公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. 07_前髪切りたい

公募ブログ

引きが強いのかもしれない

カテゴリ:07_前髪切りたい

吉野屋でポケ盛キャンペーンやってますね。今は、第3弾みたいです。
ふだんは外食自体あまりしないのですが、オマケでもらえるフィギュアにつられてすでに3回食べに行きました。

 

このオマケでもらえるフィギュアは、開けるまで何が入っているかわからないものです。
広告には「○○と××と△△のうち、どれかがあたる!」というふうに書かれているので、ほしいキャラクターが出るように念じるのみです。

 

1回目のとき。
ルカリオが出ますように…
ルカリオが出ますように…
→ルカリオでした。念じた通り!

 

2回目のとき。
もう持ってるから、ルカリオ「以外」のが出ますように…
→ルカリオでした。なぜ?1回目のときに2回念じたから?

 

3回目のとき。
前回までとあたるポケモンが変わっていたので、もうルカリオが出ることはない。
最終進化形ならほのおタイプがかっこいいかも。
→ゴウカザルでした。ほのおタイプ!でも念じたってほどではない。

 

4回目、5回目と食べに行けば、またミラクルが起きるかもしれません。

あつ(オマケだけでなく、量と値段のちょうどよさもいいところです)

TED-Edのこと

カテゴリ:07_前髪切りたい

TED Talkって知っていますか?
英語で行われるプレゼンテーションの動画です。
YouTubeでも見られます。

 

大学は英文科だったので、授業の課題で
「今日はこの動画の内容をもとにディスカッションをしましょう!」
「次回までにこれらの動画を見て、意見を書いてきてください!」
なんてこともありました。

プレゼンテーションと聞くと学術的な内容が多そうで
敷居が高いイメージを持たれるかもしれませんが、
テーマが本当に様々なので、中にはユーモアのあるものもあります。

 

さらに、子供向けにTED-EdというYouTubeチャンネルもあります。
5分程度のアニメーション動画で、〇〇の歴史シリーズや○○の話シリーズなど、
通勤中や食事中に見るのにちょうどいいものが多いです。

今朝まさに通勤中に見ていた動画を紹介したいと思います。
“The tale of the doctor who defied Death”「死神に逆らった医者の物語」

 

【あらすじ】
死神から、どんな病気でも治せる薬を手に入れた男が医者になります。
ただし条件があり、死神が病人の頭の方に居れば治せるが、足元の方に居ると打つ手がありません。
ある日、金持ちの治療を依頼された男は欲に目がくらみ、ある知恵を使ってむりやり病人を治します。
死神からの条件を破ってしまった男が受けた報いとは…。

 

…この話、どこかで聞いたことがあると思ったら、
落語の「死神」なんですよね。
米津玄師さんの楽曲にもあります。

 

海外の昔話かと思って見ていた動画が、
日本の昔話(落語を昔話と呼んでいいのか…?)とそっくりだった、
そんなお話でした。

 

あつ(たぶん、EdはEducationの略なんだろうなあ)

趣味なら趣味で

カテゴリ:07_前髪切りたい

最近、漫画『ブルーピリオド』にハマりました。
先週の金曜に社内で話を聞いて、土曜にはさっそく読み始めました。
だれかがおすすめしていたものは、とりあえず一口かじってみるタイプです。

 

 

思い返してみると、幼いころから絵を描くのが好きで、
小学校低学年くらいまでは絵画教室にも通わせてもらっていました。
中学では美術部、高校~大学では演劇(宣伝美術、大道具小道具など裏方いろいろ)に打ち込み、
社会人になった今でもときどき何かしら描いています。

 

でも、途中描くことから何度か離れてしまい、
主人公のように美大・藝大まで目指すことはありませんでした。
絵画教室をやめたのも、演劇部を早めに引退したのも、どちらも理由は「受験」でした。

 

元々絵を描いていたわけではないのに、あるきっかけから藝大受験に向けてひたすら自分で努力を重ねて
描いて描いて描きまくり、めきめき上手くなっていく本作の主人公の様子は、
私にはまぶしすぎて読んでいて鳥肌が立ちました。感化されて熱くなったのか、ある種の恐怖を感じたのかはわかりません。

 

 

作中に、「『好きなことは趣味でいい』 これは大人の発想だと思いますよ」というセリフがあります。
絵を描くのをセーブすることになったとき、「趣味でもいいじゃない」とよく言われました。
そして実際、私にとって絵を描くということは趣味というかたちで落ち着きました。
それについて何かもやもやしているということはないのですが、趣味なら趣味で本気で取り組みたくなる時もあります。

 

実は先日世界堂に行ったとき、上の階に絵画教室があることを知りました。
(いつもは買いたいものを買ったらさっさと帰ってしまうので、今まで知らなかった…)
どうしよう…まずは見学か…とりあえず、既刊の単行本をもう一周読みたいと思います。

 

あつ (カバーを外したとき、中におまけの四コマ漫画やイラストがあるタイプの単行本ってなんかいいですよね)

帰省のかわりに

カテゴリ:07_前髪切りたい

今年の夏は帰省しないことにしたので、
かわりに家族から静岡のお魚を送ってもらいました。

クール便、ありがたいですねえ~…
(↑YouTubeで見てハマった、霜降り明星せいやさんによる和牛川西さんのモノマネ)

 

実家に帰らないと、地元の魚市場でないと、食べられないと思っていた海の幸が我が家に…。
めちゃめちゃ嬉しかったです!
桜えびも生しらすもとれたてを食べられる時期(漁をしてもいい時期)は決められているので、
年中購入できるのはたしか冷凍されたものだけだったはず。
どちらも駿河湾の名物ですが、希少な生き物なのです。

今回送ってもらったものも冷凍されたものですが、
パウチされた状態のままちょっとの間水につけておくだけで解凍できます。
お取り寄せしてみようかなと思った方、完全に解凍してしまわないことがおいしく食べるコツですよ~。

 

_20210905_221300

 

他には、金目鯛の干物も一緒に送ってもらいました。
金目鯛の目玉のまわりのプルプルな部分って普通は食べないらしいですね…。
他県出身の人に話すとびっくりされるのですが、
子どものころの私は親からゆずってもらう勢いで食べていました。
親からも、「コラーゲンだよ~」と言われていた気がします。
そもそもめったに食べられるようなお魚ではないので、余すところなく食べたいという思いもありますが、
鯛は捨てるところがないくらい栄養豊富なのだろうなと思います。

 

_20210905_221315

 

前回のブログでは水族館アプリでお魚に癒される話、今回はお魚を食べる話と、
最近なんだかお魚天国です。
あつ

手のひらサイズの水族館

カテゴリ:07_前髪切りたい

感染者数は増える一方ですね。
最近は買い物に行くのも必要最低限にしているため、
週末のほとんどの時間を家の中で過ごしています。

 

アマプラもYouTubeもずっと見ているわけにもいかないし…
ちょうどよくヒマがつぶせるものないかな…
と思っていたところに、思い出したアプリがあります。

 

「アビスリウム-自分だけの癒し系アクアリウムゲーム-」をご存じですか?
超ざっくり説明すると、自分だけの水族館=アクアリウムを作ることができるゲームです。
画面をタップすることで生き物や海藻などを作り出すためのエネルギーが生成されるので、
そのエネルギーを使って魚を増やしたり水族館のエリアを広げたりします。
ちなみに、このエネルギーはアプリを閉じている間も一定量が自動生成されます。
(ログインさぼっても大丈夫 気が向いたときに遊べる…!)

 

大学時代にハマって無課金でもかなりやりこんでいたのですが、
スマホを変えたときにうっかりアプリを消してしまってからは遊んでいませんでした。
またイチから始めるのか…とちょっとがっかりしながら週末にインストールし直したところ、
以前のデータがあっさり復活したので、また続きから遊べるようになりました。

 

Abyssrium_2021-08-16_00-57-38

 

本物の水族館にまた行けるようになるまで、
この手のひらサイズの水族館に癒されようと思います。
あつ

意外と大丈夫でした

カテゴリ:07_前髪切りたい

今朝、ワクチンの一回目を打ってもらってきました。

昼過ぎくらいから左腕がじわじわと筋肉痛になってきています。
いつもより動きがややぎこちないです。

ただ、事前にネットでいろいろ調べて必要以上に怖がっていたため、
やや拍子抜けしているところもあります。

考えられる限り最悪のケースを想定してしまいがちな性格ですが、
やってみたら意外と大丈夫でした。

 

ところで私は中途半端な両利きで、
例えば何か取ろうとしてとっさに動くのが
左手だったり右手だったりとまちまちです。

いつもは「右手が腱鞘炎になっても左手でお箸を持つことができる」など
ささやかな便利さをありがたがっていたのですが、
ふだんどちらも同じくらい使うということは、
「代替」ができなくなったときに余計にストレスを感じるということなのかもしれません。

 

幸いにも、明日から連休です。
ここから、はれたりかぶれたりするかもしれません(←まだ怖がっている…!)が、
自宅でおとなしくゆっくり過ごして様子を見ようと思います。

おうち時間はまだまだ続きそうですね。
Amazonプライムビデオでアニメの一気見をするのもありだなあと思っています。

あつ

デジャヴの話

カテゴリ:07_前髪切りたい

先日、「世にも奇妙な物語」を見ました。基本TVを見るときは録画したアニメやバラエティーなどを消化するばかりでCMを飛ばして見てしまっているせいで、放送されることを前日まで知りませんでした。

 

放送された中で、「デジャヴ」という作品がとくに印象に残っています。
※もし私みたいにTVは録画視聴派の人がこの文章を読んでいて、ネタバレをしてしまうと申し訳ないので、ここから先ストーリーにはあまり触れないようにします。
「デジャヴ」と聞いて、「ああ、あの感覚のことね」と思い当たる人はどのくらいいるのでしょうか。
私は昔からときどきこのような体験があります。
だいたい、「あれ、なんか前に夢で見た気がする…」と思うのですが、その夢の中で何もできなかった場合は現実でも何もできないので、わざわざ話題にすることもなく「不思議な感じだったな~」と自己完結するだけです。
「デジャヴ」という言葉さえ知らなかった幼少期、その不思議な感覚をがんばって言語化して親に伝えて、
たぶんそれは予知夢だ、と教えられたことも覚えています。デジャヴと予知夢、同じものを指すのでしょうか?

 

人間の脳の構造や記憶に関しては、まだまだ解明されていない不思議がありそうです。
もっと生活に慣れて、もう少し時間に余裕を作れるようになったら、学べる本を読んだり番組を見たりしたいなあと思っています。
あつ

ちょっとした楽しみ

カテゴリ:07_前髪切りたい

早いもので、入社して3か月目に突入しました。
マイペースな性格に加えて元々転勤族だったこともあり、環境の変化に慣れるのは得意な方だと自負していますが、
大学時代のように何か作業するために徹夜できなくなってきたあたり、最近ちょっと体力が落ちている気がします。
むしろ規則正しい完全に昼型の生活リズムになり、健康になったのでしょうか?
今夜もきっと24時にはぐっすり眠っていることと思います。

 

最近はOJTを通じて、ラフや記事の書き方・取材の仕方などを少しずつ学んでいます。
コンテストの主催者様に電話で詳しいお話をうかがうことがあるのですが、
最近これに「保留中の音楽で、ひとりイントロクイズをする」というちょっとした楽しみを見出しました。
音楽の授業で聞いたことがある(気がする)ものからおなじみのJ-POPまで、本当に様々で面白いです。
ただ、歌詞がないので答えが思いつかないときに調べるのが難しいです。
多少もやもやしても、まあいっかと忘れられる人にはきっと楽しいんじゃないかと思います。

 

覚えることや学ぶことがたくさんありますが、よく観察してみるとそれぞれにちょっとした楽しみポイントがあると思います。メインでがんばることはしっかりがんばりつつ、ちょっとしたことを楽しめる落ち着きや余裕も大切にしたいです。
あつ

はじめまして

カテゴリ:07_前髪切りたい

はじめまして、あつです。今年の4月に新卒で入社しました。

これが初めてのブログ投稿です。何を書いてもいいといわれると迷いますが、無難に自己紹介をしようと思います。

 

・本を読んだり、色鉛筆で絵を描いたりするのが好きです。
・友人と遊びに行くのも一人でふらっと散歩するのも好きです。
・広島と静岡と、地元(と呼んでいる場所)が2つあります。どちらも同じくらいの年数住んでいたためです。
・中途半端な両利きです。ペンは基本右、右投げ左打ち、箸はそのとき座っている席によって持つ手を変えます。
・前髪がすぐに伸びます。
・マイブームがよく更新されます。戻ってくることもあります。現在、踊ってみた動画観賞ブームが再来しています。

 

今後も日常的なことを中心に様々なテーマで書くつもりです。
よろしくお願いいたします!
あつ

PAGE TOP

PAGE TOP