公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. 49_ほげほげぬるぽ

公募ブログ

階段の踊り場

カテゴリ:49_ほげほげぬるぽ

外から見える階段の踊り場が好きだ。
会社の階段の踊り場。
お気に入りの場所。

 

一人で外を眺めているとなぜだか気分が落ち着く。

 

階段の踊り場は不思議な空間で―――。
1社目では喫煙所と化していて、誰もが愚痴を自由に言っていた。
2社目では闇堕ちした人が佇んでいた。
3社目では社内の階段で他部署の人とすれ違うと趣味の話で盛り上がった。
ふとそんな記憶を思い出す。

 

そして、当社の階段の踊り場。
空が澄んで飛行機が飛んでいて東京タワーが見える。
うん、いい感じ。

0622

 

さて、仕事に戻りますかねー。

 

YuE

30代はどこにいった?

カテゴリ:49_ほげほげぬるぽ

ふと気になったことがあります。
公募ガイド社の年齢層がおかしいです。
1977年に設立しているのに20代が多いです。

 

ベンチャーなのかスタートアップなのか勘違いするぐらい20代の割合が大きいです。
新卒が毎年入ってくるし中途も20代が多いです。
三十路越えたら、おじさん、おばさん、シニアの世界観です。

 

通常、設立期間が長ければどの年代もまんべんなくいるはずなんだどなー。
上の世代に行くほど少ないなら話は分かるのですが真ん中の世代がなぜか居ない。

 

30代が居ないんだよなー。(30ちょい過ぎぐらいならいるけど)
特に私の年齢前後が居ない気がするなー。なんでだろう?

 

マジで30代どこいった??

 

公募ガイド社の7不思議である。

 

YuE

簿記には魔物が住んでいる

カテゴリ:49_ほげほげぬるぽ

当社にはマネージャ昇格要件というものがあり、その一つに資格取得があります。
対象となる資格は、ITパスポート、日商簿記3級、リテールマーケティング(販売士)2級、ビジネス実務法務3級があり、その4つ全てを取得しておく必要があります。

 

私の場合は、中途入社した日からマネージャだったので後から知りました。
これからマネージャに昇格する人はもちろん、既にマネージャの方も対象と言うことで……。

 

そんなわけで、今年に入ってから通勤時間は資格の勉強をしておりました。
ITパスポートは得意分野なので簡単。
ビジネス実務法務も過去に法律を少し齧っていたので難無く合格。
リテールマーケティングは前の会社が小売業種だったのでとっつきやすく。

 

簿記は確定申告毎年出してるし、会計システムにも携わっていたので楽勝だぜー!と思っていたら難しい。
テキスト読んでも問題をみたら解ける気がしない。
貸借対照表も損益計算書も業務では困らないぐらいには理解しているはずなんだけどなー、おかしい。

 

―――簿記には魔物が住んでいる。

 

このため、唯一、簿記だけは机に向かって手で書いて覚えるという苦行を強いられることになりました。
他の資格は通勤中にスマホで覚える方法で行けたが、どうやら簿記はそれでは無理らしい。油断大敵。

 

ネット上では。「簿記3級は理解するのに100時間かかる」と言われています。
しかし、「簿記3級は30時間で理解できる」という情報もある以上、そんなに時間をかけていたら負けた気分になります。
何か30時間で合格できるための必勝法があるはず。
そもそも5月GW明けが期日な以上、一刻の猶予も無い状態。

 

そして私はある結論に至りました。

 

「そうだ、問2は捨てよう」

 

問1と問3は問題パターンが限られているのに対して問2は毎回出題パターンが安定しない模様。
しかも、問2は20点分の配点しかないので勉強量とコスパが見合っていないと判断。
よって、問1と問3の80点満点勝負で行くことに。これなら30時間以内の勉強で行けます。

boki2

 

結果、ギリギリ70点で合格しました!ヒャッハー!!
こうして無事、4つの資格を合格しましたとさ。

めでたしめでたし。

 

YuE

落とし穴注意にしか見えない

カテゴリ:49_ほげほげぬるぽ

下記の画像は広域避難場所を示す標識です。
みなさんはこれが”広域避難場所”を示していると初見でわかりますか?

落とし穴注意

 

 

 

 

 

私はわかりませんでした。
どうみても”落とし穴注意”にしか見えません。

 

決して大喜利的回答を狙ったのではありません。
純粋に一目見て”落とし穴注意”にしか見えなかったのです。
学校付近にこの標識を見ますが、「この学校は落とし穴が多いんだな、危ないな」ぐらいにしか思えないです。

 

とはいえ、一度理解してしまうと”広域避難場所”の標識にも思えてしまうのだから人間の脳みそは不思議です。
創作とは、こういう一見すると違うようにもとれてしまうところから発想を転換、視野を広げていくことで創れたりもするんじゃないかなとも思います。

 

エンジニアの仕事にも発想力は大事なので日々、人とは違う発想力を持ち続けていきたいですね!

 

YuE

ドクペが飲みたいです。

カテゴリ:49_ほげほげぬるぽ

指が震える、落ち着きが無い、ぼーっとする。禁断症状だ。
当社に入社してからというもの、私は知的飲料を飲んでいない。―――否、売っていないのである。
日々、パイナップルジュースで気分を紛らわしている日々、コレジャナイ感。

 

知的飲料とは何か?
知る人ぞ知る「ドクターペッパー」である。
これは味が独特らしく選ばれし者にしか飲めない知的飲料と言われている。

 

ドクターペッパーの味を言葉で例えるのは難しい。
強いて言うなら、微妙に配合に失敗したコーラに甘めの杏仁豆腐をぶち込んで、謎の薬品を混ぜながら炭酸を入れた感じの味である。

 

一口飲めば、
―――未知との遭遇。

二口飲めば、
―――脳内花畑。

三口飲めば、
―――極楽へ。

 

そんな代物であるから初心者は注意が必要な飲み物であり、
選ばれし者にしか飲めない知的飲料たるゆえんなのだと思う。
私はドクターペッパーが大好きで、一時期それが無いと仕事にならないくらいドクペ中毒者だったのである。
どうやらこの知的飲料、選ばれし者にとってはものすごい中毒性を発揮するらしい。

 

ちなみにこのドクターペッパー、2000年代まで”変態飲料”と呼ばれていた。
私の愛飲するドリンクに対してまったくもって失礼な話である。

 

これを覆したのが『STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート)と呼ばれるアニメ&ゲームなのである。
岡部倫太郎ことオカリンがドクペを語ったことで知的飲料への躍進を遂げたのである!
おかげで私は変態飲料を飲み干すヤバい奴から知的飲料を愛飲する選ばれし者になれました。

 

そんなドクターペッパーが当社の周りでは売っていません。
どこかに売ってないかなぁ…。情報求む!!

 

※『STEINS;GATE』世界線だのタイムリープの話が出てきたり用語が難しかったりで人を選ぶ作品ですが、興味のある人はぜひ。
※私の好きな言葉である「ぬるぽ」も『STEINS;GATE』が有名にしてくれたと言っても過言ではない。

 

YuE

『ちはやふる』が49巻で最終巻……だと

カテゴリ:49_ほげほげぬるぽ

『BE・LOVE』で連載中の競技かるたが題材の漫画『ちはやふる(作:末次由紀)』が49巻で最終回を迎えるようです。
現在48巻まで発売されているから半年以内には終わるわけか…残念。

 

私にとって『ちはやふる』は2社目の先輩社員にオススメされ貸してもらった思い出の漫画です。
かるたを題材にした漫画の何が面白いんだ、と半信半疑で読んでみたら思いのほか面白くて当時出ていたコミック全て貸してもらったのも良い思い出です。

 

競技かるたで全国を目指す高校生たちの熱い青春ストーリー。
うん、私には眩しすぎる~wだが、そこがいい!!
主人公の千早が、仲間と競技かるたを通して成長しクイーンを目指す。
連載当初は小学生で初心者だった千早も高校3年生になり今ではクイーンである若宮詩暢との決勝戦にいくまで成長。

 

次巻で最後な『ちはやふる』も残る試合は、
クイーン戦の千早VS詩暢と名人戦の新VS周防の最終戦のみ。
ここまで来たら千早と新には勝利して新クイーン、新名人になってほしいところですが、
作中最強の若宮&周防には敗北して終わりそうな気もする。

 

好きな漫画が最終回を迎えるのは寂しいですが今から結末が楽しみです。

 

YuE

何もしない贅沢なひと時

カテゴリ:49_ほげほげぬるぽ

片道2時間往復4時間。

 

これ、何の時間かわかりますか?
わからないでしょう。きっとわからないと思います。

 

私の通勤時間です!!

 

実はワタクシdoor-to-doorで会社に到着するまで片道2時間かかるんですの。
公募ガイド社の社員でも屈指の遠距離通勤者ですのよ。

 

まず、家から最寄駅まで歩いて30分。(ここはバスを使うので15分)
次に最寄駅から大門駅まで90分。(快速特急です)
そして大門駅から裏道コンビニ寄って15分くらい。

 

電車で90分はきつくないか?と聞かれたりしますが……まあ、人間何事も慣れですね。
ただ、ほぼ始発なので座れるとは言え、この状態で90分間何するんだよっていうね(笑)
人は常に何かしていないと「時間がもったいない」と感じてしまう生物らしく通勤時間が無駄と思う方が一定数いるのも事実。

 

しかしながら私ぐらい達観すると、その無駄の全てを受け入れることができるようになります。
20代前半の頃は「なにかしなくちゃ」と電車の中で本を読んだり、ゲームしたり、床の模様の点々の数を数える日々を送っていました。
だけど狭い車内で出来ることは限られているうえ、せかせかとそんな生き急いでも仕方ありません。
人生は長いのです。仕事にスピード感は必要でも人生はまったり逝きたい。そう、逝くときはポックリと。

 

そんなある日、私は気が付きました。
―――そうだ、何もしなくていい、このひとときを楽しもう、と。
姿勢を正して心を無にし、ゆっくりと目を閉じる。
そうすることで誘われる無の境地――――――。

 

そうして訪れる”何もしない贅沢なひと時”を私は楽しむようにしています。
一番贅沢なことは高級品を買うことではなく、時間を誰にも邪魔されず何にも考えずに過ごすことです。

 

ちなみに今となっては、いつでもこの能力を発動できるので、電車で座っていようが立っていようが時間場所問わず、”何もしない贅沢なひと時”を過ごすことができます。
あぁ神さま、どうかこの時間を永遠に……。

 

YuE

オミクロンって敵キャラっぽい名前だよね

カテゴリ:49_ほげほげぬるぽ

世間ではコロナウイルスが猛威を振るっています。
幸い、私はコロナに感染したことが無いのですが、人によっては重症になったり最悪死亡する、ということになるので本当に怖いウイルスです。
WHOは2022年でパンデミック収束を期待しているようですが、こればかりは誰にもわからないですね。

 

コロナにより生活様式も変わってしまいました。
外出ではマスク必須、リモート・オンラインによる仕事の台頭、ソーシャルディスタンス、飲食店の様式変更とあげればキリがありません。
当社でもマスク着用、手洗い、3密を厳守することになっておりコロナ対策をし、リモートも活用しています。
もう、この生活様式は元に戻らない、なんてことも言われているそう。

 

さて、本日の本題ですがオミクロンって悪そうな名前ですよね?
何が由来か調べたところ、ギリシャ文字を由来しているようです。
なので、このあとはパイ、ロー、シグマ、ウプシロンと続いていきます。

 

そして最後はオメガ(ω)になります。
もう響きがラスボス超えた隠しボスのレベルです。強そう……。
ファイナルファンタジーの世界観で言えば『空より現われし、心を持たぬ者』が到来するわけです。
果たして人類はオメガに勝てるのか……?

 

そんな妄想を繰り広げながらコロナ収束後の世界を待ちわびている今日この頃でした。

 

YuE

公募ガイド社最難関仕事 – 掃除ガチャから始まる魔の30分 –

カテゴリ:49_ほげほげぬるぽ

情報戦略部のエンジニアとして入社して半年が過ぎました。
私は元々、エンジニア畑の人間で高校卒業後はITの仕事を中心にやってきたこともあり、大抵のシステム改修はそれなりに対応できます。(最近のモダンな技術は弱いかな…)
リーダ業務やプロジェクトマネージャも経験してきたのでマネジメントもそれなりに嗜んでおります。
そんな私なので当社の仕事をソツなくこなしてきたのですが、ここにきて苦手な仕事があることが判明しました。

 

それは掃除です。

 

あの雑巾を持って社内を駆け回りゴミを回収しながら掃除機でブーンする、あの掃除です。
当社では月曜日の朝に30分間のお掃除タイムがあります。
これはくじ引きで決まります。やりたい箇所を掃除するのではなく運です。人はそれを掃除ガチャと呼びます。
通常のガチャであれば課金すればどうにかなりますが当社の掃除ガチャに課金要素はありません。

 

掃除ガチャの内容としては「掃除機」「トイレ掃除」「倉庫整理」「机掃除」「流し台掃除」など様々です。
内容によって当たりハズレがあるのはガチャとして当然です。

 

その中でも最難関仕事となるのは「文具棚の整理」です。
なぜ最難関かって本来文具棚はそんなに散らからないのです。

散らかっていない文具棚をどうにか工夫して30分間掃除をしないといけないのです。

 

引き出しを開けた瞬間、出てくるのは割と整理された文房具の数々。(そりゃ、毎週整理してるもんね…)
「何を整理しろと……」という気持ちを抑え、私は冷静に備品の1センチのズレを直すかの如く整えます。
そう、30分と掃除の時間が決まっている以上、私は心を無にして文具棚と向き合う大義名分があるのです。

 

「文具棚の中を全部出してしまい直せば30分過ぎますよ」
―――良案ですが、私がそんなことをしたら更に汚くなります。

 

「輪ゴムの数を数えていれば30分過ぎますよ」
―――名案ですが、私がそんなことをしたら眠くなります。

 

ちなみに「文具棚の整理」担当者にはもう一つ「不要用紙のゴミ捨て」仕事があります。
こちらは本当に不要かを心眼で見極めて梱包し1階のゴミ捨て場に持っていく、誰でも出来る簡単なお仕事です。
枚数も大したことないので10分かからないです。
そうして私は再び「文具棚の整理」と向き合うわけです。

 

そのころになると皆、おおよその掃除を終えて雑巾を洗ったり後片付けが始まっています。
要するに他の掃除場所を手伝う、といった選択肢はこの時点で既に消え去っているのです。
ここまで読んでくださった読者の皆様は気が付いているでしょう。
そう、「文具棚の整理」に雑巾は不要、つまり後片付けの工程が無く、整理された文具棚と向き合う地獄のラスト数分間が始まるのです。

 

本日は流し台の掃除で良かったのですが、次回は「文具棚の整理」を引くのではないかと毎週ドキドキする月曜日を過ごすことになりそうです。

 

YuE

『買う』、『買わない』と『やる』、『やらない』は別である

カテゴリ:49_ほげほげぬるぽ

ゲーム大好きな私のブログがやってきました!

ゲームと言えば最近の主流はスマホの基本無料ゲームが主流ですが私は断然コンシューマーゲーム派です。
スマホだと物足りないんですよねー、やはりコントローラ持ってガッツリプレイする感じじゃないと。
SteamのPCゲームを漁るってのも悪くはないですが、PCは他の用途に使いたいし。
やっぱりゲームはゲーム専用機でプレイするのが一番ですよ!!

 

というわけで私の家にたくさんのゲーム機があります。
最新はSwitch,PS4,XBox Oneから古くはファミコン、ゲームボーイ、ゲームウオッチまで。
(まだPS5は購入できていない……)

 

最近はSwitchの稼働率が高いかな。
今月は『ポケモンダイパリメイクダブルパック』をはじめ何本か購入。
(反対にPS4はほぼ稼働していない。最後に購入したのは『13機兵防衛圏』だった気がする。これは面白いのでオススメ)

 

さて、こんなに購入している私が全てのゲームを購入できているのかというと―――、
出来ていません!!

 

未開封のまま部屋で山積みになってます(笑)
いや、いつかはやるんだよ!定年後とか!仕事辞めたときとか!
でも消化するまで数年かかりそうだ……。

 

でも、これは無駄ではないっ!
買って山積みになるのを見ると楽しみが増えるからね!
私は買ってからやるかやらないかを決めるんだ。

 

つまり、『買う』、『買わない』なら『買う』ゲームが多いけど、
『やる』、『やらない』なら『やらない』ゲームのほうが多いわけです。

 

これって、洋服を買ったものの着なかったり、DVD買ったけど観なかったり、チケット買ったけど行かなかったりと同じことですがなかなか同意得られないんですよね~。
大体人に話すと「あり得ない」「コイツはやばい奴だ」「なぜ、購入してプレイしない」となる。
うーむ、買って満足するというのもあるからね~。
でも、いつかはプレイしますからねっ!

 

こういうのって仕事でも同じですよね。
システムを構築するときに『出来る』『出来ない』なら『出来る』けど、
予算やリソースの都合で『やる』『やらない』なら『やらない』みたいな。
……違うか(笑)

 

YuE

1 / 212

PAGE TOP

PAGE TOP