公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. 余禄

公募ブログ

中山道を行く 第1週

カテゴリ:余禄

編集部の黒田です。
今回は、「中山道を行く」第1週をおおくりします。

 

第1週は日本橋から板橋、蕨を抜け、浦和まで歩いたのだが、浦和駅で改札を通ろうとしたら、suicaがエラーになってしまって通れない。駅員に確認すると、横須賀線の新川崎で入場してから改札を出た記録がないと言う。
「どこで降りましたか」
「東京駅です」
「東京駅からは何線で来られましたか」
「歩いてきました」
駅員は「まさか」と苦笑いし、その分の料金を支払ってくださいよと言った。
彼の苦笑を意訳すると、「そうやって料金をごまかす人がいるんだよね。学生ならまだしも、いい大人が何やってんだよ」という感じ。

 

キセルしようと思われたのは心外だったが、彼の気持ちもわからないでもない。日本橋から歩いてきましたって、そんなことする人はあんまりいないから、運賃をちょろまかそうとしたと思われても仕方ない。
「信じられないかもしれないけど、中山道をずっと歩いてきたわけ。1番目の宿場が板橋、次が蕨、3番目がここ浦和ね。なんだったら途中で撮った写メとか見る?」
すると、駅員は「わかりました」と言ってsuicaを下車済みにしてくれた。
この「わかりました」が、「中山道を歩かれているんですね」という意味なのか、「面倒くせー、関わらないようにしよう」なのかはわからないが、四分六で後者のような気がする。

 

ちなみに、当初の目的は、健康診断で「あと1kg痩せてください」と言われ、ウォーキングでもやろうと思ったが、目標がないと全然やる気にならないため、街道を20~30kmずつ歩こうということだった。
このときは、中山道というのは今の国道17号だとばかり思っていたのだが、中山道と言っても3種類あり、戦後に整備された国道と、江戸時代に参勤交代のために整備された旧中山道と、それ以前からあった初期中山道があった。
初期中山道はところどころ道がなくなっていたり、国道からは外れてとんでもない細道になったりするので、地図から目を離すとすぐに迷ってしまうのだが、民家の裏庭を通ったりして寸分違わず往時の道を行くというのが意外と楽しい。どうせ歩くのなら、整備された道より初期中山道のほうがより「コンプリート感」を楽しめる。

PAGE TOP

PAGE TOP