公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集者ブログ

公募ブログ

今年もきました!!仔猫達~♡

カテゴリ:11_保護猫ラウンジ

友人ボランティアの活動区域に突然現れたという仔猫5匹を引き受けました。

 

その区域は厳しい環境下で仔猫が産まれないようにと友人達が春先から連日のようにTNR活動(野良ねこ達に不妊手術を施す)をしているにも関わらず、

今年も次から次へと仔猫が産まれていているそうです。

 

当然、友人達の家はその産まれた仔猫達を保護して状態。

 

皆、30匹を超える仔猫を抱え悲鳴をあげています

 

小さな命を助けるため少しでも力になれたらと思い、この写真に写っている子達たちの事、私のほうで引き取りました。

ちっちゃな茶色い子がワラワラ。。。

あっという間に保護してもらえた子達は体重が450〜700gくらいの小さな仔猫達でした。

私1人で5匹を育てる事は難しかったので頼もしいお友達に協力していただく事になりました

ちっこいのに一丁前にシャーシャー君達   笑

こちらは皆んな女の子で、やっぱり生意気にもシャー子さん達  笑

笑えるくらいイカ耳に。。(*≧∀≦*)♬

これからも皆んなで協力して1匹でも多くの命を救っていきたいと思います♡

電車で読書

カテゴリ:29_考えごと

こんにちはいづみです。

 

梅雨ですね。暑くなってきてからはTシャツにジーンズで出社しています。せっかくなら、可愛いお洋服を着てテンションを上げていきたいなと思うのですが、可愛さと動きやすさは反比例なことが多いのでTシャツから抜け出せそうにありません。Tシャツの枠を出ずに可愛さを追求するしかなさそうです。
ところで、最近は電車の中で本を読んでいます。電車で読む本はなかなか良いですね。本には「旅の作用」とでもいうべきものがあると思います。その場にいながらにして遠い世界に連れて行ってくれる、ファンタジー小説だけでなく新書の類でも、自分の頭脳をふっと現実から遠ざけてくれます。その作用を電車だとより強く感じる気がするのです。通勤電車は現実の権化みたいなものだからでしょうか。家を出て、いちど別世界を経由してから会社に行く。帰りも、いちど旅に出てから帰宅する。お手軽に愉快な気持ちになれます。ちなみに、今読んでいるのは講談社エッセイ賞を獲得した『ここは、おしまいの地』というエッセイ。「おしまいの地」での数々の災難を、明るい悲しみを含んだ軽妙な筆致で描いています。もう少しで読み終わりそうなので、おすすめ本があったら教えてください。

夏が来る

カテゴリ:30_日々のこと。

こんにちは! よしだです。
今日はものすごい風雨でした。
「夏」を感じますね~。

 

梅雨は好きではないのですが、夏は好きです。
世界の彩度が上がって、植物の緑色や青空が一段と美しく見える気がします。
今年も写真を撮りにおでかけしたいな~。海とか行きたい!
社会人として初めての夏をどんなふうに過ごすか、梅雨の間に考えておこうと思います。

 

夏といえば、
初めてのお仕事として夏休み特設サイト「僕らの夏をつくろう!」に携わりました。
いづみさんと一緒にビジュアルを考えたり記事を書いたりしたので、見てもらえたらうれしいです!

 

夏休み特設サイト「僕らの夏をつくろう!」

ひんやりボウル

カテゴリ:25_RabbitHole

本日は在宅勤務をしているのですが、
その横でペット用ひんやりボウル(これです)に
ねこ2匹がぎゅうぎゅうに詰まって寝ています。
 
DSC_0709
 
ぎゅうぎゅうすぎて外にはみだしているので
ボウル感が伝わらないがボウルです。
下に敷いてある水色のはひんやりマット。
 
これは暑いのか? 寒いのか?
エアコンつけてるから寒いのかなぁ。
でも、ひんやりボウルだしなぁ。
 
私も冷房がきいた部屋で毛布に包まるのがすきなので、そんな感じか。

令和という時代

カテゴリ:03_令和時代

こんにちは。いきなりですが、皆さんはタイムスリップするとしたら、
過去・未来のどちらに行きたいですか。

 

私は過去の幕末に行きたいです。
歴史好きな人からすると王道だな!と思われるかもしれませんが…笑

 

たった150年ほど前までは、和装で刀を持っていたなんて信じられないのに、
今では自動運転がどうとかキャッシュレスがどうとか、
やたら横文字も多い気もしますが、時代の変化が目まぐるしいですよね。

 

私はもうしばらく前から、この時代の変化に取り残されて、未だアナログなことが多い気がします。
時代についていけなくなったとき、「そうだ、京都に行こう」ならぬ、
「そうだ、東海道に行こう」と想い続けて、はや半年。コロナに邪魔をされました。
でも今年中にひとつくらいは宿場町を巡りたいと野心だけは持っております!!

 

古い町並みがお好きな方、時代に取り残されて過去にタイムスリップしたくなった方、
是非、東海道の宿場町巡りをしてみてください!
ちなみに私が行きたいのはこんなところです~
皆さんもぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか!それではまた~
図1

 

図2

 

S.N

接触確認アプリ(COCOA)を入れてみた

カテゴリ:13_ステキなデザイン

緊急事態宣言につづいて東京アラートも解除された今、「新しい生活様式」の元、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

ウイルス自体は第二波に備え、まだまだ油断できない状況ではありますが、とはいえ経済を動かさねば…という中、先日「新型コロナウイルス接触確認アプリ」がリリースされましたね。

 

早速スマホにインストールされた方も多いのではないでしょうか。

 

厚生労働省/新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

 

政府からは「6月19日に公開される」との事だったので、初日からAppStoreで「接触確認アプリ」や「コロナ」「COCOA」といったワード検索したのですが、その日は初日のためか出てこず…厚労省のwebサイトから直接リンクでたどり着くことができました。

 

IMG_1333
 

起動していきなり「アマビエ」が表示されることにはビックリしました。

 

Bluetooth(ブルートゥース)を使った通信で、陽性反応者と接触した情報を取得するそうで、その際はアラート(警告)を発してくれるとの事。

 

IMG_1335
 

今のところ接触はないようですが、ユーザが「わたし陽性です」と登録してくれないと意味がないので、まだまだこれからと言ったところでしょうか。これからまた通勤電車に乗る日々になるので、車内に陽性のかたが万が一いた場合は、あっという間に<広がっちゃいそうですね。しばらくはこの画面を定期的に確認する日々になりそうです。

誌面では伝わらないクリエータ―のすごさ

カテゴリ:28_アラサー編集者の日々

雑誌で連載している「サンキュータツオのたほいや」で、イラストをご依頼しているイラストレーターの森拓馬さん。

毎月ユニークなイラストを描いてくださるので、イラストを依頼してからラフが届くまで、いつもワクワクしています。

 

発売中の7月号のイラスト

発売中の7月号のイラスト

 

 

 

連載では3つのイラストを掲載していますが、

じつは企画の段階で、森さんからは1つのイラストにつき、3つもラフが送られてきます。

なので、この1ページの連載で9パターンもアイデアをいただいているのです!

普通は1つのイラストにつき1つのラフです。

 

こんなにたくさんのアイデアを送ってくださる人と、

お仕事をしたことがなかったのでビックリしました。

しかもラフはすべてテイストが異なるもので、選ぶのが難しい!爆笑必須!

 

これが森さんのスタイルなのか!? 本当に尊敬しています!

 

編集KK

 

クーラーのせいなのか、低気圧のせいなのか

カテゴリ:14_ゆとり日記

こんばんは、ババです。

 

僕は風邪やインフルエンザなどの感染症にはあまり縁がなく、
ほとんどかかったことがありません。

 

しかし、今日朝起きた時、体のいたるところと頭痛がひどかったのです。
熱を測ってみたものの、平熱。
とりあえず出社してみたものの、ずーっと頭が痛い。
業務中もMTG中もずーっと頭が痛い…

 

頭痛薬を飲んだら、少しは良くなりましたが
今もまだぼーっとしています。

 

原因は昨晩クーラーをつけて寝たからなのか、
今日が低気圧だからなのか……

 

ババ

涼しげ

カテゴリ:26_のんびり

県外への移動制限も緩和されました。行きたいところがたくさんあります。
前回も動物園・水族館のことを書きましたが、とにかく動物とふれあいたいです。
 
動物が恋しくなって画像フォルダを漁っていたら、この暑い季節にぴったりの涼しげな動物たちの写真があったので貼っておきます。
 
 
IMG_0255
 
IMG_0263
 
 
サンシャイン水族館の空飛ぶペンギンとペリカンです(頭上に水槽があって下から動物たちを見ることが出来る
癒される~~~
 
 
デザイナーS

OJT。

カテゴリ:02_そうだ、応募しよう。

どーも、さわっちょです。

 

ここ1ヶ月ほど、新卒2人のOJTとして
冊子を一緒に作っています。
タイトルや中身はもちろん、
読み手に届ける方法まで、
行ったり来たりしながらゼロから生み出しています。

 

素直で一生懸命な2人と仕事をするのは
とっても楽しいです。
高校生の頃、学校で2泊3日の合宿をした、
あのワイワイ感がよみがえります。
正式にメディア部に来てくれる日が待ち遠しい。

 

自分と異なる年齢、異なる好み、異なる考え方を
積極的に受け入れて、
新しいものをみんなで作っていけたらなと思います。

 

澤田

1 / 35812345...102030...最後 »

PAGE TOP

PAGE TOP