公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. 99_日曜はダメよ

公募ブログ

この時期に思うこと

カテゴリ:99_日曜はダメよ

テレビっこ山ちゃんです。

最近よく耳にする「なので」って言葉、みなさんどう思いますか。

 

この前のAKB総選挙を見ていたら、ステージ上でのコメントで

「・・・・・・、なので・・・・・・」と、おぼえているだけで4人は言っていました。

ボクは結構使いやすいので、特に気になることもなく受け流していました。

 

横で見ていた奥さんが、

「最近の若い娘って『なので』ってよく言うよねえ。へんだよネエ」

と、聞いてくるのであらためて実感した次第であります。

 

ところで、毎年この時期になると思うのですが、読者のみなさんAKB48で何人知っていますか?

にゃんにゃん仮面の他、ボクは数人しか分からなくなりました。

なので、これからもまた気合をいれてテレビの前で、アイドルを力いっぱい応援していきたいと

思います。

ブリキの灰皿

カテゴリ:99_日曜はダメよ

テレビっこ山ちゃんです。

 

とある街の神社でのことです。

先日、ここの社務所へお伺いしたのですが、そこに町内会の皆さんがいらっしゃって

ちょうどお祭りの準備をしていました。

 

社務所で見つけたもの。それは、昔なつかしいブリキの灰皿。

ボクが小学生ぐらいの頃には、職員室や、町の公民館などに必ずといっていいほど

置いてあった銀色のあの灰皿です。

(こいつにあったのは何十年ぶりだろう)

(そういえば、こどもの頃は、こいつをさかさまにしてUFO=アダムスキー型の

円盤に早がわり=にして遊んだものだ)

(この光り具合、机に置くときの間の抜けた脱力感を覚える金属音。なつかしい

・・・・・・)

 

なんて思いながらこいつで一服させてもらいました。

 

灰皿はブリキがいい。校長室にあるような透明のガラスのものなど、

まったくもって味気がない。

なんといってもあの軽さがいい。

 

そんなプチな昔の思い出に酔いしれたひと時のお話でした。

では、また次回。

 

 

 

 

 

 

夫婦善哉

カテゴリ:99_日曜はダメよ

テレビっこ山ちゃんです。

 

今年も織田作之助賞の募集の時期となりました。

織田作之助の小説は、ストーリー性が高く、登場人物キャラクターも

生きています。

 

作品の中では、「夫婦善哉」「秋深き」は両方とも映画やテレビドラマ

になっているのでご存知の方もおおいことでしょう。

 

「夫婦善哉」の森繁さんの「たよりにしてまっせ」のセリフが印象的です。

「秋深き」の佐藤江梨子の夫思いのホステスさんの役どころがとても

印象的で、両作品とも夫婦愛がテーマとなっております。

 

織田作之助賞ですが、公募ガイド7月号より募集の案内が掲載されますので

興味のある方はご覧になってください。

 

では、また次回。

はるばる来たぜ函館

カテゴリ:99_日曜はダメよ

テレビっこ山ちゃんです。

いまホットな街といえば、やっぱり函館でしょう。
新幹線が今春開通し、これから北海道でも一番いい季節に
はいります。

 

GW頃は五稜郭も桜の花でいっぱい(もうだいぶ散ったかな)
の時期。
「五稜郭」「函館公園の旧博物館」「海のみえる競馬場」
「なんたって函館山から眺める夜景」
さて、函館で一泊した観光のみなさん、次はどちらへ向かいますか?

 

ここで、ひとつのご提案です。

 

松前をまわって小樽、札幌へと、このルートもいいですが、
室蘭、白老、苫小牧を通って札幌とは反対の日高への
ルートを回ってみてください。

 

日本のケンターッキー、人の数より馬の数が多いと言われる(?)
競走馬の産地、牧場の多い日高ルートは、特にこれと言った
名所、旧跡はありませんが(平取に義経神社がありますが)、
見渡す限り何十キロもつづく牧草地帯。

のんびり草を食べている競走馬たち。人にも車にも

慣れています。

晴れると遠くに薄っすらと
雪の残った日高山脈も望めます。

 

ここは、たいていの病気なら治ってしまいそうな景色と澄んだ空気
がいっぱいです。

 

詳しくは北海道日高振興局観光のホームページを
ご覧ください。
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/kanko/kankohp2.htm

 

というボクは、高校卒業までここに住んでいましたので、

故郷のPRを少々、でした。

 

 

北海道は梅雨の季節はありませんが、6月~7月にかけて

霧が発生しますので、ドライバーの皆さんはご注意ください。

視界1メートルの時もあります。

 

では、また次回。

 

 

川奈の風はきつかった

カテゴリ:99_日曜はダメよ

テレビっこ山ちゃんです。

22日からのLPGAツアー第7戦「フジサンケイレディスクラシック」最終日、

ドラマはおこりました。
24日の最終日はBS・地上波あわせて6時間以上のライブ中継です。

(1年のうちこんなことめったにありません。

LPGAファンにとってはたまらんです)

1番ホールから最終組のホールアウトまで観られるわけです。
「AKB48SHOW」の再放送もみることなく、朝から普段は観られない各選

手のフロントナインからバックナインへと観戦しておりました。

熊本出身の笠りつ子Pがこのまま優勝するのか、それともアンソンジュP

が抜け出すのか、はたまたイボミちゃんの大爆発があるのか、終盤まで

勝負の行方がわからない展開でした。
最終組の1組前をプレーしていた大山志保Pは、最終18番ホールを

バーディーであがり通算11アンダーでフィニッシュ。

この時点で、17番を終えて12アンダーとしていたアンソンジュPの

優勝の可能性が大でした。
ところが、しかし、です。

そのアン選手、18番ホールでダブルボギー。

10アンダーとなってしまいました。
ゴルフは18番ホールのカップインまで勝負は分からないと言いますが、

まさにその通り、最後の最後に何かがおこるのがゴルフです。

その日、勝負に関係なく自分のできるベストのプレイをすることが

強さの秘訣なのですが、その点、大山さんはやっぱり強かった。
読者のみなさんもご存知のかたもいらっしゃると思いますが、

大山さんは優勝賞金の全額を熊本への寄付にあてるとのことです。
次回は同じ静岡で

「サイバーエージェントレディスゴルフトーナメント」

が開催されます。

http://cyberagent-ladies.com/

さて、どんなドラマがまっていることでしょう。

では、また次回。

いま、浜松市があつい

カテゴリ:99_日曜はダメよ

テレビっこ山ちゃんです。

前回のボクのブログで、NHK朝の連続ドラマ「とと姉ちゃん」の

放送開始のお話をしましたが、現在放送中のお話の舞台が浜松市です。

ご存知の方も多いと思いますが、この浜松市、実は来年のNHK大河

ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台でもあります。

 

というわけで、いま、浜松市は市をあげての観光PRの真っ最中です。

「いま、浜松があつい」のです。

浜松と言えば静岡県最大の都市で、歴史のあるまちです。

うなぎや楽器の町としても有名です(ぎょうざもあった)

浜名湖も近い観光地でもあります。

それがここにきて、ダブルで大型連続テレビの舞台とあって、市民の

皆さん、観光関係のお仕事のみなさん、さぞかし力がはいっている

ことでしょう。

 

ちなみに「井伊直虎ゆかりの地浜松」マスコットキャラクターデザイン

大募集じゃ!」ということで5月9日まで作品を募集しています。

賞金はなんと30万円。

詳細は市のホームページをご覧ください。

http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/miryoku/naotora/design.html

 

2年にまたがってドラマの舞台になるなんてめったにありません。

今後も各種のイベントが行われていくようです。

 

前回につづいて今回もNHKのお話をしてしまいましたので、次回は

民放局に目を向けてみます。

浜松以外にも、けっこう「あつい」まちがありますので、折を見て

そこにもふれていきます。

それでは、また次回。

「あさが来た」のつぎは「とと姉ちゃん」

カテゴリ:99_日曜はダメよ

テレビっこ山ちゃんです。

NHK朝の連続ドラマ「あさが来た」が終了しました。

平均視聴率は23.5%の大記録だそうです。

月~土のお楽しみとしていた人の中には朝ドラロス※した方も多いことでしょう。

 

よく言われる朝の連ドラがヒットするためのいくつかの要因、

1.Wヒロイン(性格や所作が異なるほうが良い)
2.時代背景は明治以降の近代が舞台
3.主題歌・挿入歌のでき
4.脇を固める出演者の強烈なキャラクター
5。分かり易いストーリーと展開の速さ

 

このことを考えれば「あさが来た」の大ヒットが分かります。

以前はタイトルの最後が「ん」なものと言われましたが

もはやこれは都市伝説。

 

またこのドラマの面白さは、単に近代日本の中で新しい女性の生き方を描いていったというより、

白岡あさ、眉山はつの姉妹のWヒロインを中心にその家族を

ファミリードラマに組み立てていったところにもあります。

 

ドラマの展開で年長者の死去が丁寧に時間をとって描かれていましたし、

家の中、家族や従業員が一堂に集まる「居間」のシーンがよくでてきます。

これらはファミリードラマの鉄板ともいえる伝統手法。

 

同じ時代で、相互にリンクする2年前に放送されブームになった「花子とアン」

とはまた違った描き方でした。

 

こんなことを書いている僕はけっこう「朝ドラロス」な人間の一人かもしれません。

 

番組がリンクするということでは、4月4日からスタートした「とと姉ちゃん」(日本女

子大学つながり)

戦後早々の東京で女性のための雑誌「暮しの手帖」を立ち上げるストーリーと、

個人的に大好きな高畑充希さんが主演とあって、

次はいったい、どんなワクワクな展開がボクを待っているのでしょう。

では、また次回。

 

※「あまちゃんロス」というのがありました。このロスとは、毎日楽しみにしていた「あまちゃん」の放送が終わってしまって、気が抜けたように精神的にもダメージを受けてしまったということです。ちなみに懸命な読者の方はお分かりでしょうが
ロス・アンゼルスとも、ましてやダイアナ・ロスとも意味が違います。

買い物ブギ

カテゴリ:99_日曜はダメよ

『古池や 蛙飛び込む 水の音』

テレビっこ山ちゃんです。

昨日のブログでゴトウくんが、「かなりパンチ力のある顔(に見える建物)」

文京区の文京シビックセンターを紹介していました。

 

そこで思いだしたのですが、

うちの奥さん、しばらくの間この施設の名前「ちびっこセンター」だと思っていた

らしいのです。

まあ、なんとなく音の響きは似ているような感じはします。

 

そんなうちの奥さんの最大の勘違い(思い違い)は、太陽は西から昇って東に沈む

と思っていたことなのです。

ボクが「何で?」と聞くと、「バカボンの歌にあるじゃない。西から昇ったおひさまが、

東にしずーむーぅ~」と歌いだす。

 

太陽は東から昇ります!と説明すると、

奥さん「南半球(オーストラリアとか)では日本と反対だから西から昇るんだよネぇ」

というアパレルワールドな答えが返ってきます。

 

そんな異次元の奥さんと先週、日曜日の吉祥寺にショッピングにつき合わされました。

吉祥寺の商店街のお店をあみだくじのようにまわらされ、挙句の果てに購入したものは、

トイレットペーパーとシャンプーの類。

洋服、靴、ドライフワーや置物のお店、のべ二十数件はまわったでしょうか。

 

男と違って、世の奥様方は一般的にこんなものでしょうか。買わないのに入るなよ、

どうせ見るだけだろって思ってしまいます。

貴重な日曜日なのに、おまけに「イ・ボミちゃん優勝したのに見れなかった」思いで

ボクの心とからだはモヤモヤさまぁ~ず。

 

ふるいけや、買わずとびこむ・・・・・な一日でした。

では、また次回。

 

第24回武蔵野桜まつりが開催されます!(吉祥寺は東京都武蔵野市)

開催日:4月3日(日曜日)

桜、残ってますように・・・・・

 

ゴルフ狂時代

カテゴリ:99_日曜はダメよ

LPGA女子プロゴルフが先週開幕しました。

沖縄で行われた「ダイキンオーキッドレディス」を皮切りに11月までの

8ヶ月間、日本各地で熱い戦いが始まります。

 

ちなみに開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」の大会ポスターは

一般公募されたものです。

 

世代交代と言われている昨今ですが、予想通り春先から調子のよいテレサ

が退会2連覇を果たしました。

 

今年のあらゆる意味での注目選手をここで上げてみたいと思います。

 

香妻琴乃P、堀琴音P、松森彩夏Pの3人です。

(うォーみんなビューティーではないか!)

上の3人、あと一歩で優勝に手が届くところまで来ているのに、残念。

もう一人、昨年のプロテストに合格した森美穂P。

テレビの前のお父さんたちは期待しているぞ。

 

これからしばらく毎週末、

ボクの家では、家事優先のうちの奥さんとバトルを繰り広げながら、

テレビの前で手を合わせて応援します。

では、また次回。

 

LPGA今後の予定

https://www.lpga.or.jp/tournament/lpgatour/

 

 

 

謎の円盤UFO

カテゴリ:99_日曜はダメよ

テレビっこ山ちゃんです。

 

 

この前の日曜日、探し物があって部屋の本棚を覗いていた

 

ら、懐かしいビデオが数本出てきました。

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、イギリスのSF特撮ドラマ

 

「謎の円盤UFO」です。

 

1970年10月から翌年の3月まで、プロ野球中継のない期間に

日本テレビ系列で土曜の夜(裏は「全員集合!」だと記憶し

ています)に放送されていたSFドラマです。

あの「サンダーバード」を製作したプロダクションのもので、

メカや音楽はサンダーバードを踏襲しています。

 

ビデオの存在は自分の記憶の彼方のどこかにはありましたが、

しばらくの間、日常忘れていた作品となっていました。

 

探し物を一旦やめて、すぐにビデオデッキで見てみると、こ

れがけっこうはまってしまいます。

大体がシリアスな展開でお笑いは殆どありません。

 

沈着冷静なストレーカー司令官(とは言われていますが、

劇中けっこう激怒しています)のもと、日々襲来するUFO

(デザインはクリスタルっぽくてきれいな仕上がり)を迎撃

するという展開のものです。

登場人物のなかでは特にムーンベース(月面基地)勤務の

エリス中尉(女性)がお気に入りでした。

 

作品自体、懐かしさよりその後の

SFドラマ「スペース1999」へとつながるものだけに

ドラマ史的には貴重な作品です。

 

数話分を見終わった後、棚にビデオをもどした時に、

井上陽水の歌にあるように、

探し物がひょっこりと出てきました。

 

プチな幸せを2つも見つけた日曜日の話でした。

 

探し物をすると意外なものを発見することってあると

思います。

では、また次回。

 

 

 

 

 

 

 

1 / 212

PAGE TOP

PAGE TOP