公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. 03_令和時代

公募ブログ

明けましておめでとうございます。

カテゴリ:03_令和時代

明けましておめでとうございます。

2021年のスタートですね!

皆様、本年もよろしくお願いいたします。

 

今回のお正月は例年と違い、自宅に巣ごもりされる方が多かったのではないかと思いますが、私もその一人でした。

初詣にも行けず、毎日テレビばかり観ていましたが(例年通りといえば、例年通り。笑)、

例年欠かさず観ている箱根駅伝は、優勝候補の青山学院大学を抑え、駒澤大学の優勝となりましたね。

クライマックスでの創価大学と駒澤大学の逆転劇はこちらがハラハラしてしまいました。

 

いつもテレビ越しでしか応援したことがないので、人生のうち一回は現地まで足を運んで、

学生の熱量を感じてみたいなあと思っています。

 

たすきをつないでいくように、今年も2020年のいろんな想いをつないで、

良い年にできれば、とってモォ~最高ですね!笑

 

今年もよろしくお願いいたします。

占い信じますか?

カテゴリ:03_令和時代

昨夜、テレビで「突然ですが占ってもいいですか?」という番組を観ました。

 

携帯番号の下4ケタの組み合わせが、人の人生をも左右するんですって。
これ、みなさん信じますか?
私はけっこう信じるというか、あてにしてしまうほうで、昨夜もくぎ付けで観ていました。

 

ちなみに、私の携帯電話の下4ケタの合計は18。
占い師さんによると、「家族を守る」というパワーを持つ数字なんだそうです。
ひとまず悪い数字でなくてよかった…

 

仮に携帯番号の数字の組み合わせが悪かったとしても、アラームの設定や待ち受け画面を吉のある数字に
設定すると良いのだそう。

 

占いで気持ちが上がる分には、当たっても当たらなくても、良しと思えますよね(笑)

 

みなさんも自分の数字を調べてみてはいかがでしょうか!

読書の秋

カテゴリ:03_令和時代

みなさん、こんにちは!

今日は最近読んでいる小説についてお話したいと思います。

 

前にふと書店で手に取った一冊。「神様たちのお伊勢参り」というタイトルがとても気になって買ったはいいものの、

シリーズもので最新の7巻でした。笑

そこからしばらく1巻を手にすることなく半年が過ぎたのですが、ちょうど先日思い出して1巻から買ってみました。

 

本の内容は、全国各地に所在するいろんな神様が、ヒトとの交流の中で様々なストーリーを繰り広げていくものなのですが、

これがまたなんともファンタジックで面白い!神様というと誰しもがとても崇高なイメージをもつと思うのですが、

人間と同じように容姿や神様関係で悩む様子が描かれています。

また神様の世界に迷い込んだヒトが「やおよろず」と呼ばれる旅館で働きながら、そこの主人である狐の絆と恋模様も描かれていて、

現実世界を忘れるようなひとときを本の世界で楽しむことができます!

 

1巻から読み始めてまだ2週間も経っていないのですが、すでに5巻目に到達しました。

書店に行くといろんな本があり、どれを買うか迷いますが、手に取った一冊はどれも素敵な物語との出会いでワクワクします。

 

読書の秋!ということで、これからもまた面白い本との出会いに期待しながら、まずはこの本を読破したいと思います!

みなさんのおすすめの一冊はなんですか?

 

 

幸せのおすそわけ

カテゴリ:03_令和時代

みなさん、こんにちは!ついに!!ついに、梅雨が明けて本格的な夏がやってきましたね。

 

 

先日、こんな状況下ではありますが、厳戒態勢の中、友人の結婚式がありました。

コロナにより出席予定だった新婦の会社関係者が全員欠席となり、

一生に一度の晴れ舞台を見てもらえない新婦の心中慮るや、心苦しかったです。

でも!始まればとびっきりの幸せそうな顔を見ることができ、私も目頭が熱くなりました。

 

 

「幸せ」と一口に言っても、人の数だけその形は違うように思います。

私の幸せはなんだろうなと考えたとき、やっぱり日々支えてくれる家族や友人が

元気でいることだと、しみじみ思いました。

こんなときだからこそ、余計に感じた「ふつうの幸せ」。

でも、ふつうでも当たり前でもないんですよね。

今日からまた始めよう。

ありがとうとごめんなさいを大切な人にしっかり伝えられる人になれるように…

 

幸せのおすそわけのはずなのに、私の宣言の場になってしまいました笑

 

コロナを追いかけるようにやってきた夏。

マスクも苦しいですが、当たり前じゃない日々の小さな幸せ見つけて乗り切りましょ!!

 

それでは、みなさま良い一週間を!!

 

S.N

 

令和という時代

カテゴリ:03_令和時代

こんにちは。いきなりですが、皆さんはタイムスリップするとしたら、
過去・未来のどちらに行きたいですか。

 

私は過去の幕末に行きたいです。
歴史好きな人からすると王道だな!と思われるかもしれませんが…笑

 

たった150年ほど前までは、和装で刀を持っていたなんて信じられないのに、
今では自動運転がどうとかキャッシュレスがどうとか、
やたら横文字も多い気もしますが、時代の変化が目まぐるしいですよね。

 

私はもうしばらく前から、この時代の変化に取り残されて、未だアナログなことが多い気がします。
時代についていけなくなったとき、「そうだ、京都に行こう」ならぬ、
「そうだ、東海道に行こう」と想い続けて、はや半年。コロナに邪魔をされました。
でも今年中にひとつくらいは宿場町を巡りたいと野心だけは持っております!!

 

古い町並みがお好きな方、時代に取り残されて過去にタイムスリップしたくなった方、
是非、東海道の宿場町巡りをしてみてください!
ちなみに私が行きたいのはこんなところです~
皆さんもぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか!それではまた~
図1

 

図2

 

S.N

PAGE TOP

PAGE TOP