公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集部ブログ > 
  3. 99_見習い詩人ふたむーの奮闘日記

公募ブログ

クリスマスツリーはキレイだ。

カテゴリ:99_見習い詩人ふたむーの奮闘日記

クリスマスツリーを飾りながら焦っています、ふたむーです。



ふと気づくともう11月も半ば…。

毎年この時期になると、自分はどれだけ成長できたのかと悶々としてきます。


1歳年を重ねるのに、それに伴った力が付いているのかむしろ退化したんじゃないかとビクビクします。


1つ1つリースをかけながら、日常生活で最低限必要な掃除洗濯食事だけだと色んな機会を逃してしまうなぁ・・・などと物思いにふけります。

夏の海で水着でバーベキューも、秋のハロウィンのイベントも、クリスマスツリーも、や (さらに…)

あこがれとおにぎり

カテゴリ:99_見習い詩人ふたむーの奮闘日記

食前に豆腐を1パック食べるようにしています、ふたむーです。

 

最近急激な体重の増加で、体重管理アプリで摂取カロリーと消費カロリーを計算しています。

 

お金以外の事も、数字として可視化することで意識もできるし自分を律していきたいです!

 

 

…とはいえ、少し肌寒くなって、お腹もぺこぺこで、今年も秋がやってきて、ご飯が美味しいんです。

 

もはや足し算して、引き算するしかないんですよね。

 

 

以前のブログ「お母さんのおにぎりが〜」でも書きましたが週末も最強のおにぎりがテーブルに置いてありました。

 

IMG_7016

 
 
 
 

とりあえず2個食べた後、ウォーキングしながら詩作を頑張 (さらに…)

我が家のスーパーマン

カテゴリ:99_見習い詩人ふたむーの奮闘日記

ハロウィンに乗じて堂々とコスプレ出来るって素晴らしい〜などと考えております、ふたむーです。


仮装って新しい世界が拓けるから楽しいですよね。メイクのファンデ一層、カチューシャ一個で何者にもなれる気がします。


話は変わりますが上映中の映画『何者』、面白かったです。最後のどんでん返 (さらに…)

爆笑エッセイを電車で読む勇気。

カテゴリ:99_見習い詩人ふたむーの奮闘日記

エッセイにハマっています、ふたむーです。


エッセイはエッセイでも爆笑必至!みたいな帯の付いているものをよく手に取る最近です。
そして、爆笑エッセイを電車で読む勇気も手に入れました。

つい最近購入したのが朝井 リョウの『時をかけるゆとり』。

images





このエッセイ全ての章が面 (さらに…)

お母さんのおにぎりが世界一美味しい。

カテゴリ:99_見習い詩人ふたむーの奮闘日記

cooking_onigiri_woman

食べ物の中で、白米が自分の中でやはりNo. 1です、ふたむーです。

 

 

そして、1番美味しい白米の食べ方?はやっぱりお母さんが握ってくれたおにぎりだと思うのです。
前回、原状回復費用と引越しについてのガクブルブログを書きましたが、無事引越しが終わりました(嬉)

 

 

実家から両親が手伝いに来てくれて、久しぶりにお母さんのご飯を食 (さらに…)

「現状回復費用」という言葉にびくびくしています

カテゴリ:99_見習い詩人ふたむーの奮闘日記

hikkoshi_nidukuri

引っ越しの準備で大忙しです、ふたむーです。

 

上京してから次が5か所目の住まいとなるのですが、今度はしばらく留まることになりそうです。

住居を決めるのって色々な物件を見れて楽しいけれど、希望の立地や条件と
それに見合う費用とのバランスがとても難しい…。
1人暮らしの時は「駅徒歩5分以内」が絶対条件だったのですが、もはやそんな条件夢のまた夢…。

 

今は超現実的な「平米数」が最優先事項となってしまいました。

それはそうと、物件を決めるにあたり不動産仲介や保険会社の方、クリーニング業者や引っ越し業者など様々な職 (さらに…)

数年前の夏、ある詩人との出会い

カテゴリ:99_見習い詩人ふたむーの奮闘日記

朝食はさくさくのコーンフレークがマイブームです、ふたむーです。
少しずつ元気になってきました。

 

東京は台風が過ぎ、また真夏日が戻ってきました。
そうそう、毎年この時期になると口ずさみたくなる詩があります。

 

以前のブログでご紹介しましたが、その詩の作者である「不可思議ワンダーボーイ」さんの作品と

出会ったのは、数年前の夏でした。
田舎から上京してきて、都内で行われるポエートリーリーディングに参加しようと
私は渋谷を歩いていました。
ラブホテル街を抜けた先にある小さなお店が詩人たちのたまり場となっていて、
マイクが1本ステージに置いてあるダイニングバーでした。

ちょーかっけーと思いながら、
数人の方々の朗読を聞いていたのですが、その中でも特に異彩を放っていたのがどなたかが朗読さ

れていた「不可思議ワンダーボーイ」さんの詩でした。
既に作者である彼は亡くなっているのですが、数年たった今でも彼の詩を読むとしびれます。
you tubeで彼の動画や朗読がアップされているので興味のある方は是非。
おすすめは下記の2作品。

 
生きる

 

 

いつか来るその日のために

以下引用
———————————–
カレンダーをめくり、運命はめぐり

目を瞑れば広がる無限に続く銀河

あれほどまでに遠かった星たちが今では

随分と近い 手が届きそうだ

そんなことを夢見て今日も眠りにつく

今日よりも明日が美しいとは限らない

でも吹き続ける風が岩の形を変えることがあるなら

なんて思えばまだやれそうだ
———————————–
引用終わり
最終連のこの言葉の紡ぎ方といったら…。

 

さぁ、詩を書こう。

猛暑、自己対話と悟り。

カテゴリ:99_見習い詩人ふたむーの奮闘日記

自己との協調を図り、悟りを求めはじめました、ふたむーです。

 

 
東京は猛暑が続く中、暑さやらなんやらと戦っているうちに、哲学や思想について考えるようになりました。

ダークサイド(ただの体調不良)に陥って早1ヵ月…。どん底を経験したら後は上昇するしかないのです。(全然関係ないですが、新宿三丁目には「どん底」という居酒屋があります。お料理もお酒も美味しいです。)

 
ネットで哲学関連の書籍を検索していると、名作文学を徹底漫画化「まんがで読破シリーズ」なるものがでてきて購入してみました。なにこれすごく面白い。
http://www.eastpress.co.jp/manga/

 

現代風の事例に置き換えて描かれているものもあり、とても分かりやすい!!
数百年前の偉人たちの悩みも今の私たちとそこまで変わらないんだと親近感を覚えながら
サクサク読んでしまいました。

 

 

全部で136シリーズあるとのことで、ページ数も多くないため「読破」に向けて少しずつ読み進めていきたいと思います。

 

とりあえず、購入したものは「死に至る病」キュルケゴール作。

51k1BNKfJSL__SY346_
ぞくぞく寒気がしてきました。

 

 

キュルケゴール様の一生が解きほぐされているともに、ヘーゲルの唱えた「弁証法」について
分かりやすく描かれていました。弁証法の詳細は割愛。

 

 

要約すると、自己がずっと疎外し続けてきた自分の本質を自分自身の一部であると認めたときに、自己認識と自己覚醒が可能になり最終形態となりうる、ということらしいです。

 

嫌な自分を認めて初めて変わりたい自分へと進んでいける、ということだと認識しました。
今の状況を全てを受け入れて、自分の描く理想像へ変わっていけるよう頑張りたいです。

 
…取り急ぎ次は武士道あたりでも読んでみようかな。
ご興味のある方はぜひ!

519tkONueKL

健康であることは素晴らしい

カテゴリ:99_見習い詩人ふたむーの奮闘日記

食品加工会社様の恩恵を受けまくっています、ふたむーです。

 

今まで既製品ってあまり食卓には並ばなかったのですが、最近はレトルト食品や冷凍食品、缶詰のオンパレードで生きております。

 

お湯で茹でるだけ、チンするだけ、フタを開けるだけで食べられるなんて、本当に素晴らしい。
最近絶不調で、ダークサイドにおちつつあるふたむーですが、なんとかレトルト食品を茹でて食べているわけなんです。(闇)

 

生鮮食品コーナーにめっきり行かなくなったかわりに、レトルト食品コーナーへ直行するようになったり、缶詰のバリュエーションってこんなに増えていたのか!と最近の缶詰事情に衝撃を受けたり(しかも超絶うまい)。

 

 

あとは健康でいる事がどんなに素晴らしいか、美味しくご飯を食べられる事がどんなに幸せか、真面目に考えます。
この前健康診断結果が帰ってきたのですが、初めてのB判定!
いつも、異常なしのA判定しか見てこなかったので軽くショック…。
異常があった項目は、血圧が低すぎるということ。

 

 

夏もやって来るし、フルスロットルで行きたいものです!

3 / 512345

PAGE TOP

PAGE TOP