公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. 99_No 〇〇, No life なはなし。

公募ブログ

No guitar, No Life なはなし その2

カテゴリ:99_No 〇〇, No life なはなし。

前々回のエントリーで書いていたMUTEKが開催されましたが、予定通り行けませんでした。
今から15年以上前の学生時代は週に3日以上はどかしらでライブを見ているか出ていたのですが、家庭を持つとなかなかそうもいかないです。

 

 

学生時代の私はバンドを組んでおり、私はギターを弾いていました。
その当時から使っていたのが前回のエントリーに出てきたPRSのCustum 1stになりますが
アンプはLine6 のPOD Proをプリアンプとして使っていました。

(さらに…)

No guitar, No Life なはなし

カテゴリ:99_No 〇〇, No life なはなし。

昨日より弊社が四谷坂町から芝公園に移転となりました。
私は7月に入ったばかりで四谷坂町には慣れてきたところで早くもお別れ。
もう少し美味しそうなお店の開拓しておけばよかったです。

 

前回は音楽関連の話題でしたが、若干その続きです。

 

私は高校くらいからギターを始めて、初めて自分のギターを手に入れてからは20年くらいが経過しましたが
現在のメインは大学の頃に2年ローンを組んで毎月必死にバイトして買った Paul Reed Smith (PRS)というメーカーのものです。

 

見た目は写真とほぼ同じですが、私のはピックアップが2ハムでピックアップのセレクタがロータリースイッチのものです。

 

PRSを使う有名なギタリストといえばカルロス・サンタナが代名詞でしたが
買った当時はやっていたラウド系のバンドとかが使いだすようになったことで、日本でもだいぶ流行りました。

 

今は安価なラインもありますが、PRSは職人が一本ずつ手作業で生み出す高級ギターの代名詞。
木目の美しさありますが、ボディのアーチドトップや塗装の美しさも非常に目を引きます。

 

私はIT系の仕事をやってきている人間なので、先進的なテクノロジーには非常に興味はありますが
経験を基に言葉では説明しきれないところを形にしていく
こういった職人の仕事というのにも密かな憧れがあります。

 

しかし今後は、そういった経験や感でしか成しえなかった事も徐々にITに吸収されるのかもしれません。
技術継承の問題を改善するといった側面にもなり得るのかもしれませんが、人の手で直接受け継がれる技術っていうのも残ってほしいものです。

No Live, No Life なはなし

カテゴリ:99_No 〇〇, No life なはなし。

11月3日~5日の3日間、日本科学未来館で実施される電子音楽の祭典”MUTEK”。
自分は家の用事があり行けないのが既に確定していますが、素晴らしいメンツです。
mutek

 

個人的に今回のメンツの中で特に見たいのは”monolake”ことRobert Henke
DTMをやっている方なら使ったことある人も多い”Ableton Live”の生みの親としても知られています。

 

(さらに…)

続・No トラックボール, No life なはなし

カテゴリ:99_No 〇〇, No life なはなし。

このブログの最初のエントリーではトラックボールをネタにしていましたが
かれこれ5~6年以上は使ってきたLogicoolのマーブルからついに乗り換えました。

 

Logicool のマーブルでは割り当てたボタン+トラックボールをぐりぐりでスクロールが出来るものではあったのですが
これがなかなか操作性が悪く、スクロールする際にはスクロールバーを掴んでみたりキーボードでスクロールしたりと
不便を抱えていました。
それならスクロールホイールがあるやつにさっさと変えればよかったのですが、
なかなか私の条件を満たすものが無い。

 

条件その①:人差し指操作タイプであること

条件その②:有線タイプであること

 

普段頻繁に持ち運ぶわけでは無いので有線がいいのですが、割と無線が多いんですよね。
そもそもトラックボールってマウスみたいにそんなに場所を動か (さらに…)

No phpStorm, No life なはなし。

カテゴリ:99_No 〇〇, No life なはなし。

前の職場も含めて私の仕事はプログラムの開発や修正といったものが多いのですが
プログラマーの人は道具にこだわる人が多いです。
その中でもよく議論になるのが「エディター」。

 
私の場合、職場で使うWindowsマシンではこれまで「NoEditor」と呼ばれる割とマイナー?なエディタを使っていました。
シンタックスハイライトやコードの補完など、プログラムを書く上で最低限欲しい機能は備わっていて
grepでディレクトリ内のすべてのファイルを対象に正規表現で検索、といった事も出来たり。

 
エディタなので起動も早いからストレスを感じずに使えるところは最重要項目です。

 
しかし世間では日に日に新たなツールが生まれており、
IDEが主流と言われたり、豊富なカスタマイズができるSublimeTextが流行ったりと
若干置いていかれてる感も否めない、そう感じておりました。

 
そしてここにきて「NoEditor」に別れを告げなくてはいけない、決定的な事実に直面したのです。

 
(さらに…)

No Trello, No life なはなし。

カテゴリ:99_No 〇〇, No life なはなし。

本日、ようやく以前からひそかに進めていた公募ガイドonlineの新機能が公開になりました!
ぜひ会員になって便利な機能を使っていただきたいです。
さてサイトの色々な機能追加や変更のアイデアは
日々のちょっとした思い付きや普段から不便に感じていることから生まれます。

 

そのための資料を作ったりする前に
日々サイトを見ていて気になる点などをメモったり
それをチーム内の他の人とも共有したり
これはやったとかやってないとかを仕分けたり。

 

そういったことをするために Trello というタスク管理ツール?的なものを使っています。
(さらに…)

No Music, No life なはなし。

カテゴリ:99_No 〇〇, No life なはなし。

前回のエントリでもちらっと書いていましたが、10数年以上前には音楽活動をやっていました。
いまは聞く専門ですが、当時はそれなりに本気で音楽で食っていこうなどと考えていました。

 

当時は何かの公募やコンテストに応募する、
という発想がなかったし受けたことも無く
ひたすら色んなライブハウスやイベントに出て人脈を作って、デモテープ作って配って(当時はギリギリ、カセットテープも生きてました)
そんな感じでやっていました。

 

公募ガイドに入社することになり、音楽系の公募ってあるのかな?
と調べてみましたが、あまり無いようですね。。

 

先日、お客様からのお問い合わせでも「音楽系のコンテストってあまりないのですか?」といったご質問を承っていましたが
音楽関連のコンテストの情報など、もっとたくさん発信ができて
新しい才能が出てくるお手伝いが出来たらいいな、と思いながら仕事をしています。

 

(さらに…)

No トラックボール、No life なはなし。

カテゴリ:99_No 〇〇, No life なはなし。

はじめまして。
webシステムのエンジニアとして公募ガイドのメンバーに加わりました、鈴木と申します。

 

持ち回りでブログを書いているということで、
僭越ながら自分の好きなもの・ことを切り口に
普段考えてることなどを書かせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

私はSEということでPCに向かっての仕事がメインなのですが
キーボードやマウスなどは自前のものを持ってきています。
ほかのプログラマやSEの人なども、自前で好きなものを持ってきたいという人は多いと思いますが
入社早々、マウスのことでいじられたので、今日はそんなことを書いてみようかと思います。
(さらに…)

4 / 41234

PAGE TOP

PAGE TOP