麗で感動しました。

 

今回の舞台でもあるガラル地方はイギリス風の街並みや文化の地方なんですが

わたしの大好きなイギリスの犬種、コーギーっぽい見た目のポケモンがいるんですね…!!

ワンパチという子なんですが、これが可愛くて可愛くて…

歴代一番好きなポケモンはガーディなんですが、ガーディも今回出てくるので

2匹と遊んで遊んでキャンプでカレー作って全然先に進めません。楽しい…

画像を載せてもいいものかわからないので文字のみで…

もし気になったら「ワンパチ」「キャンプ」などで検索してみてください!絶対に可愛いことを保証します。

 

画像が用意出来ずだったので、次はまた好きな絵本紹介記事など書きたいなと思います。

 

デザイナーS

インターンシップ、開始!

カテゴリ:02_そうだ、応募しよう。

どーも、新卒採用担当さわっちょです。

 

本日より、インターンシップの募集を開始しました!
初回は編集コースです。

 

編集の仕事で一番楽しいのは企画を考えているとき。
一番刺激的なのは、第一線で活躍している
クリエイターに取材をするとき。
一番やりがいを感じるのは、
読者からコメントをもらえたとき。

 

これらを全部体験できるといいのですが、
いろいろ無理なので、
今回は公募ガイドの記事制作を体験してもらいます!

 

とはいえ、記事制作には企画、取材、執筆が必要で、
最後には社員からコメントもあります。
おお! 全部体験できるではないか!

 

楽しみです。

 

澤田

ねこだらけ

カテゴリ:24_お散歩日和

ひさしぶりに猫カフェに行ったのでさっそく写真をアップしよう!

と思ったら某さんに先を越されていました。

 

IMG_6982

 

私は猫と遊ぶのが下手なので猫で遊んでる某さん(RabbitHole書いてるひとです)

を激写していました。

(さらに…)

茶トラ君、安らかに

カテゴリ:11_保護猫ラウンジ

日に日に寒さも増して来たそんな中、お世話をしていた野良猫が亡くなりました(T . T)

 

 

 

 

月曜日の晩、うちの駐車場の奥に設置してる犬小屋(猫ハウス〕の中に大きな茶トラ猫が入っていました。

 

 

 

その時は寝ているのかな?

その中なら雨にも濡れずに安心だね。  くらいにしか思わず…….

 

 

 

 

近寄ると雨降る外へ飛び出しちゃうだろうからと、そおっと配食の用意だけして家に入りました。

でも翌朝になっても前日の夜見た時と同じ状態で寝ていました。

 

 

 

 

 

 

猫小屋1号棟、2号棟の猫達の世話をするにはその側を通るしか無く。。。

「寝ているところを失礼しまーす」 と冗談交じりで通ったけれど全く動かない茶トラ君。

さすがに異変を感じ、恐る恐る触ってみたら

 

 

 

茶トラ君。。。。冷たくなっていました(泣)

 

この猫は何時も我が家の猫小屋一号棟の奥に設置している猫ハウスに入って寝ていた子でした。

 

 

 

銀の保温性のあるアルミ素材で包んだ猫BOXが常宿でした。

 

 

 

 

怪我や病気で弱っているところを何かに見つかれば、それは死を意味すことから

猫は本能的に死に際を見せないって言われていますが、私が必ず行き来する猫小屋を

最期を場所に選んだのは私に見付けて欲しかったのかな(泣)
具合が悪いのに気が付かなくてごめんね。

どんなに食べ物や綺麗な飲み水があっても外の暮らしは厳しいのに、家の中に入れてあげられなくてごめんね。

 

 

 

茶トラくんは昨日、荼毘に付しました。

 

 

 

 

 どうか安らかに眠ってね。

次に産まれてくる時は必ず家猫になろうね。

 

 

 

 

 

 

1 / 34712345...102030...最後 »

PAGE TOP

PAGE TOP