公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. 13_コピーライターにおれはなる

公募ブログ

調布駅で目を奪われた広告・キャッチコピー(日能研)

先日、深大寺に行くために調布駅で電車からバスに乗り換えたんですが、その際に「!?」と目を奪われた広告がこちら。

 


日能研「小学生のみの中学受験塾。」

日能研「小学生のみの中学受験塾。」


「中学受験」のための塾なら、対象が「小学生」だけなのは当たり前じゃん…(すわ進次郎ポエムか?)と思ったのですが、これを書いたコピーライターさんに真意を聞いてみたい。

 

二度見三度見をして、写真まで撮り、かつ社員ブログという手段でネットの海に(頼まれてもいないのに)拡散を試みようとさせられてしまうだけのパワーがある広告と言えばそうなのかもしれないが。

 

ただ、これが知名度まだまだこれからの新進気鋭の塾がこういう手段をとるのならまだわかるが、天下の日能研さんがこんな攻めたコピーを出してくるというのは意外というか。
(人によっては、これを見て「日能研さん大丈夫か?!」と感じてもおかしくないくらいエッヂが立っている)

 

普通に書いたら……
 

「日能研は中学受験専門の塾です。」

 

的なコピーになると思うけど、それだとブナンすぎて誰に心にも引っかからない、普通の広告になってしまう?など。

 

コピーって奥深いですね…

 
 
※もしかして…氏くんの仕事だったりする?!
【厳選】「 #あたりまえポエム 」厳選ポエムまとめ集!当たり前なのに少しの感動と爆笑!
https://matomame.jp/user/mixmio/b4cb06acc7d8d30ae1ae

行ってきました!ところざわさくらタウン

カテゴリ:13_ステキなデザイン、ささる広告企画

前々から「行ってみたいな」「でも遠いしな」「興味あるイベントがある時に訪れよう」と思い続けていた、ところざわさくらタウン。みんな大好きKADOKAWAさんと所沢市が、クールジャパンの総本山をめざして建造した一大施設です。

とある打ち合わせがあったため30分ほど早めに訪問し、施設内を歩き回ってみました。

 

 

image_50381569
 

 

この巨大な岩石のような建物が『角川武蔵野ミュージアム』で、それ自体がアート作品としても成立しているカッコよさ!さすがは隈研吾さんの設計です。2020年の紅白歌合戦に初出場となったYOASOBIが「夜を駆ける」をパフォーマンスしたのも、この中の『本棚劇場』とのこと。ミュージアム内を見学してみようと思ったのですが、この日はなんと休館日!第1・3・5火曜日と、月に3度しかないはすなのに、なんという不運!

 

 

image_50421249

敷地内にはなんと神社も建てられており、こちらも同じく隈研吾さん設計とのこと。『武蔵野坐令和神社』という名前なのですが、これ読めますかね?「むさしのにます うるわしき やまとの みやしろ」と読むのが正しいそう。そうか、「令和」と書いて「うるわしきやまと」なのか。命名は、まさにその「令和」という元号を考案した中西進博士とのこと。

御朱印帳などいただきたかったのですが、こちらもなんと月3日あるお休みの日。残念…。

 

image_50368257

社殿にはファイナルファンタジーでおなじみ天野喜孝さんの天井画が。ぜひじっくり見たかった……。ほかにも「ラーメンWalkerキッチン」などお休みの店ばかり。コンビニすらCLOSEDでした。なんて日に行ってしまったのだ!

 

image_67196161

無事に打ち合わせが終わった後、急いで帰路につく駅までの道すがら、KADOKAWAさんにゆかりあるキャラクターがデザインされたマンホールがあちこちに。エヴァンゲリオンの綾波レイとアスカのマンホールなど、豪の者が重機を持ち出して盗まれたりなどしそうですね!大丈夫かな。

 

image_67203329
 

こちらは『ロードス島戦記』のディード。我が国における「ファンタジー作品におけるエルフのヴィジュアルイメージの先駆となった(wikipediaより)」とされる、偉大なヒロインですよね。しかし市内にこういうキャラクターマンホールどれくらいあるんでしょうね?すごそう。

(番外編) 城田優さん演出・主演のミュージカル『カーテンズ』を観に行きました

カテゴリ:13_ステキなデザイン、ささる広告企画

東京国際フォーラムCホールで行われていた東京公演、最終日前日・夜の部を観てきました。もともと「ミュージカルってどうなの?」「なぜ演じながら歌いだすの?」と思っていた時期もありましたが、大学時代に帝劇で観た『レ・ミゼラブル』で目が開きました。なるほど、こういうことだったのね、と。それ以来ミュージカルも楽しめる身体になりました。

 

 

つまりミュージカルは、ストーリーや演技だけでなく、歌唱をコンサートやライブのように音楽としても楽しめばよいのですが……今回の『カーテンズ』については初見であり、かつ閉鎖空間で殺人事件が次々に起こるミステリー進行なので、「誰が?」「なぜ?」とそっちが気になってしょうがない。つまり歌唱パートで「歌はいいから早くストーリーを進行してくれ……」と思ってしまう始末。これではミュージカルの意味がない。

 

思えば今まで観てきた『レ・ミゼラブル』や『ロミオとジュリエット』などのミュージカルは、ストーリーやキャラクターなどは既知のものとして把握しているので、純粋に歌唱パートをコンサートとして楽しめていたのに対し、今回はハラハラドキドキさせるストーリーゆえ、歌唱パートに集中できない(むしろ省いてくれていいとすら)という本末転倒を起こしてしまったのだなと。

 

これも一つの経験ですが、ミュージカルはストーリーやキャラをある程度知ったうえで観たほうがいいのかも?と感じた出来事でした。

横尾忠則さんデザインの御朱印帳(埼玉・川口の氷川神社)

実は遅まきながら御朱印集めも始めようと思い立ちまして、2020年のコロナ直前から城巡りはしているのですが(思い立ってすぐまん防や緊急事態宣言が発出され、なかなか旅には行けなくなってしまいましたが……)、それで各地を訪れたのなら同時に神社にもお参りすればいいのでは?となり。

 

であれば御朱印帳も必要になるのですが、各神社さんごとにいろんなデザインのものがあるので選ぶのも楽しいですよね。そこで今回いただいたのがこちら。横尾忠則さんがデザインされた、川口の氷川神社さんの御朱印帳です。

 

氷川神社×横尾忠則さんの御朱印帳

川口・氷川神社×横尾忠則さんの御朱印帳

氷川神社はスサノオノミコトを祭神とし、東京・埼玉を中心に約280社あるとのこと。総本社は大宮に鎮座されているのですが(大宮という地名も、こちらの神社が由来)、川口市の氷川神社さんが稀代のアーティスト・横尾忠則さんとコラボし御朱印帳を頒布されているとのこと。いやあ、、、めっちゃかっこよい。

 

ところがいつ行ってもいただけるわけではなく、月に1回、毎月15日しかチャンスはないのです。しかも100冊限定。ということで行ってきました。朝8時から京浜東北線・西川口駅まで。眠い目をこすりこすり参拝しましたが、朝8時の時点ではだいぶ余裕を持っていただくことができました。よかった……。その日の仕事がはかどったのは言うまでもありません

(番外編) 姪と甥にあげた絵本

カテゴリ:13_ステキなデザイン、ささる広告企画

新型ウイルスの影響でなかなか実家に帰る頻度も前通りとはいかず、この年末年始は久々に妹夫婦らと併せて一堂に会することができました。姪甥ともかなり久しぶりだったのですが、お年玉と合わせて絵本もプレゼントしたのですが、それがこちら。

 

FJTKrfMUcAgk1od

 

姪ちゃんは小6にも関わらず、もう恩田陸さんなども読み始めているらしく…「(学校の勉強と違って)人生は答えのない課題に取り組むことの方が多いのだ」というメッセージを込めて、ポプラ社さんの『どう解く』シリーズを選んでみました。
https://www.poplar.co.jp/pr/doutoku/
(「道徳」と「どう解く」がかかってるの、めっちゃ慧眼ですよね…)

 

小1の甥ちゃんにはヨシタケシンスケさんの『ころべばいいのに』を。これも一見ネガティブな感情もただ否定するのではなく、人間ってそういうもの、それでいい(清濁併せ呑む)というメッセージを込めてみました。

 

弊社編集長S氏にも見てもらったんですが「説教くさい選書だよね」とのこと。。。独りよがりすぎたか。

 
※あ、久々に大河ドラマ見始めてるのですが、今期の『鎌倉殿』面白いですよね。追っていこうと思います。

(54)マイクロマジックはありまぁす! ※広告事例としての「ハライチのターン」

カテゴリ:13_ステキなデザイン、ささる広告企画

どうも、宮です。1年ほど前からTBSラジオの『ハライチのターン』もよく聴いているのですが、2人のトークが面白いのはもちろんのこと、最近の大塚食品さんの件をはじめ広告事例としても秀逸で。業界の人でこのあたりをうまくまとめてる人がいそうなのに、案外いらっしゃらない?という事で隗より始めてみようと思います。
 
発端は「どのフライドポテトが美味しいか?」というトークで、以下、時系列で記載していきます。

 
 

#255【起】「1番おいしいフライドポテトとは?」(2021.8.12放送)

ひょんなきっかけから「好きなフライドポテト」の話題になり、思い出補正もありつつ高校生の時に埼玉県の水上公園で食べたフライドポテトやミニストップのエックスポテトの美味しさについて語りだす岩井さん。
 
その中で『マイクロマジック』という、レンチンフライドポテトに展開する。


 
 

#256【承】「マイクロマジックが全然売ってない!?」(2021.8.19放送)

先週の放送で岩井さんが「マイクロマジックを食べながら放送したい」と言っていたにもかかわらず、収録時に用意されていないことに対して激高。しかしスタッフは忘れていたわけではなく「探し回ったのに全然見つからなかった」ということで、今後の盛り上がりの伏線が敷かれました。そう、マイクロマジックはなかなか売っていないんです…。
 
さらに、マイクロマジックの販売元である『大塚食品』の担当者さんからも一通のメールが。なんでも「マイクロマジックが見つからない」「どこ (さらに…)

(53)【冬休み直前】中高生向けコンテスト特集を作っています

カテゴリ:13_ステキなデザイン、ささる広告企画

『月刊公募ガイド』『公募ガイドONLINE』を日々ご覧いただいている皆さまは(うすうす?)ご存じかもしれませんが、コンテストは年間通して日々募集されていますがそれでもやっぱり開催の多い時期・そうでもない時期はあります。

 

4.公募の分布1:締切月別
https://www.koubo.co.jp/company/tsubo/1843


0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e

 

過去に上記のようなレポートを公表させていただいたこともありますが、(4月を底として)9月と1月に2つの〆切の山があることが見て取れます。

 

言わすもがな、9月は「夏休み」明けで1月は「冬休み」明けであると。つまりこういう長期休暇はやはりまとまった時間を取っていただきやすく、創作に取り組んでいただきやすい…という主催者の意図が見て取れます。

 

学校にとっても同様で、夏休み・冬休み中に生徒さんの課題として取り組んでいただくケースも多いのではないでしょうか。

 

という訳で公募ガイドでもそういったニーズにお応えするべく、生徒さん向けのおすすめコンテストをまとめて特集させていただいています。

 

【冬休み直前】中高生向けコンテスト冊子


先日刷り上げってきた冊子がこちら!


 

今回は先生向け・生徒さん向けで分冊になっていますので、教師の皆様におかれましてはぜひ生徒さん向けをコピーして配布いただければ幸いでございます。

もちろんweb版も用意していますので、こちらもご覧ください。

 


 

(冊子ではページ数が限ら掲載数に限界がありますが、webにはより多くの中高生向けコンテストが掲載されています。ぜひ!)

(番外編)緊急事態再々宣言と「佐藤可士和展」

カテゴリ:13_ステキなデザイン、ささる広告企画

皆さんご存じの通り、東京都は4/25(日)からみたび緊急事態宣言が発出されましたね。期間は5/11(火)まで…ということで「ゴールデンウィークは絶対遊びに行くんじゃねえぞ?」という強いメッセージを感じます。

 



 
ジブンも「4/30(金)を有給休暇にして7連休だぜ!」などと旅行の計画を立てていたのですが(初の淡路島上陸を楽しみにしてました)、再宣言となればさすがにこの時期にそういうわけにもいかず。ステイホーム&せいぜいご近所の行動範囲にすべきと相成りました。無念。

 

~~~~~~~

 

無念といえば、先日hanaさんも書いていた新国立美術館での「佐藤可士和展」も、予約していたのに急きょ閉幕となり。佐藤可士和好きとしては後悔しかありません。こういう会期モノは、予約するにしても早めのスケジュールを押さえないと…と痛感しています。

 

ほかにも6月に行く予定の、大人計画、ヨーロッパ企画や帝劇での「レ・ミゼラブル」など、せっかくゲットした舞台チケットも藻屑になってしまうかも?とハラハラしています(先日観られた劇団新感線も、大阪公演は千秋楽を目前に中止になってしまったとの事)。

 

その時までには収まっててくれ…。個人的にはオリンピックの開催よりも、これらが気になってしょうがありません。

 

緊急事態宣言が出ているエリアにお住まいの皆さんは、ゴールデンウィーク期間はステイホームで何とか乗り切りましょう!

jitakutaiki_stayhome

(番外編)たまたま気づいたけれども

hokensyou
季節の変わり目だからか、ガクッと体調を崩してしまいました。頭痛と関節痛とノド痛があり、これはいつもなら明らかに熱が出たときに出る症状なのですが、今回はなぜか熱だけがない。1日だけなら様子を見るか、で済むのですが2・3日たっても治らないため病院に行ってきました。

 

念のため新型コロナウイルスの検査もしましょう、となり…「もし陽性だったらどうしよう?!」とかなり心配でしたが無事に陰性の判断となりました(同時に検査したインフルエンザも陰性)。とはいえ2日間は自宅療養にするように、との指示で安静にしています。

 

会計後にもらった処方箋を眺めながら薬局へ向かうと、たまたま目に入った保険の区分が「被扶養者」と表示されており、え?ジブンっていつの間にか誰かに扶養してもらってたの???????と軽く混乱。急ぎ病院の窓口に引き返して確認したところ「被保険者」で正しかったようで。普段こういう細かいところまで見たことがなかったのに、今回たまたま気づいたのですが、もらいっぱなしではなく、ちゃんと確認しないとダメなんだろうなと思いましたとさ。

1 / 1212345...10...最後 »

PAGE TOP

PAGE TOP