公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. 02_そうだ、応募しよう。

公募ブログ

恒例行事。

カテゴリ:02_そうだ、応募しよう。

どーも、さわっちょです。

 

年末年始に向け、雑誌の進行が
超絶過密になってきました。
3号同時に制作しているんです。

 

1月号の取材先を検討した次の日に
2月号の企画を考え、その翌週には
3月号のラフを作るという無茶進行。

 

体よりも先に脳が疲れてきました。
1時間で3時間分の睡眠効果がある枕がほしい。
あるいは、時間よ止まれ。

 

澤田

2022年の新卒サイトがオープンしました!

カテゴリ:02_そうだ、応募しよう。

どーも、さわっちょです。

 

今年も新卒採用の時期が来ました。
手始めにサイトをオープンしましたー!
https://www.koubo.co.jp/recruit2022/
来月からはインターンシップも開催する予定です。

 

今年の4月に入社した新卒第1期生は、
コロナで特別大変な社会人一年目になってしまいましたが、
毎日必死に、でも楽しそうに働いています。
彼女たちを見ていると、新卒採用をしてよかったと、
心から思います。

 

彼女たちが日々どんな仕事をして、何を感じているか、
新卒サイトに対談の模様を掲載する予定です。
楽しみにお待ちください!

 

学生の皆さん、早くお会いしたいです。
できれば直に会って、たくさん質問してもらいたいです。
コロナだけど、がんばれ~!

 

澤田

健康診断。

カテゴリ:02_そうだ、応募しよう。

どーも、さわっちょです。

 

健康診断の結果が返ってきました。
不規則な生活を規則的に送っているわりには健康そのものだもんで、
何の気なしに封を開けたら、やはりすべて「A」。
と思ったら、「C」が一つ。
肝血管腫疑い。

 

なんじゃこりゃあ!と調べてみたらよくある症状みたいですね。
不安になって損したので、息子にも損をさせてやろうと、
「わたし、肝臓の病気かもしれない…」
と深刻な顔で言ったら、YouTubeから目も離さず、
「じゃあ、コールドスリープしたらいいよ」
と言われました。
冷凍保存? 肝臓だけ?
そんなことできるかしら?

 

ってか、心配せーよ。

 

澤田

出社しています。

カテゴリ:02_そうだ、応募しよう。

どーも、さわっちょです。

 

完全リモートが解除になり、毎日出社しています。
やっぱり、会って話すのが一番早い。
相手がどういう状況かも一目で、なんだったら空気でわかるし、
こちらの緊急度や真剣度も伝わりやすい。

 

通勤時間がもったいないという話も聞きますが、
私にとっては唯一ひとりになれる時間。
子どもからも仕事からも解放され、
一日の予定を立てたり、勉強したり、本を読んだり。
プチパニックに陥りやすい自分にとって
心を平静に保つための大切な時間です。

 

それに、なんといっても、会社のそばには
立派な東京タワーがあるのです。
赤と白の巨大なタワーが青空にそびえ立つ姿を見たら、
テンションが上がらないわけがない!

 

というわけで今日も出社しています。

 

澤田

自分たちに合ったやり方。

カテゴリ:02_そうだ、応募しよう。

どーも、さわっちょです。

 

先日久しぶりに編集チーム全員そろって会議を開きました。
やっぱり会って話すとアイデアが広がりますね。

 

オンラインだと、とりあえず決めて進めなきゃ、
という気持ちにせき立てられるので、
サクサク進みはしますが、広げたり深めたりが難しい。

 

一方、会うと雑談も含めて広がったり深まったりして、
時間はかかるけど、納得のいくところまで持っていける。

 

なにより、企画の土台となる、誰に向けて何をするか、
というところをしっかり議論できるので、
そのあとの工程で迷わずにすむ。

 

9月号から毎号ひとつ、新しいことにチャレンジしています。
個人もチームも成長するときだと思っています。

 

雑誌の作り方においても、オンラインとリアルを組み合わせて、
自分たちに一番しっくりくるやり方を見つけられたらと思います。

 

澤田

公募ガイドの改善案。

カテゴリ:02_そうだ、応募しよう。

どーも、さわっちょです。

 

どうしたら、もっと公募ガイドが面白くなるか?
まだ気づいていない公募ガイドの可能性ってなんだろう?

 

そんなことを一日中考えているので、
息子も見かねて手伝ってくれるようになりました。

 

とくに9月号を熱心に読んだみたいで、
「公募ガイド、面白いよ」
と言ってもらえました。
そして、「オレの考えたアイデア」と言って、
こんなメモをくれました。

 

KIMG1434

 

小学生からの大変貴重なアドバイスとして、
手帳に大事にしまっています。

 

澤田

さよなら、なかじー。

カテゴリ:02_そうだ、応募しよう。

どーも、さわっちょです。

 

毎日夕方になるとお菓子をくれたなかじーが、
昨日、惜しまれながら退職しました。
そして、置き土産として巨大な鳩サブレー缶が
リフレッシュスペースに。
最後まで私たちのおやつを気にしてくれて、ありがとう。

 

誰よりもめいっぱい食べてやろうと蓋を開けると、
ムキャー! 紙のかわいいコースターが入っていました。

 

KIMG1413

 

見れば見るほど癒やされる。
なかじーの形見として大事に使おう。

 

澤田

史上最多。

カテゴリ:02_そうだ、応募しよう。

どーも、さわっちょです。

 

編集チームに新卒いづみんが加わり、
公募ガイド史上最多の4人で雑誌を作っています。

 

私と副編集長の2人だった時期も決して短くはなく、
それを思うと感無量です。

 

アイデア出しの場では、2人より3人、
3人より4人のほうが確実に広がりがあり、
深さも出ている気がします。
きっと発言もしやすいはず。

 

いままで躊躇していたことも、
肯定の数が増えることで、やってみるか!
となりそうです。

 

忙しいけど、楽しい。
このチームで面白いことをガンガンやって
いけたらなあ、とか思ってます。

 

澤田

OJT。

カテゴリ:02_そうだ、応募しよう。

どーも、さわっちょです。

 

ここ1ヶ月ほど、新卒2人のOJTとして
冊子を一緒に作っています。
タイトルや中身はもちろん、
読み手に届ける方法まで、
行ったり来たりしながらゼロから生み出しています。

 

素直で一生懸命な2人と仕事をするのは
とっても楽しいです。
高校生の頃、学校で2泊3日の合宿をした、
あのワイワイ感がよみがえります。
正式にメディア部に来てくれる日が待ち遠しい。

 

自分と異なる年齢、異なる好み、異なる考え方を
積極的に受け入れて、
新しいものをみんなで作っていけたらなと思います。

 

澤田

同じ空間を共有する。

カテゴリ:02_そうだ、応募しよう。

どーも、さわっちょです。

 

息子の学校が始まりました。
最初の1週間は午前と午後に分けて分散登校をするようで、
行ったと思ったらすぐ帰ってきます。
それでも、「楽しかった!」という元気な言葉を聞くと、
友だちと過ごす時間の大切さを実感します。

 

会社のメンバーは友だちではないけれど、大事な仲間。
久しぶりに会うとやっぱり楽しいです。
会話をしなくても、同じ空間を共有するだけで、
安心感があります。

 

一方、オンラインでは毎日のように顔を見ているのに、
1ミリも一緒にいる気がしません。
情報伝達はできても、同じ空気を纏うことはできない。

 

近々オンライン講座を開催します。
画面を通して初めて会うメンバーが、
どれだけ同じ空間にいると感じられるか。
どれだけ熱気を共有できるか。
そこが大事なような気がします。

 

澤田

1 / 1212345...10...最後 »

PAGE TOP

PAGE TOP