公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. 11_保護猫ラウンジ

公募ブログ

猫好きのための祭典・ネコ市ネコ座 2019 

カテゴリ:11_保護猫ラウンジ 未分類

昨年に続き東京ドームシティ内で2日間開催されたネコ市ネコ座に参加してきました。

 

 

 

 

 

週末はあいにくの空模様でしたが沢山の来場者様が来られ、イベントは大盛況に終わりました♬

 

 

ネコ市ネコ座2019開催です

IMG_7917

 

 

 

 

 

 

 

 

数えきれないほど沢山の猫グッズからコンサートにステージイベント等、猫にまつわる行事が盛り沢山♬

 

 

 

IMG_7947

 

 

 

 

 

 

ジブリ映画「トトロ」に出てくるネコバス並みのバスの中での保護ねこ譲渡会です♬

 

IMG_7981

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場の一角で催された保護猫譲渡会、我が家から参加した保護猫達のうち3匹に里親希望のお申し込みをいただきました。

 

 

IMG_7958
 

 

どの子も素敵なお話をいただいているのですが、中でも、この春に福島から受け入れた高齢猫の千穂ちゃん♡

 

 

推定10歳の千穂ちゃん♡ 苦労した分、幸せにならなきゃね!

 

 

 

IMG_8019

 

 

 

 

ネコバスに貼られてあった千穂のプロフィールを見て来場された方よりお話をいただいた時、二部制になっていた譲渡会の一部に参加していた私と千穂は既に帰宅の途についていて、その方と残念ながらお会いすることは出来なかったのですが、その後、スタッフから連絡先を教えて貰ってコンタクトを取ったら、是非、会いたいと言ってくださり、今週末、わざわざ我が家まで来ていただく事となりました。

 

 

とても優しそうな方で素敵なご縁に繋がれる予感がします♡

 

 

 

里親さま候補のご家族に一目惚れされた次郎君♡

 

IMG_7916

 

 

 

 

 

 

 

 

皆んな、これから幸せ街道をつき進めるよう、もう一踏ん張りだよ❣️

母ちゃんも全力を尽くすから一緒に頑張ろ〜ね♡

 

譲渡会場には、昨年、このネコ市ネコ座でご縁をいただき銀蔵の家族となったマヤちゃん母娘さんが陣中見舞いに来てくださった他、モモキキちゃんの里親さま、そして紅葉と楓丸の里親さままでが逢いに来てくださり、元気で幸せにしている猫達の様子を伺い知ることが出来て、本当に嬉しい2日間でした♬

 

保護猫達をこのような素敵なご縁に繋げてくださったネコリパブリックのスタッフの方々に感謝の気持ちでいっぱいです♡

 

 

 
#ネコ市ネコ座#ネコバス#素敵なご縁#ネコリパブリック#保護猫譲渡会#里親さま募集中#保護猫ラウンジ#みんな幸せになぁれ#素敵なご縁

幸せ掴んだ仔猫達♡

カテゴリ:11_保護猫ラウンジ

先週末の日曜日、ちから君を除いた仔猫4匹を連れて保護猫の譲渡会へ参加して来ました。

毛長のチャック君♡

甘えん坊のベリー君♡

ボブテイルな尻尾がチャーミングでちょっぴりシャイなマーブルちゃん♡

パステル三毛のお転婆娘ヴィヴィちゃん♡

譲渡会では総勢70数匹の保護猫達が飼い主となってくれる里親様との出会いを待っておりました。

さぁ、頑張ろうね♬

緊張しててもしっかりご飯はいただいております♡

開始早々から沢山の方々が猫達との出会いを求め来場してくださいました♬
そして、なんと弊社の同僚K嬢さんが二匹目の家族を探しに猫達に会いに来てくれて、パステル三毛のヴィヴィちゃんを家族の一員に迎えたいと言ってくれました(*^0^*)♡
Kさんは幼い頃からずーっと猫と一緒に暮らしてきたそうで、今、ご自身でも保護猫を一匹飼ってくださっています♡
今度の子もペットショップで買うのでは無く、辛い思いをしてきた保護猫を家族に迎えたいと、とっても嬉しい事を言ってくださいました(ToT)
そんな心優しいKさんの家族になれたらヴィヴィちゃん、幸せになれるね♡
明日、ヴィヴィちゃんは早速Kさんのお宅へとトライアルに出発します♪
その日はヴィヴィの兄妹たち全員に里親さまが決まり、どの方々も猫達の事を真剣に考えてくださる素敵なご家族さまでした。
これから、皆が無事に正式譲渡に繋がるよう、もう一踏ん張り頑張りたいと思います。
お家に帰ったらお留守番をしていた、ちから君が寂しそうに待っていました。
IMG_7546
ちから!  今度は君の番だからね♡
必ず素敵な家族をみつけてあげるから幸せになろうね♪

保護猫ラウンジが掲載されました♬

カテゴリ:11_保護猫ラウンジ

sippoに続き、toletta magに私の保護猫活動を紹介していただきました。
保護ねこが盛り沢山なため、前編と後編に分けて掲載してもらえました♡
(前編)
.
(後編)
沢山の保護猫達との体験や思い出を素敵な記事にしていただき、読んでいて目頭が熱くなりました。
保護猫の活動は色々と大変な事も多いけど、もう私の趣味活といっても良いでしょうねぇ~♬
是非、お時間ある時に見てもらえたら嬉しいです♡

今年も遂に仔猫達がやってきました~♬

カテゴリ:11_保護猫ラウンジ

今年も遂に保護猫ラウンジに仔猫達がやってきました~🎵

 

 

 

5匹の兄妹。

 

どの子も未だ400g ~800gと小さく、おそらく生後1カ月半というところでしょうか。

 

 

IMG_7023  IMG_7026

 

 

先週末に保護したのち、先ずは何時もの動物病院にて初期治療を受けさせ、皆、お腹の回虫など駆除のためしばらく入院となりました。

 

 

一匹だけ目の状態の悪かった男の子は他の兄妹の半分しか体重がなかった事から栄養状態も悪く点滴治療をうけさせることに。

 

 

IMG_7021

 

 

この子は保護する事が出来なかったら、きっと今頃は外で命を落としていたでしょう。。

本当に良かった♪

 

 

 

 

 

 

 

もう大丈夫だよ!!

 

 

IMG_7034400gの男の子♡

IMG_7038650gの男の子♡

 

IMG_7044840gの男の子♡  IMG_7041800g、パステル三毛の女の子♡

 

 

IMG_7055620gの女の子♡

 

 

 

 

 

 

 

 

君たちの事を幸せにしてくれる家族を必ず見つけてあげるからね~♪

 

 

さぁ皆、これから幸せ街道を一直線に進んでいこうなぁ~♡

 

やっと捕まえた!!

カテゴリ:11_保護猫ラウンジ

やったーーーーー!!

 

 

先週末、ようやく最後の猫を捕まえる事が出来ました!!

 

私のところに保護依頼が来て、関わり始めて約2ヵ月、ずっとずっと諦めなくて良かった。

GWも返上して頑張って来て良かった(喜)

 

 

 

異常なほどに警戒心が強かった最後の仔猫が捕まった時

もうこれで絶対に逃がさないって確信出来た時

この子を保護したいがために江東区から新宿区内の現場まで毎日通って来ていた依頼者さん。

感極まって声をあげて泣き出した(T ^ T)

ゲリラ戦法では捕まらず、敷地内に捕獲器を数日の間、設置させて欲しいと何度かホテル側と交渉したけど、あえなく撃沈。

 

 

仕方なく約2ヶ月の間、毎日捕獲器を持って現場まで来ていた依頼者さん。

彼女の努力は並大抵では無かった筈だから💦

 

 

色んな方法を試しては全て失敗に終わり。。。心折れる日もありました。

それでも絶対に諦めなかった。

この猫現場、素敵なホテルの敷地内でお洒落なレストランから丸見えな場所なだけに、数時間おきに巡回しに来る警備員さんに何度、職質を受けた事か   w

それでも、この猫を必死に保護しようとしていた私達の熱意は警備さん達にも伝わったようで、段々と応援してくれているようにさえ思えました。

 

警備員さんからはお客様にご迷惑の掛からないよう、目立たないようにやってくださいね。って    笑

そして、ついに捕獲成功!!
諦めないで頑張り続ければ、いつか必ず願いは叶うって思った猫活動でした♡
これにて新宿某ホテル保護猫活動ミッション、無事終了〜♬
黒ちゃん、依頼者のKさん、末永く幸せにね〜♡

 

幸せ掴んだモモちゃん♡

カテゴリ:11_保護猫ラウンジ

今年の2月、私の双子の妹からのSOSで、背中に傷を負っていた三毛猫を保護したのですが。
雪の日、背中に深い傷を負っていた三毛ちゃん
なんと、その後その子は妹宅の愛猫となったのでした(=^x^=)♬
妹の家では、ずーっと犬を飼っているので猫を飼うのは初めての事。

妹の愛犬         翔くん&ココちゃん♡

 

 

マンション住まいという事もあり、限られたスペースの中で犬と猫を分けて飼う事は無理だったため、猫を飼うこと自体が一大決心だったと思います。
そんな事もあり、私も知っている限りの知恵を妹夫婦に授け、なんとか無事に犬2匹、猫1匹の共同生活が出来るようになりました。

ようやく先住犬と仲良くなった三毛ちゃん

 

 

 

私が初めて飼った猫と同じ名前を付けて貰った三毛猫のモモちゃん♡
パパさんのお腹の上、大好きだそうです♡

ワンコ達に遊ばれているだけで虐めではありませーん   w

 

 

 

モモちゃん、おめでとう♡
このお家はとっても温かくて居心地の良いお家だからね。

優しいパパが大好きなんだそうです

 

 

 

ココや翔と仲良く、末長く幸せになるんだよ♡

福島シェルターからやって来た天使たち♪

カテゴリ:11_保護猫ラウンジ

先週末、遂に福島の保護猫シェルター「福猫舎」から第一便の猫たちがやってきました♬
先ずは三毛猫の「渚ちゃん」推定8歳。
同じく三毛猫の「茜ちゃん」推定10歳。
2匹とも猫エイズキャリアさんですが、入院先の動物病院での健康診断の結果はとても良好だったので、安心して里親さま方にお願いする事が出来ます。

渚ちゃんは歯の状態が悪かったのでスケーリングをしてもらいました。

茜ちゃんは口腔内の状態が悪くて、既に歯が一本もありませんね。
それでも2匹共、とても人懐こくてて可愛いです♡
猫達を受け入れる際、福猫舎の管理人さんからは1匹1匹に対して心のこもった丁寧なプロフィールと必要な医療処置、食べていたフード等の詳細を託されたので、それを参考に今後の生活に役立てたいと思います。
渚ちゃんは昨夜、温かく迎えてくださる里親さまの元へと巣立って行きました。
茜ちゃんは今夜、預かり先のお友達のお家へ参ります♡
今週以降も第2便、第3便と順に福島から保護猫達の受け入れを予定しています。
被災地で辛い思いをしてきたこの猫達の今後の猫生が豊かで幸せなものになれるよう、皆と協力していきたいと思います。
渚ちゃん達の幸せそうな近況はまたのお楽しみに♡

星になった吉爺さん

カテゴリ:11_保護猫ラウンジ

慢性腎不全を患っていた老猫の吉爺さんが先週末から危篤状態になってしまい、最期は仲良くしていたキジ猫のカツコも見守る中、天国へ召されました。

仲良しのカツコ(左)と吉爺(右)

四ツ谷に会社の社屋があった頃、JR四ツ谷駅から会社までの通勤途中5分ほど歩いたところに廃校となった小学校がありました。
そこには吉爺を始め、何匹もの地域猫たちが新宿区保健所の管理下の元、保護猫ボランティアのお世話になりながら暮らしていました。
IMG_0127
ところが東京オリンピック開催が決まった事を発端に、四ツ谷の駅前も大々的に再開発工事が開始される事となり、吉爺たちの住処だった小学校も取り壊される事が決定してしまい。。。
長い間、人からご飯を貰って生きながらえていた猫達、住処が無くなってしまったらどうやって生きていけばよいの。
ボランティア同士で話し合ったけれど、その頃で総勢7匹いた野良猫たちを簡単に家に引き取れる人はいませんでした。
我が家に猫小屋一号棟を建てたのが、ちょうどこの時でした。
建てた猫小屋に吉爺を含め3匹を保護しました。   他の猫たちもそれぞれ保護され引き取られていきました。
我が家に来て丸4年、その間、吉爺は心穏やかに居心地良く暮らせたかなぁ。。
2年前に外の猫小屋から母屋の和室に宿替えし(昇格)、吉ちゃんとしては不本意だったかもしれないけど去年の夏にTV出演も果たし(笑)
最期まで触れる事が出来なかった吉じぃだったから大したことはしてあげられなかったけれど、心から冥福を祈ります。
吉じい、どうか安らかに。

被災地シェルターの多党崩壊

カテゴリ:11_保護猫ラウンジ

先月、福島県飯館村に有る保護猫シェルター「福猫舎」で、なんとも悲しい多頭崩壊事件が起きてしまった事を知り、その場に保護されている猫達を救うため沢山の方々がSNSで助けを求めていました。
その記事内容です
   ↓
上の記事にもあるように8年前に起きた東日本大震災で甚大な被害を被った福島県。
東京電力の福島第一原発で起こった水素爆発の影響で放射能汚染が広い範囲に渡り福島県の人々は住む家を追われ。。。。。
政府の非情な決定により、飼い主と同行避難を許可されず置き去りにされてしまった沢山の動物達。
食べる物もなく、ほとんどの動物たちが飢え苦しみ餓死してしまうという余りにも悲惨な出来事。
それでもわずかに生き残った動物達を救おうと被災地へ赴き、必死に給餌活動をされていた福猫舎の管理人さん達。
あれから8年、被災地における動物達の状況は良くなるどころか悪くなる一方らしく、終わりの見えない保護活動に疲弊し心を病んでしまい、こんな悲しい結末になってしまったのではないかと。。。
 私自身も友人ボランティアに同行して何度か福島県内へ給餌ボランティアへ赴いた事もあり、それがご縁で後に福猫舎から何匹もの保護猫を受け入れた事もありました。
今回の福猫舎の窮地を救おうと沢山のボランティアの方々が保護猫達の受け入れを希望してくださっているようです。
私も微力ながら友人達の協力を得て、数匹の命を救い出し東京へ連れてこようと思っています。

猫の繁殖期到来。。。

カテゴリ:11_保護猫ラウンジ

保護猫ラウンジ管理人の五十嵐です。

 

 

2月に入ってから天気の良い週末は毎週のように野良猫のTNR活動をしている私です。

何故なら、猫に限らずでしょうが動物たちは春の繁殖期に入っているからです。

 

夜、街中や家の近所などで猫の盛りのついた鳴き声を聞いた事はありませんか。。。。。。?
そう、まるで赤ん坊のような泣き声・・・・・・・

猫の交尾による懐妊率はほぼ100% 。 3ヵ月もすれば一匹の雌猫から5~6匹の赤ちゃん猫が産まれてしまいます。
そして年間に3回も妊娠を繰り返し、あれよあれよとねずみ算式に猫の数が増えていきます。

きちんと管理してくれる飼い主さんが居れば良いですよ。

でも外に住んでる野良猫に飼い主は居ませんよね。

 

だから今の時期、厳しい外での暮らしを余儀なくしなきゃならない野良猫達には、しっかりと不妊手術を施し繁殖制限をしなきゃならないのです。

2週連続で友人ボランティアが抱えているT区内の猫現場に行きました。

 

そこには強烈な高齢者が住んでいて、家の周りで野良猫を繁殖させ不妊手術をさせないよう妨害をしてくるらしいのです。

どんな家かとリサーチすると、大都会のど真ん中に昭和の戦後を思い起こさせるような、まるで廃墟のような佇まい。。。

これは想像以上にやっかいだなぁ・・・・・

 

 

なので、その爺さんが寝ている隙を狙って活動しようという事になり、夜中からの捕獲作業となりました。

一週目はその作戦が功を奏して直ぐに3匹の野良猫を捕まえる事が出来たのですか、先週末は猫が居なくなったのに気付いたのか、
その家人が真夜中にいきなり家から出て来て、家の周りに水を撒くという思いもよらぬアクシデントが・・ψ(`∇´)ψ

家の周りには捕獲器を何台も仕込んであったので。。。。。見つかったら大変な騒ぎになる。。。もう絶体絶命だぁ💦
一瞬、凍りました。。。

 

猫神様が我らに味方してくださったのか。。。。間一髪で捕獲器は爺さんに発見されず     超~ラッキーーーー♡

 

 

気を取り直し・・・小一時間待ってから捕獲を再開し、明け方までに2匹の猫を捕まえる事が出来ました。

 

1匹目

IMG_5519

 

 

 

 

 

 

 

 

2匹目

IMG_5631

 

 

 

2匹ともメス猫でした。

 

先週末に捕まえた3匹の猫達も内2匹がメス猫で既に妊娠していました。 5匹中4匹がメス猫。

こんな状態をこのまま放置していたら大変な事になっていたので、未然に防げて本当に良かったです。

ですが見たところ未手術の野良猫は未だ居るようだったので、取りこぼしの無いよう引き続き頑張りたいと思います。

 

 

家路についた頃にはすでに空が明るくなりかけていました。  中々スリリングな夜でした わ  w

PAGE TOP

PAGE TOP