公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. アート

公募ブログ

Nomadland

カテゴリ:アート

こんにちは、hanaです。
アカデミー賞の授賞式まで1ヶ月をきりましたね。

アカデミー賞の主要6部門にノミネートし、ゴールデングローブ賞の作品賞と監督賞を受賞した「ノマドランド」。 
どんな作品なのか気になって、観に行ってきました。 

この時期に観る価値があると論評されている通り、心に沁みわたる素晴らしい作品でした。

生きることにナチュラルな世界観の素晴らしさはもちろんのこと、
様々な出来事での心理描写と悔いなく生きることの美しさをスクリーン越しに伝える
主演のフランシス・マクドーマンドの演技は過去の作品と比べても輝いていました。

他にノミネートされている作品も、気になるところ。 

今の時世に作品賞を取るのはどの作品なのか、今から楽しみです。 

美術館で絵を描く文化

カテゴリ:アート

こんにちは、hanaです。
 
前回に引き続き、海外の美術館について書きたいと思います。
 
海外の美術館の楽しみといえば、名だたる名画を目の前で観ることができること。
日本ならば企画展で観るような作品が、常設展で当たり前のように観ることができる環境に贅沢だなと感じます。
 
私のもう一つの楽しみは、名画の前で作品を模写している人に出会うこと。
日本の美術館では、著作権や作品保護の観点から屋内での模写は禁止されているところがほとんどです。
しかし海外の美術館では、作品の前でデッサンをしたりイーゼルを立てて絵の具で模写をしたりする場面に出くわすことも。
 
IMG_9314
 
写真はNYのメトロポリタン美術館にあるレンブラントの作品ですが、レンブラントが生きている時にはこうして塗り進めていたのかなと想像するだけでもドキドキします。
 
世界の美術館に足を運ぶことができる日が一日も早く来ることを願い、今回はこのあたりで。

ハワイの美術教育

カテゴリ:アート

こんにちは、hanaです。
 
なかなか海外に行けない昨今ですが、
以前ハワイにて気になったお話をご紹介します。
 
 
ホノルル美術館に足を運んだ際、
館内で先生のような方と子どもたちが紐や画用紙を使って目の前の著名な絵画を観ながら再現(表現)していました。
 
IMG_0950
 
また、他の展示室では年配の方が子ども達に作品の歴史や背景を説明する光景も見られました。
 
IMG_0906
 
学校の課外授業なのかなと思いましたが、スタッフの方に確認すると美術館のボランティアの方が地元の子ども達に向けて自由にアートを感じるためのプログラムを開催しているとのこと。
 
後日、現地で暮らす知人に話を聞くと、ハワイでは学校によって美術の授業に費やす時間が短いので、その分美術館が開催するプログラムに参加させることがあるそうです。
きっと子どもたちは本物を観て自分で表現することや地域の人とのふれあいを通して唯一無二の学びを経験するのだろうなと考えると、とても羨ましくも感じます。
 
美術の授業時間が短いという一見マイナスに聞こえることも、実際の美術館で学ぶというプラスの要素で補われ、それ以上の学びを与えるという今回のお話。
最近は日本の美術館でも子ども向けのプログラムが多く開催されているので、学校だけでは得られない貴重なアート体験を子どもも大人も一緒に楽しみ、唯一無二な学びを経験したいなと思うのでした。

アート を考える

カテゴリ:アート

新しくメンバーに加わりました、hanaです。
 
 
わたしは昔々学生の頃「アートとは何か」というとても壮大なテーマを
自分なりに考え教授にプレゼンするという、今では懐かしい経験をしました。
 
何度考えても、何度考えても、
「もう一度考えてみなさい」という答えに当時はモヤモヤとしたものです。
 
 
ですが、最近ふと無意識に「アートとは」と考えている自分に気が付き
 
「アートとは常に考え続けるもの」なのかもしれない、
この無意識の領域こそ教授が伝えたかったことなのかもしれないと腑に落ちました。
 
 
人それぞれ答えが違ってそれで良いテーマ。
もっと長く生きていくなかで、違う答えがまた生まれるかもしれないと思うととてもワクワクします。
 
みなさんもこの機会に、「アートとは何か」という壮大なテーマについて考えてみてはいかがでしょうか。
 

PAGE TOP

PAGE TOP