公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. やさしくて、月がきれいな時代の男は。

公募ブログ

やさしくて、月がきれいな時代の男は。

カテゴリ:99_この美しき星の上


文鳥

 

こんにちは。こんばんは。

お散歩ライターのユミです。

 

つい先日、NHKで放映されていた『夏目漱石の妻』というドラマを観ました。

小説家・夏目漱石と妻・鏡子さんの夫婦生活を描いた4回シリーズのドラマ。

 

長谷川博己さんが演じる夏目漱石は、

思慮深く、物事の道理をわきまえていながら、気難しくて癇癪もち。

 

小説家、という肩書を脱いだところにいる

「明治の男」としての漱石像を破綻なく見せてくれました。

(鏡子役の尾野真千子さんの生醤油のような芝居も良かったです)

 

テーブル2

 

もう数年前になりますが、

『夏目漱石読書会』なるものを結成して、

1年ほどかけて漱石の小説を読んでいました。

 

「明治の文豪」と称えられる漱石ですが、

初期から順番に読んでいくと、時折は力なく感じる作品もあります。

(そういう作品が書かれたのは、大病をした後であるとか、

作家として次のステージに上がる前の、試作的な要素が強い場合が多いのですが)

 

金に困り、世間にもまれ、病に苦しみ、夫婦のいさかいを繰り返しながら、

彼もごく当たり前の人生を生きていた。

 

その事実が、今こうして生きている身には、

たいへんに優しい。

 

ドラマを見て、改めてそう感じました。

久々に彼の生きた足跡を辿ってみたいと思います。

(漱石没後100年の今年。まだまだ話題が続きそうです。)

 

ユミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP