公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. 25_RabbitHole

公募ブログ

どうやって、なにを

カテゴリ:25_RabbitHole

最近youtubeでゲーム実況動画を観るのにはまっています。
私の好きなバンドのメンバーが動画投稿をはじめたのを知り
そこからいろいろと観るようになりました。
どうやらこのコロナ禍でチャンネル開設する人が増えたようです。
 
公式なライブやファンミーティングが生配信で行われることもあり
新しい生活様式が受け入れられていくのを感じますね。
 
人出の多い場所への外出を控えるようになり(元々それほど出ませんが)、
仕事面でもリモートワークがはじまったり、
今までより殺菌や消毒に敏感になったりして
ゆっくりゆっくり私の生活も変わりました。
 
今年は「どうやって生きるか」「なにを選んでいくか」ということを
たくさん考えた一年になったなぁ、と思います。
動かなければ何も変わらないということを改めて実感した年でもありました。
 
……なんだか今年の締めみたいになってしまいましたが
まだ2020年もあと1ヵ月ありますからね!
やりたいことはたくさんあるので残り1ヵ月もがんばろう。

iPad Air

カテゴリ:25_RabbitHole

前回の日記でiPad Airはまだか? という話をしましたが
あの少しあとに予約が開始され、すぐローズゴールドを買いました~!
せっかくなのでApple Pencilも買いました。
iPadがほしかった最大の理由は「お金を使いたかった」なんですけど笑、
使ってみたいノートアプリがあったんですよね。
 
システムの設計やら、コードの確認やら、頭の中を整理するのに
図とかを書きながらじゃないとうまくできなくて
紙のノートをこれでもかというほど消費してきたのですが、
もういい加減デジタルに移行してやるという気持ち。
ちなみにgoodnotes5というアプリです。980円です。
 
ついでにprocreateというお絵描きアプリも買いました。
1220円だったかな。
たくさん絵を描こうと思います。全然うまくないんですけどね。
 
最近、ソシャゲ課金で欲を満たしていたので
久しぶりに良い感じに消費ができて満足しました。

物欲というか購買欲というか

カテゴリ:25_RabbitHole

いくらインドアで引きこもりで根暗といっても
ここまで行動を制限されつづけるとさすがにストレスがたまる。
ストレスがたまるとお金をつかいたくなる。
 
そこで新しいiPad Air発売です。
ちょうどいいタイミングですね。
Air買うならPro買え、というのが普通(?)みたいですけど
Proは色がかわいくない……。
でも新しいAirはローズゴールドがある!
かわいい! ほしい!!
 
今月23日発売と伝えてるニュースサイトもありますが
公式は否定しているそうですね。
10月発売っていつなんだろう? もう半ばだよ?

遅い夏休みと達成感

カテゴリ:25_RabbitHole

こんにちは。
先週の4連休にあわせて夏休みを取得し、
まるっと1週間のお休みをいただきました。
 
9月なら帰省ができるんじゃないか? と思っていたものの
まだ収まったとは言えない状況、そして実家には
高齢の祖母と医療従事者がいることを考えて断念しました。
とても残念です……。
 
実家では最近3匹目になる新たな子猫を保護したと聞いていて
どうしても会いたかったのですが。無念。
 
結局いつもの休日とさほど変わらず、おとなしく過ごす夏休みでした。
 
でも、大きな達成感をおぼえる出来事がありました。
自分を取り巻く環境は自分で変えないと、と思って始めたことのひとつ。
継続は力なりとは本当だなぁ。
少しだけ自信がついたのでまた次のステップに進めそうです。

健康診断

カテゴリ:25_RabbitHole

先週、定期健康診断へいきました。
今年はリモートワーク中ということもあり
自宅近くの健診センターで受けさせてもらいました。
(ありがとうございます)
 
高層ビルの30階にある綺麗なセンターでした。
大きい窓がぐるっと配置されていて見晴らしがよく
室内もとても明るかったです。
 
受付で検温が実施されていたり、
待合のイスが間隔をあけて置かれていたり、
コロナ対策も(当然ですが)されていました。
 
結果はまだ届いていません。
特に健診に向けてなにかしていたわけではないですが、たのしみです。

子どもの頃の記憶

カテゴリ:25_RabbitHole

わたしの実家は山の中腹にあって結構な田舎なのですが
(それでも中心部まで車で15分ほど)
山も森も川もあり、夏休みに遊ぶ場所といえば自然の中でした。
 
川で魚をとったり(手づかみ)、
カブトムシやクワガタを捕まえて戦わせたり、
お弁当をもって山をのぼったり。
「ぼくのなつやすみ」みたいな夏を過ごしていたなあ。
海は近くになかったけれど。
 
今はすっかりインドアになってしまいましたが未だに川遊びは好きです。
 
暑い暑いと言いながらも気が付けばもう8月下旬。
夏の終わりはあっという間にそこまできていますね。
日焼けなんて気にせず暑くても外を跳ね回っていた子どものころを思い出して
なんだか切ない気持ちになるのでした。

本日のゲーム

カテゴリ:25_RabbitHole

最近はゴーストオブツシマをプレイしています。
元寇をモチーフにしたオープンワールド・アクションゲームで、
対馬に攻め入ってきた蒙古(モンゴル)勢力を追い出すために戦うというストーリー。
プレイヤーが操作するのは蒙古軍による虐殺からひとり生き延びた境井仁という武士です。
 
このゲーム、日本が舞台ですが開発しているのは海外メーカー。
開発側は時代劇がお好きなようで、プレイモードのひとつに「黒澤モード」というものが!
これを選択すると画面が白黒になり、音も少しこもって、まさに昔の日本映画のようになります。
 
ゲームそのものはよくあるアクションゲームです。
ストーリーが進むと「闇討ち」ができるようになり、
敵に見つからず背後や頭上から静かに斬ることで戦いを有利に進めるという
ステルスアクション要素もありました。
 
仁は武士としての誉れを大切にしているので、正々堂々と戦わない選択をすると葛藤が見られます。
ですが相手の蒙古軍は強大。
正面から攻め入って一騎打ちを申し込むこともできますが
本拠地に近づくにつれ次第にひとりで相手をするのが厳しくなっていくんですよね。
私は早々に誉れを捨てて闇討ちばかりしています……。
 
オープンワールドなので寄り道要素もたくさん!
和歌を詠んだり、秘湯に入ってみたり、神社にお参りしたり。
景色がとても綺麗で、つい立ち止まってしまうことも。
探索が好きな方にもおすすめです。

帰省のこと

カテゴリ:25_RabbitHole

東京都のコロナ感染者数がまた増えてきました。
 
ゴールデンウィークに帰省ができなかったので、
夏休みこそ帰りたいと思っていたのですが
またしても難しい状況になりました。
 
GO TOキャンペーンが実施されるのであれば
帰省だってしてもいいんじゃないか? と一瞬考えたものの。
実家で家族と長時間過ごすことになるわけですから
もし私が保菌していたり帰省の道中で貰ってしまったりしたら
家族に感染させてしまう可能性が高い。
 
実家には高齢の祖母も同居しているので
この夏も地元へ帰るのは見送ることにしました。
一応、夏休み取得を9月にずらすつもりですが
この感じだと年末年始も怪しいのではないかなあ。
 
こういうとき、実家が遠いと悲しいですね。
なにかあってもすぐには駆けつけられないし(コロナ的にも、時間的にも)。
弟も転勤で今は静岡にいるので親はかなり寂しいみたいです。
 
日々、感染者数が増えている中、
検査数が増えたからだとか重症者や死亡者は少ないだとかで
大丈夫だ、慌てるな、不安を煽りすぎないように、などという声もあるけれど……
今日で言えば東京都だけで280人以上もの感染者がいることは紛れもない事実。
私は、重症や死亡に至る確率が低いからといって大丈夫だとはとても考えられません。
目に見えないのだから、不安に思って正しく気を付けるべきだと思います。

ひんやりボウル

カテゴリ:25_RabbitHole

本日は在宅勤務をしているのですが、
その横でペット用ひんやりボウル(これです)に
ねこ2匹がぎゅうぎゅうに詰まって寝ています。
 
DSC_0709
 
ぎゅうぎゅうすぎて外にはみだしているので
ボウル感が伝わらないがボウルです。
下に敷いてある水色のはひんやりマット。
 
これは暑いのか? 寒いのか?
エアコンつけてるから寒いのかなぁ。
でも、ひんやりボウルだしなぁ。
 
私も冷房がきいた部屋で毛布に包まるのがすきなので、そんな感じか。

なにを選択するか

カテゴリ:25_RabbitHole

人生は選択の連続といいます。
私は何度も正しくない選択をしてきてしまった、と
振り返ればそう思いますが、まだまだ他に選べる道はある。
 
自分に厳しく、買ってでも苦労していくストレスフルな生き方をするより
私は、好きなこと楽しいことだけ選んでいきたいと思っています。
無駄にストレスを感じながら生きててもいいことないはず!
 
今まさに、次の選択をするところに立っている気がしています。
自由に選ぶことができるたくさんの道が目の前に並んでいるような。
もうすぐ30歳になってしまうのでそんな気がしているのかも?
楽しくない日々は自分で変えていきましょう。

1 / 41234

PAGE TOP

PAGE TOP