公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. 04_乗算とシネマ

公募ブログ

マルチバースなファンタビ

カテゴリ:04_乗算とシネマ

Yです。

 

突然ですが皆さまに推しはいますか。

公募ガイド社内ではちょこちょこ主張していますが、
私はマッツ・ミケルセンという俳優さんが大好きです。

 

北欧の至宝と呼ばれており、
常に口元に微笑みをたたえ、神秘的ともいえる唯一無二の雰囲気をまとった俳優さん。

 

 

 

そんな私の推しが最近出演しているビッグタイトルが、
ファンタスティック・ビースト」なのです。
人間界との戦争を画策する魔法使い・グリンデルバルド役を演じています…!

 

元々、グリンデルバルドはジョニー・デップが演じていたのですが……、
大人の事情により降板してしまったため、それを引き継いだのが我らがマッツ。

 

グリンデルバルドは、今まで公開された2作品ですっかり完成されているキャラクターですし、
マッツがどんなグリンデルバルドを見せてくれるのか、期待半分、不安半分。
どきどきしつつ公開日翌日に劇場へと足を運んだわたし……。

 

 

まあ杞憂でしたね。

 

 

前作までのジョニデバルドに流されることなく、
最高のマッツバルドを演じきっていました……! 推し、ありがとう。

 

 

 

さて、ここで「ファンタスティック・ビースト」がさらに面白くなってくる訳です。

 

 

「民衆に語り掛けるシーン、マッツだと穏やかな教祖って感じだけど、
もしジョニデだったら尖ったナイフみたいなカリスマ性が醸される気がする」

 

「ジョニデが輸送されてたシーン、無言だからこそ底知れない恐怖があったけど、
マッツなら慈悲深いまなざしで、もっと優雅に脱走してたのかも……」

 

 
という、1キャラで2回美味しい、
いわば「グリンデルバルド・マルチバース」の世界が開かれてしまったのです!!!!

 

 

 

疲れているのか、最近はこういうことばかり考えています。
「マルチバース」ってなに?という方はぜひマーベル作品でも観てください。

 

 

 

 

ちなみに本日5/13は「シン・ウルトラマン」の公開日です。
庵野監督のウルトラマン……怖いもの観たさで映画館に行くしかない。

 

Yでした。

 

デルトロ作品の振り幅よ

カテゴリ:04_乗算とシネマ

Yです。

映画のネタがなく、前回は苦し紛れに美術館のことを書きましたが、
もう大丈夫です。ちゃんと映画を観ました。

 

 

今回は、現在上映中の「ナイトメア・アリー」について語っていこうかと思います。

 

 

「シェイプ・オブ・ウォーター」で有名なギレルモ・デル・トロ監督の作品です。
ナイトメア・アリーとは「悪夢小路」のこと。
舞台は1960年代アメリカ。ショービジネスの成功を夢見る男が、カーニバル(サーカスみたいなの)にたどり着き、
やがてその才能で興行師のトップにのぼり詰めるものの、繁栄の先には闇が待っていた……という内容です。

 

物語の特性上、あまりネタバレできませんが、
「エディプス・コンプレックス」をいや~~な感じで盛り込んだ、
品のない言い方をすると、“胸糞”ノワール映画でした。

 

 

 

「エディプス・コンプレックス」とは、
ギリシア神話に登場するエディプス(オイディプス)王が由来の精神分析用語です。
エディプス王が父親を殺し、母親と結婚したという物語を元に、
「男子は無意識に父親を憎み、母親へは性的愛情を持つ傾向にある」と社会学者・フロイトが提唱したもの。

 

(こういうネタ好きだけど、いざ映画として鑑賞するとしんどい……)

 

 

ネタバレ過激派なので、具体的な例は割愛しますが、
私の最初の感想は「高熱を出したときに見続ける悪夢」でした。

 

 

 

ただこの作品がすごいのは、「恐ろしい映画」だけでは終わらない物語構成の巧みさ!
小物や登場人物すべてに、メタファーとしての役割を持たせているので、
鑑賞後の考察が止まらない~!

 

 

風呂敷はとことん大きく、でもしっかりたたむ。
自分の好きなものを好きなだけ盛り込むのがうまい。
やっぱり、ギレルモ・デル・トロ監督は天才なんでしょうね。

 

 

 

 

 

後日、気を取り直して(?)
同じくデルトロ監督作品である「パシフィック・リム」を鑑賞したところ、
怪獣vs巨大メカという、ロマン!ロマン!ロマン!をてんこ盛りに浴びる結果に。

 

同じ人間が作ったものとは思えない……。

 

 

温度差で風邪を引きそうになりました。
Yでした。

今日は美術館の話

カテゴリ:04_乗算とシネマ

Yです。

 

 

この2年間、ほとんど美術館に行けていませんでした。

 

展示が延期・中止になったり、
自粛ムードが高まっていたりで、
なんとなく行きにくかったのです。

 

 

以前は時間とお金が許す限り、
興味のある展示に足を運んでいました。
その頃のチケット販売は完全予約制ではなく、
いつでも窓口で当日券が買えたので、
気ままに美術館巡りができたのも大きいかもしれません。

 

 

それで、ようやく昨年末、久々に展示らしい展示を観たのが、
ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催されていた、
有名デザイナー葛西薫の個展「NOSTALGIA」でした。

 

 

尊敬するデザイナーの作品を前に高まる、わくわく感、充実感……、
確立された世界観と、何十年経ってもぶれないコンセプトに刺激を受けました。
今まで私自身が学んできた知識を使って、目の前の葛西薫作品を感じていく楽しさ……。

 

そのとき、ふと、今までの自分の不勉強さに気づき、目が覚めたのです。

 

 

これまで他の美術作品を「場当たりで」観ていたことに!
もったいな!

 

 

あーーーーー、もっと勉強しておけば、何倍も展示を楽しめたのかもしれない!
てか、なにを観たのか覚えてない展示めっちゃある!!
それに今さら気づくって遅!!!

 

 

……そんな自分が許せず、
この前行った森美術館「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」は
しっかり調べて本も読んで行きました。
小ネタがわかったときの楽しさ、いいですね。

 

会田誠先生との絡みが多いクリエイターさんたちなので、
個人的にテンションがあがりました。

 

 

彼女たちの作品は、国内外の情勢を鋭く映す鏡のような存在感があります。
現代アートとして頭一つ抜けているのです。
この大規模な回顧展を逃すのは損だなあと思います。

 

 
あと最近、マリウポリの美術館が破壊されてしまったニュースに胸を痛めています……。
芸術は転換期や発展があれど、後退することがあってはいけないと思います。
いついかなるときも人々の心のよりどころであってほしいです。

Yでした。

 

ダークヒーローと理不尽

カテゴリ:04_乗算とシネマ

Yです。

今週末、映画「THE BATMAN」が公開されるので、
それを生きがいに、なんとか人間の形を保って生活しています。

 

 

バットマンについては知り合いが、
「映画オタクはブルース(バットマン)がもがき苦しむ姿を見て楽しむから、実質ジョーカー」
的なことを言っていて、
「まあ確かに、必死にもがいている主人公って輝いて見えるから仕方ないよね、炭治郎的な」
と納得すると同時に、
「いやそれって、好きな子をいじめて喜ぶ小学生と一緒じゃん。オタクって闇が深い」
とも思いました。(個人の意見です)

 

 

 

ということで、今日はバットマンつながりでジョーカーの映画について話していこうかと思います。

 

 

私は一時期、「JOKER」(2019)にドハマりして、
寝ても覚めてもジョーカーのことを考えていました。

 

暴力かっこいいぜ!というこじらせ中学生的なアレではなくて、
どん底の不幸に陥った主人公が、そこで一種の幸福を見出すというストーリーが興味深かったのです。

 

なぜその精神状態に至ったのか? どん底の人間が次に取る行動はなんだろう?
丁寧なストーリー構成と役者の鬼気迫る演技なくしては成立しなかったと思います。
心情を表現する画面構成(シンメトリー構図など)も巧みです。

 

 

私も苦難に立ち向かい、もがき苦しむ主人公を見たい方の人間なのですが、
劇中で主人公が苦難を乗り越え、カタルシスを迎えるまでがワンセットだと助かります。
ハッピーエンドじゃないと悲しいので……。

 

 

いろいろかっこつけましたが、実のところ、
「ホアキン・フェニックス(ジョーカー役)の演技が良すぎるから観て」
に尽きます。観て。

 

 

 

 

来週も人間性を保つべく、
3連休は森美術館まで
chin↑pom展を観に行くことにしました!

 

今年の抱負は美術館巡り。

 

 

流行りのドラマ

カテゴリ:04_乗算とシネマ

こんにちは、Yです。

今更になって韓国ドラマにハマりました。

 

 

すべてのはじまりはNetflixで配信されている「イカゲーム」。

暇つぶしにデスゲームが観たいな……と軽い気持ちで1話を再生したら、

あっという間に最終回まで完走。

普段ドラマを観ない(最終回まで観られない)のに、

こんなに夢中になるとは思っていませんでした。

 

以前は、「サイコだけど大丈夫」も好きで観ていましたが、

その比にならないレベルで、いまは毎日イカゲームのことばかり考えています。

チョン・ホヨンさんとイ・ユミさんが推しです。日々のうるおい。

 

 

なぜひきつけられるのか……?

・ただのデスゲームかと思いきや韓国の社会問題を絡めている。

・登場人物の行動理由がしっかりとしている。

・俳優陣の演技が秀逸。

・1話ごとの切り方が本当にうまい。つい次の話を再生してしまう。

・伏線がどれも興味をそそる。しかも回収されたとき気持ちいい。

・画面構成(色彩構成)がていねいに計算されている。

挙げたらキリがないですね。

 

 

 

最近は「今、私たちの学校は…」というゾンビものを熱中して観ています。

イカゲームでの推し、イ・ユミさんが出ていてそれはそれはもう幸せです。

めっちゃかわいい~! お肌もつるすべ~!

 

 

 

実はもともとハングルを勉強していて、

ほんのちょっとだけ読み書きできるのですが、

これを機に俳優さんたちのInstagramもTwitterもすらすら読めるようになりたいです。

知らない単語を調べていくのが楽しい! いつか韓国旅行に行きたい!

 

 

 

ハングルが読めて便利なこと。

どんなに電車で寝ていても、起きてすぐ、

日本語・英語・韓国語すべてで駅名が読めること。

乗り過ごし防止に役立ちます。

Yでした。

ファッションブランドと映画

カテゴリ:04_乗算とシネマ

こんにちは、Yです。

 

 

少し前のブログでは、なかなか映画館に行けない虚しさを書き連ねていましたが、
ここしばらくはサブスクで映画を観たり、毎週末映画館に足を運んだりしています。

 

 

特にスパイダーマンの新作は涙で顔がべしょべしょになりました。
MCU以前のスパイダーマンから好きだという方はすぐに映画館に行ってください。ネタバレ厳禁。
かなりおすすめです。
かなり おすすめです !!!

 

 

 

そんなこんなで、この前の土曜日は映画館でハウス・オブ・グッチを観ました。
かなり前に公開予告が出ていたので、グッチ家の没落ヒストリーは予習済みでの鑑賞です。
2時間半の長丁場でしたが、こまごまとしたエピソードをすべて割愛しており、
あっさりと観られた印象を受けました。
映画の本筋を人間同士の揺れ動きに絞っていて、かなり分かりやすいです。

 

ピエール・ニネ版「イヴ・サンローラン(2014)」もそうなんですが、
ブランドものの映画は、意外とファッションのきらきら感を期待するとアレ?となるので、
おしゃれヒューマンドラマとして観て欲しいなあと思います。
(まあそれはそれとしてやっぱり衣装設計は最高なので服飾系の友人にも勧めたい)

 

 

「ハウス・オブ・グッチ」で一番の見どころは役者陣の演技!
金の亡者と化し、狂気と欲望まみれのパトリツィア(グッチ家長男の妻)を、
下品すぎないギリギリラインで演じたレディ・ガガの怪演を観るだけで価値のある映画でした。
あとやっぱりアル・パチーノはずば抜けて味わいある俳優さんです。格が違う。

 

音楽も良くて、これが映画館の醍醐味……と噛みしめた週末でした。

 

こんな時世ですし、また映画館に行けなくなりそうですね。
滑り込みで行けてよかった~。

 

 

 

では、
塩田武士さんのオンラインイベントに向け、「罪の声」を観始めた、Yでした。

クリスマスに選ぶ映画

カテゴリ:04_乗算とシネマ

こんにちは、Yです。

 

先週、今年最後の校了を終えホッとしていたら、12月があと少ししかないことに気がつきました。

 

大学生のころ、年末年始は飲食店のアルバイトをしていたので、年越しもお店でした。
いまもクリスマスや大みそか、元日にあまり頓着がなく、
あー、なんか今日ってもしかしてクリスマスイブ? という具合に、
1か月・1年のうち、ただの1日を消費している感覚しかありません。

 

なので、クリスマスなどの年末年始イベントに誘ってくれる友人は非常に貴重で、
ずっと大切にしなくちゃなあといつも感謝しています。

 

 

今年は友人と、その幼なじみの方(初対面)とクリスマスをしました。
その幼なじみさん、なにやらご飯まで作ってくれて。

 

わたしはスイーツ担当に名乗りを上げましたが、
作るスキルは持ち合わせておりませんので、すてきなお店のケーキを購入し、持参。
お口にあったようで嬉しく。一安心。
おいしいものを探知する能力のほうは任せてほしいです。

 

 

 

さて、映画しばりのブログだというのに、前置きが長くなりました。

 

年末年始に観るといい映画! はたぶんテレビでたくさん紹介されていると思いますし、
今日だけは自分のクリスマスの映画の思い出を書こうかと。

 

 

 

大学生の4年間はほぼ同じメンバーでクリスマスをしていました。
毎年1本映画を流しながらケーキをつつくのが恒例行事。

 

1年目は誰かが鈴木亮平主演の「変態仮面」を流し始め、
2年目は「変態仮面2」を発見し、前回のクリスマスを回顧しながら観ました。
3年目は「スイス・アーミー・マン」というハリーポッターでおなじみダニエル・ラドクリフが水死体となって現れる謎謎謎映画。
(残念ながら、4年目は外で食事をしたため映画はお預け。)

 

……どれも素晴らしい映画ですが、
映画のチョイスが大学生のアホさ丸出し。

 

 

クリスマスになると、ばかみたいに大笑いした記憶がよみがえってきて、
実はすごい大切な時間、経験だったなあと自分の中で大事大事にしています。
ちなみに今年は「LA・LA・LAND」を観ました!
二周目でしたが、観る年齢、その時の状況で見え方がまったく違いますね。

 

創作をしている、夢を持っている(持っていた)なら必ず刺さりますよ。
年末年始、みなさまがすてきな映画に出会えますように。

 

 

 

ハッピーホリデー!

Yでした。

役者につられる

カテゴリ:04_乗算とシネマ

Yです。

 

 

この前ひさびさに映画雑誌を買いました。

 

忙しさを理由に、2か月くらい映画雑誌を買っていないだけで、
もう最新の映画トレンドから浦島太郎です。

 

ヨボヨボになりながら雑誌を眺めて思ったのが、
今年の年末上映作品は豊作だなあということ。
少しずつコロナ禍の映画館にも光が見えてきました!

 

観に行けるかは別ですが……!

 

 

 

いま一番観たいのは「ディア・エヴァン・ハンセン」。
舞台ミュージカルが映画化したものです。
ストーリーも面白そうですが、主人公の母親役のジュリアン・ムーアに期待大。
彼女が出演するというだけで、その映画を観たくなるんです。

 

 

演技力はもちろん、
過去に演じたキャラクターの幅がとっても広い。
若年性アルツハイマーの女性、ネグレクトしている母親、同性愛者カップルなどなど。
出演NGしそうな、難しい役柄をなんなくこなすカッコイイ女性です。

 

 

特に心に残っているのが、2019年のあいちトリエンナーレの、
love story」(キャンディス・ブレイツ作)という作品で
難民女性のエピソードをジュリアン・ムーアが再演、朗読していたことです。

 

あいちトリエンナーレは愛知県で3年に1度開催されている国際芸術祭のこと。
主に現代芸術が展示され、作品を通し、問題提起や新しい価値観を訴えかける作品が多いです。
「表現の不自由展」の展示中止でも話題になりましたね。

 

 

「love story」は、6人の難民が祖国を脱出したエピソードを提供し、
それを名優たちが再演するといった作品。
難民なので顔は出せませんが、その強い思いを役者に代弁してもらうものです。

 

当時、まさかここでジュリアン・ムーアを見るとは!と興奮しました。
感情をあふれさせつつも、繊細な部分を上品に演じるのがとても上手なので、
口調は淡々としていても、難民女性の悲しみ、痛み、願いもすべてジュリアン・ムーアの朗読から伝わってくるようでした。

 

 

いまでもふと思い出しては、ジュリアン・ムーアの役者魂にほれぼれします。
誰かの心に刺さる作品を作ってみたいなあ。

 

 

 

書いていたらますます「ディア・エヴァン・ハンセン」が観たくなってきました!

 

 

Yでした。

スターと社会問題と映画

カテゴリ:04_乗算とシネマ

こんにちは、Yです。

 

 

 

ここしばらく週末に用事があり、映画館はおろか家でもゆっくり映画を観られていません……。
それでも最大の癒しは映画鑑賞なので、
スマートフォンに何本かダウンロードし、電車でちまちま観ています。

 

でもぜんぜん満たされず! 映画館行きたい!
映画に対し、私は鑑賞体験そのものを求めていたということが明らかになりました。

 

 

 

というわけで、今回は「作家デビューを目論む!」特集に絡め、
スターにまつわる映画について。

 

 

「ザ・プロム」(2020)

 

こちらはNetflix配信映画。
メリル・ストリープ、ニコール・キッドマンなどなど、とにかくキャストが豪華。

 

日本人にとってはあまり馴染みのない「プロム」ですが、
超派手派手ノリノリ(?)な高校卒業パーティーだと思ってください。
そして、押さえておきたいのがプロムは「カップルで参加する決まり」だということ。

 

この映画はLGBTQを題材にし、そんな「プロム」のルールへ問題提起する内容となっています。

 

 

問題のはじまりは、女の子と付き合っている女子高校生エマが、
同性同士のカップルを学校のPTA会長に認めてもらえず、プロムへの参加を禁止されてしまうことから。

 

それを聞きつけた、メリル・ストリープたちスター4人組が支援するために奔走するのですが……。
実は、落ちてきてしまった自分たちのスター性を取り戻すためという裏があったのです。

 

特に、メリル・ストリープ演じるディーディーは、
ビッグスターにのし上がったという慢心が、没落スターを引き起こしています。
デビューし、スターになっても現状を維持するには何が必要なのか? 考えさせられるキャラクターです!

 

 

 

 

現在もなおセンシティブな問題であるLGBTQ。
この映画ではエマの勇気と、彼女を取り巻く問題、周囲の人間の理解などが、
ミュージカル仕立てで描かれています。
訴求力のある人間が、社会問題に向き合ったらどんなパワーが生まれるのか。
かなりライトに観られる映画ですので、LGBTQに興味があったら観ていただきたい一本。

 

 

マサチューセッツ州が同性婚を認めた2004年から数年経ったあたりから、
少しずつこういった題材の映画が増えたと思います。
そして現在ではかなり明るいストーリーでも描かれるようになりました。

 

 

数多くのスターが問題提起し、発信してきた賜物かもしれません。

 

 

それを上手く受信できる人間になりたい。

Yでした。

広告と映画の話

カテゴリ:04_乗算とシネマ

こんにちは、Yです。

 

 

最近、映画館でヒュー・ジャックマン主演のレミニセンスを観てきました。

 

フィルムノワールをほうふつとさせる、謎の美女と主人公のほろ苦いロマンスって感じ。

 

退廃した世界、水没した都市が舞台なのがもうたまりませんでした!
しっかり張られた伏線もちゃんと回収してくれて良かった~。

 

 

…でもちょっと引っ掛かりがあるんです。
それは、広告の打ち出し方。
「J・ノーランが仕掛ける映像トリック!」といった感じのTVCM、広告たち。

 

 

いやいや、脚本・監督はJ・ノーランの妻であるリサ・ジョイなんですよ。

 

 

J(ジョナサン)・ノーランはクリストファー・ノーランの弟。
2人で名作をガンガン出すようなすごい兄弟です。
だからそっちの名前で売り込んだ方がいいのは分かるのですが、
ノーラン映画をイメージしながら観るとやっぱり違うというか。

 

逆にそっちに引っ張られるのはもったいないというか。

 

 

 

日本の映画では広告を出すとき、偉い人の意向に沿う必要があるため、
広告の表現がマイルドになったり、邦題で主旨がズレたり、キャッチが謎のお涙頂戴になったりして、
ちょっと惜しいことがあります。これもそうなのかなあ、と映画館を後にしながらしみじみ思うのでした。

 

なので、洋画を観るときは、ぜひ原題にも注目してみて欲しいです!
(あと元々のキービジュアルにも…)

 

 

次回は「スター×〇〇」です。

 

巷で噂の「イカゲーム」にはまりそうな、Yでした。

 

1 / 212

PAGE TOP

PAGE TOP