公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. 26_のんびり

公募ブログ

クラウドファンディング

カテゴリ:26_のんびり

以前の記事で紹介したレトロ印刷JAMさんが、このコロナ禍の影響でクラウドファンディングをしていました。
落ち着いたらまた何か作りに行きたい…!と思っていたところだったので、
私も微力ですが支援させていただきました(プロジェクトは終了しています)。
 
先日リターン商品が届きました。蛍光ピンクのネコちゃんトート…かわいい。
 
IMG_6812
 
スタッフさんたちが1枚1枚手刷りしてくださったそうです。
 
 
これから作るなら、ビニール袋の有料化で注目のエコバッグとかいいですね。自分が欲しい。。
いつ作りに行けるんだろう~!?涙 必ず行きます。
 
 
デザイナーS

涼しげ

カテゴリ:26_のんびり

県外への移動制限も緩和されました。行きたいところがたくさんあります。
前回も動物園・水族館のことを書きましたが、とにかく動物とふれあいたいです。
 
動物が恋しくなって画像フォルダを漁っていたら、この暑い季節にぴったりの涼しげな動物たちの写真があったので貼っておきます。
 
 
IMG_0255
 
IMG_0263
 
 
サンシャイン水族館の空飛ぶペンギンとペリカンです(頭上に水槽があって下から動物たちを見ることが出来る
癒される~~~
 
 
デザイナーS

動物園と水族園

カテゴリ:26_のんびり

春~初夏は動物園や水族館に行くにはもってこいの季節ですが、全然行けていなくてかなしいです。
ですが、休館中の施設がSNSなどで発信している動画や写真に癒されていました。
姫路セントラルパークの日本一癒されるサイトは話題になっていましたね。
日本一癒されるサイト
チーターの赤ちゃんかわいい!!!!!!
 
 
緊急事態宣言も解除されて先週くらいから営業再開、という園も多いようです。
チンアナゴは人を忘れてしまって顔を出さなくなったり、うつ症状が出る魚まで…
落ち着いたら動物や魚たちに会いに行きたいですね~
夏には行けるかなぁ 猛暑の中動物園はかなりきついものがあるのでまずは水族館かな…
 
 
デザイナーS

絵の宣伝のような

カテゴリ:26_のんびり

わたしはデザイナーですが、自社のクリエイティブでちょこちょこ絵のお手伝いをしたりしています。
 
 
writer_kuma

writer_pen
 
 
↑こんな感じで、公募ニュース記事で使うライターさんのアイコンとか…
実は(?)自社instagramアカウントでエッセイ漫画の作画をしていたりもします。
 
公募ガイドママインスタ
 
よければぜひ見てやってくださいね。
絵を描くのは好きですし、前職で絵を描く業務をしていることも多かったので、
今もこういった形で会社の力になれるのはうれしい限りです。
 
 
デザイナーS

おこもり

カテゴリ:26_のんびり

在宅勤務も始まり、いよいよ本格的に家から出なくなりました。
 
IMG_6356
 
在宅勤務が決まる前、お花見したい欲を紛らわせるために天気の良い日に
会社近くの増上寺へ一人桜を見に行ったりしてました。
来年は何も気にせずゆったりお花見できてると良いですね。
 
 
遊ぶ予定もどんどん見送っていますが…今の時代はすごいですね。
オンラインで友達と喋りながら、なんならお酒飲みながらゲームができるんですよね。
世間があつ森で盛り上がる中、最近になってヒューマンフォールフラット(Switch版)をやってます。
体がふにゃふにゃのキャラクターを操作するので難しい。けど楽しい。世界観がかわいい!
もちろん一人でもできます。Switch版だと1530円で買えるのでおすすめです。
ずっと家にいると普段以上に運動不足になるのでリングフィットでも買おうかなぁ。あつ森も欲しいなぁ。
 
 
デザイナーS

お気に入りの絵本紹介④

カテゴリ:26_のんびり

今回ご紹介したい絵本はこちらです。
絵本ナビ としょかんライオン

IMG_5183

ある日図書館にライオンが現れるというあり得ないシチュエーションから始まります。
図書館長さんは決まり事にとても厳しく一見すると怖い人ですが、
逆に決まりさえ守れば誰でも受け入れてくれる心の広い人です。
なので、お行儀の良いライオンも受け入れ、そのうちにライオンは館長さんのお手伝いをするようになります。
最初はライオンを怖がっていた人たちもその穏やかさに惹かれて、ライオンは図書館の人気者になります。

ある日館長さんがけがをしてしまい、助けを呼ぶために
「大きな声を出してはいけない」という決まり事を破ってしまうライオン。
それを理由に、ライオンが図書館にいるなんておかしい!と
不満を持っていた人から一度は図書館を追い出されてしまうのですが…

決まり事を守ることに執着しすぎて、人への思いやりを忘れてしまうこと、
現実世界でもよくあることだなと思います。
不安なこともたくさんで何かとピリピリしがちな今だからこそ読みたい一冊です。
絵もお話も優しいです。

あと単純にライオンが好きなので、ライオンが出てくるお話に出会うと
テンションが上がってしまうデザイナーSでした。

おうちでゆっくり

カテゴリ:26_のんびり

時節柄、楽しみにしていた予定が次々と延期になって悲しんでいます。
仕方のないこととは理解しているものの、なんだか気持ちも落ち込みます。
早く落ち着いてくれるように今は我慢の時ですね。。
 
外出もままならないこんな時だからこそ、創作に時間を割くのも良いと思います!
わたしはとりあえず友達の子ども用に約束してる布の絵柄作りをやらないと…というところです。
長い付き合いゆえに、普段 なかなか時間が取れなくて~ と甘えてしまい
去年からだらだらと進まないままだったので、良い機会と思って完成させたいと思います。
 
デザイナーS

お気に入りの絵本紹介③

カテゴリ:26_のんびり

今回は【すてきな三にんぐみ】という絵本を紹介します。
絵本ナビ すてきな三にんぐみ
 
IMG_5181
 
 
第一印象は、「タイトルと絵の雰囲気の違和感がすごい」でした。
濃い目のブルー、黒…重たい色がメインカラーで三にんぐみは帽子を深く被っていて表情が読めない。不穏な導入です。
タイトルはかわいらしいけど、怖い内容ではないか?と本を読み進めていくと…
 
不気味な三人組の盗賊たちが一人の女の子との出会いをきっかけに孤児を救うというお話。
簡単に言ってしまうとダークヒーローという感じです。
先ほども書いたように、三にんぐみは帽子を深く被っているので、感情の表現が目のみでされるのがとても印象的です。
優しい人たちなんだろうなぁ、というのが目からだけでも感じられます。
 
ただ、人助けをするのは「すてき」なことだけれど、人のものを盗むのは「すてきではない」こと。
読む人それぞれに意見が分かれるような内容でもあると思うので、読後議論してみるのもおもしろいかもしれません。
 
デザイナーS

ボードゲーム

カテゴリ:26_のんびり

大学時代の友人たちと集まると、ボードゲーム好きな子が何人かいて
持ち寄ってくれるのでいろいろ遊ばせてもらっています。

この間やっておもしろかったのがザ・マインドという協力型ゲームです。
簡単に言うと1~100までの数字が書かれたカードを小さい数字順に出していって、
プレイヤー全員の手持ちが無くなったら成功というものです。
難易度がレベル1から10まであって、配られる手持ち札が1枚、2枚…とレベルが上がるごとに増えていきます。
余ったカードは山にして置いておくので、たとえば1を出したとして次に小さい数字が2の場合もあれば
90とかの場合もあるわけです(極端な例ですが)
そもそも一番小さい数字が80だったりすることもあり得ます。

このゲームの何が難しいって、なんと一切喋ってはいけないというルールが…
協力ゲームなのに全く相談ができないんですね。敵はいないけど終始心理戦です。
それぞれの手持ちの数字は見れないので、表情や身振り手振りで誰が次に出すかなどを決めていかなくてはいけません。
順番を間違えると即アウトです。

まあ、全然無理だね!となり最終的には母音で会話は可みたいなマイナールールになっていましたが。。
わたしも含め、全員が必死に身振り手振りでコミュニケーション取る様はなかなかおかしかったです。

こういうゲームだと人狼とかが有名ですが、わたしはちょっと苦手なのでその時は基本見てるだけなんですが
ゴリラ人狼(ウホしか喋れない)はめちゃくちゃ笑えました。絵面がとんでもないことになっていましたね。

休みの日は大体いつもこんな感じで過ごしています(?)

デザイナーS

2020年

カテゴリ:26_のんびり

始まりましたね!

 

個人的な抱負としては、たくさん物を作る一年にしたいなと思っています。
絵を描くのはもちろん、雑貨も作りたいものがいっぱい…
コットンバッグとか、ポーチとか、マグとか、スマホケースとかとか…
今は自分のデザインでハイクオリティのグッズを作れるところがたくさんあっていいですね。
缶バッジとか、心を無にして延々と作りたいです。子どもの頃カンバッチグー大好きだったなぁ

 

例えばですが
レトロ印刷JAMさんのスルトコ(https://jam-p.com/surutoco/)は
気軽にシルクスクリーン体験ができるものすご~く楽しいところです(ご存じの方も多いかもしれません
前は布ものしか作らなかったので、今度行ったらカトラリーで電解マーキングに挑戦してみたいです。

 

公募ガイド最新号(2月号)の表紙に「2020年は飛躍の年だ!」とありますが
この年始のやる気を継続して、わたしも飛躍の年にしたいです。
創作されている皆さん、一緒に頑張りましょう。

 

デザイナーS

1 / 212

PAGE TOP

PAGE TOP