公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. 13_コピーライターにおれはなる

公募ブログ

コピーライターにおれはなる→なりました

カテゴリ:13_コピーライターにおれはなる

GWが明けましたが、緊急事態宣言はこのまま延長される見通しのようですね。皆さま、ステイホームは楽しみましたでしょうか?もうすぐ『月刊公募ガイド』の発行日ですが、見本誌が届きました。

 


UBEビエンナーレ

これが5月8日(土)発行の『月刊公募ガイド』6月号です。裏表紙にどん!


29回目を迎えるUBEビエンナーレさんのメインビジュアルとキャッチコピー制作を公募ガイド社にお任せいただくことになり、それを広告としてもデザインさせていただいた、というお仕事です。

 

山口県宇部市といえば、アニメ『エヴァンゲリオン』シリーズのカントク・庵野秀明氏の出身地であり、話題の映画『シン・エヴァンゲリオン』の劇中でもクローズアップされ注目を集めています。こんな状況でなければ「実際に訪れてみたい」と多くの人が思っている街の一つではないでしょうか。

 

そんな宇部で隔年で開催されているのがUBEビエンナーレで、旧称『現代日本彫刻展』のころから数えると、なんと60年目。最も歴史のある野外彫刻展です。詳しくはこちらの公募ニュースの記事を読んでいただくとして…「コピーライターにおれはなる」と昨年末に宣言して、さっそくなることができました。(いや、そんな簡単になれるわけではないのだけれども)

 
「60年、彫刻と住み続けてきたまちです。これからも」
 
ビエンナーレ自体がとても素敵なアートイベントなのはもちろんなのですが、初めて宇部を訪れた時に感じたのは「街自体にもアートがあふれている」という事。それは住んでいる皆さんにとってはもしかしたら当たり前のことなのかもしれませんが、外から訪れたジブンにとっては「なんて面白い街なんだろう!?(他にはなかなかないぞ)」という印象がとても大きかったため、なるべくその気持ちを素直に伝えたい、と思いました。

 
今年はコピーライティングに力を入れたいな…というキッカケになったのはGO三浦さんのおかげで。

(番外編) 気合い入れて朝日新聞社のコンテスト「広告しようぜ」に応募しました【後編】
https://www.koubo.co.jp/editor/?p=20542

 

三浦さんの企画された、朝日新聞の「新聞広告の日」にまつわるこのコンテストで、もちろん審査に関わるであろう三浦さんの著作を読んだのですが、その中でコピーライターについての考えが180度変わったというか、深く思い至るきっかけになりました。(このことについてもいずれ触れたいなと思います)

 

あと、デザインのディレクションについても「全然うまくデザイナーさんに依頼できない!」と分かりやすく壁にぶちあたり。サワダ編集長にも相談し、最終的になんとか形になったものの…「これが違うのは分かる」「でもお願いしたらいいか、分からない」ともだえ苦しむこともだえ苦しむこと。今までただインプットしてきたいろいろから感じることも、しょせんは主観。体系だって学んだわけでもないので、それを正しく言葉にする技術を持たず、至らなさばかり味わいました。

 

広告会社だと、クリエイティブディレクションにおいて言葉(コピーライター)とデザイン(デザイナー)は必須のスキルであり、翻ってジブンはあまりに我流、あまりに感覚でしかないなと。今更ではありますが、今後も広告をにらんでいくには、ここらを鍛えていくしかないな、と武者震いしています。

(番外編)たまたま気づいたけれども

hokensyou
季節の変わり目だからか、ガクッと体調を崩してしまいました。頭痛と関節痛とノド痛があり、これはいつもなら明らかに熱が出たときに出る症状なのですが、今回はなぜか熱だけがない。1日だけなら様子を見るか、で済むのですが2・3日たっても治らないため病院に行ってきました。

 

念のため新型コロナウイルスの検査もしましょう、となり…「もし陽性だったらどうしよう?!」とかなり心配でしたが無事に陰性の判断となりました(同時に検査したインフルエンザも陰性)。とはいえ2日間は自宅療養にするように、との指示で安静にしています。

 

会計後にもらった処方箋を眺めながら薬局へ向かうと、たまたま目に入った保険の区分が「被扶養者」と表示されており、え?ジブンっていつの間にか誰かに扶養してもらってたの???????と軽く混乱。急ぎ病院の窓口に引き返して確認したところ「被保険者」で正しかったようで。普段こういう細かいところまで見たことがなかったのに、今回たまたま気づいたのですが、もらいっぱなしではなく、ちゃんと確認しないとダメなんだろうなと思いましたとさ。

(番外編)いま借りている部屋の家賃が下がりました

house_ooya_trouble
 

新宿区の高田馬場に住んでいるのですが、部屋の2年ごとの契約更新が2月末にありまして。なんと月額の家賃が値引きになりました。こちらから家賃交渉をしたわけでもないのに、5000円も!今まで茅場町・麻布十番・代々木上原と住んできましたが、こんなことは初めてです。

 

理由は伝えられていない(更新が2回目で6年目に突入したから?とか、建物も特に老朽化してるわけでもなく)のですが、固定費が下がるのは収入が増えるのと同義ともいえるので大変うれしいですね。

 

もしかしたら最近引っ越してきた隣の人との不公平感を避けたかったのかな?とか。確かに長く住んでる人と新しく入ってきた人に対して、(ほぼ同等のサービスを提供しているのに)後から来た側が優遇されていたら整合性が取れなくなってしまいますよね。契約が長い方が優遇されるならともかく。

 

不思議というか、うかがい知れぬ何かがあるのかな?とか不安も少し芽生えてしまうというか。疑り深いですかね、ハイ。

(番外編) Clubhouse考

building_music_club

先月下旬くらいからワッと広がっていますね。「音声を用いたTwitter」的な触れ込みで急拡大しているようで、さっそく登録してみたものの現状では発信などしておらず…聴く専門にとどまっています。

 

誰が聞いているか分からない(=むしろ誰も聞かないのでは?)状況でしゃべるということに慣れていないというか、心理的なハードルがあり。長年、声にコンプレックスがあるというのもありますが(ダメじゃん)。

 

個人的には「サウンドオンリーメディア」は今後より加速していくだろうなと思っています。以前から社会的な懸案にはなっていたものの、昨年から一気に進んだテレワークも後押ししそうな予感がしています。映像などでは情報過多になり、大いに作業の集中を削ぎますが、受験勉強の時のラジオ番組のようにぬるっと孤独を埋めるようなポジションを獲得しても不思議はないのでは、と思っています。

 

とはいえClubHouseは実名ベースでの登録が基本となっているので、日本での拡大はどうですかね?FacebookよりmixiやTwitterなど、緩やかな匿名ベースの方がわが国では受けられやすいような気もしています。

 

初めの1週間は、インフルエンサーやテレビ関係者ばっかりだなーと思ってたのですが、みるみる広がっていき芸能人で使ってる人もかなり目に付くようになってきましたね。一時のブームで終わるのか、広く一般に根付いていくのかはどうかな…。

※藤田ニコルさんの件は、ウブが過ぎるとは思います。規約はあっても、アカウントの凍結(垢バン)が関の山なんだから、そこは性善説ではなく、コントロールしないとだめだよね、と。

 

また、現状だと「(Twitterをベースにした)Twiキャスと変わらないじゃん」とも。その味付けは、今のところは招待制でめっちゃユーザを限定してるところに対する、ユーザの優越感なのかなと。そしてTwitterもそれを実装しようとテスト段階ですよね。結果そちらでリプレイスされるのかどうか。

 

使ってみて初めて分かる感覚というのももちろんあって。単なる情報ではない、ニュアンス(語感)という情報も付加できるのが、Twitterを始めとするテキスト主体のSNSとの大きな違いだなと感じています。

 

ただマネタイズとかどうするのかな?というのは興味あります。今はそれを考えてないフェーズだとは思いますが、ゆくゆくは。

 

貴重な2つしかない招待枠は、弊社のシステム担当ババ氏に1枠使ってしまったので、残1です。活用していただけたら。

(番外編) 年末年始トピックス3題(ナンバーの将棋特集第2弾ほか)

昨秋、文藝春秋社の『Sports Graphic Number(スポーツグラフィック・ナンバー)』誌が将棋特集をやった件について触れましたが( https://www.koubo.co.jp/editor/?p=20254 )、今年将棋特集の第2弾が発売されてましたね。
 
そうか…彼らは(勝負に)勝ったんだな、と熱くこみ上げるものがありました。ブラボー!おお…ブラボー!!(もちろん買いました)
 

Sports Graphic Number 1018号
藤井聡太と将棋の冒険
https://number.bunshun.jp/articles/-/846265

 

待望の『Number』 将棋号第2弾はある?
爆売れした将棋号についてNumber編集部に聞く!
https://ddnavi.com/interview/693615/a/

 

~~~~~~~

 
そういえばキングコング・西野亮廣さんの絵本『えんとつ町のプペル』の映画が年末から封切られてますが、ネット上ではオンラインサロン周辺で香ばしい燃え上がり方を見せてますね。

 

弊誌でも「西野さんの絵本特集」をしたら売れるのでは!?と思い、過去フクヘンを何度も突っついてましたが(以前の『響』特集で味をしめた https://www.koubo.co.jp/editor/?p=15628 )、時期的にも/ネタ的にも今後はちょっと難しくなりそうですね…残念。
 
ちなみに『小説幻冬』や『別冊カドカワ』でも特集していたのですが、後者の「ほかの人から見た西野さん」がなかなかに面白かったです。
 

 

別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣
https://www.kadokawa.co.jp/product/321706000570/

 

映画自体はまだ見てないし、見てみたい気はあるのですが…周囲の延焼が激しくて、なかなかに「見たい」ともいいにくい状況。ただ作品は別とも思うので行こうと思います。
 

また、彼ら周辺は「信用経済」というワードをよく使うイメージがありますが、個人的には、オンラインサロンやクラウドファンディングに対する信用を急速に換金してるな、とは感じてます。それがいいとか悪いとかではなく。

 

~~~~~~~

 

近年SNSといえばTwitterやFacebook、InstagramやTikTokなどが主流ですが、かつて国産SNSのmixiが席巻してた時期がありましたよね。当時ズッポリはまっていたのですが、廃れてしまった昨今非常に寂しく思っていました。

 

前述のSNSでは満たされないこの思い(機能)…どこにぶつけたら?!と思って幾星霜。クックパッド執行役員のカズワタベさんらが『Meeet』というwebサービスをローンチされました。

 

「友だちの友だち」とつながるウェブサービス『MEEET(ミート)』をβリリースしました。
https://note.com/kazzwatabe/n/ne73a932e035c

 

初期のmixiよろしく、知り合いの招待がないと参加できないゲーテッドコミュニティなため、現状だとイノベータやアーリアダプタしか登録されてないとは思いますが、これからどう拡大していくのか非常に楽しみです。

「言葉」がダブスタに聞こえる時

カテゴリ:13_コピーライターにおれはなる

taimen_acrylic_syokuji
思えば今年は新型コロナウイルスの影響を大きく受け続けた1年でした。お正月の帰省も規制されており、高齢の父母に会うことはリスクもあるため今回は見あわさざるを得ません。忘年会なども行えず、市井の飲食店の悲鳴が聞こえてきそうです。お気に入りだった店が今年、いくつもなくなってしまいました…。

 

そんな年の瀬の忙しいこの時期、菅首相の老人大人数での会食が批判の的になりましたね。国民にはああしろこうしろ言いながら、首相のジブンはその埒外においておくんじゃあ説得力が…。しかも謝った日もさらにはしご。「この人はダブスタ(ダブルスタンダード)だなぁ」と思われた瞬間、影響力は急降下まちがいなしです。来年の総選挙、どうなることか。

 
※学生時代の友人が某党の公認を得たらしく、次の総選挙に出馬するとのこと。昨日知ってびっくりしたのですが、応援したい。がんばれゴン!
 

さらには名古屋市長も、年始の初もうでに対してこんなことに。

 

名古屋市長、分散初詣呼びかけ 自身は普段通り年始に「行かせて」 – 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20201221/k00/00m/040/170000c

 

政治家は「言葉」の仕事とはよく言われますが、個人的には2021年は「言葉」に対する感覚を磨いていく1年にしようと思います。コピーライターにおれはなる!(どん!)

 

(番外編) 気合い入れて朝日新聞社のコンテスト「広告しようぜ」に応募しました【後編】からの「宣伝会議賞」にも初挑戦!

前回( https://www.koubo.co.jp/editor/?p=20429 )の続きです。
 
受賞作がしれっと発表されておりましたが、残念な結果に!
 
新聞広告の日プロジェクト 広告しようぜ
https://www.asahi.com/ads/koukoku/

ジブン一人ならまだしも、友人(漫画家・イラストレーター)や前職時代の後輩(デザイナー)を巻き込んで、しかもコンテストが告知されてから募集〆切までが約2週間と急ピッチでいろいろとお願いするなどがあったため、今までの公募以上にダメージが大きいですね。申し訳なさすぎる…。
 
とはいえ過去に「販促会議賞」でファイナリストになった時の企画も、友人と2人でブレストを重ねる中で収れんしたアイデアで評価されたので、誰かを巻き込むことを怖がりすぎてもいけない、とも。
 


kaigi_shifuku_brainstorming2

また、今回取り組む中での学びや(再)発見も少なくなく、入賞はしなかったとはいえ得るものはあったのは確かなのですが。
 

・コピーライターの役割と重要性
・紙の新聞はすごくいいぞ

 
落ち込みっぱなしもアレだし、しばらく「コピーライティング」を鍛えてみようかなとも思いました。

で、早速取り掛かったのがみんな大好き「宣伝会議賞」。ついに!ついにこの山に登る日が来るとは…。「ガチで入賞を目指すなら応募は最低1000作から」とまことしやかにささやかれもしていますが、やっとこひねりだした文案は20。まだまだですね…。
 
第58回 宣伝会議賞
https://senden.co/

コピーライターにおれはなる!!!(どん!)

PAGE TOP

PAGE TOP