公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. 四ツ谷で発見されました、新しい脳内物質「ワビサビン」。

公募ブログ

四ツ谷で発見されました、新しい脳内物質「ワビサビン」。

カテゴリ:99_この美しき星の上


秋

 

こんにちは。こんばんは。

お散歩ライターのユミです。

 

秋を飛び越えて、冬到来。

東京はそんな寒さ極まる一週間でしたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

秋から冬にかけて日照時間が短くなると、セロトニンが減るそうです。

 

(セロトニンは幸福を感じさせる脳内物質。これが減ると気分が滅入ったり鬱になったりするらしい)

 

これから本格的にセロトニンが激減していくであろう、冬。

 

うーん、つらい!

 

しかし、良いこともあります。

冬の寒さに比例して、最近発見された、新しい脳内物質の分泌が増えるのです!

 

冬空

 

色褪せた細い木々の枝。

閑散としたさみしい繁華街。

 

 

こんな寂しい景色を前に、

 

「ああ、風情があるねぇ~」

 

しみじみ感じ入ってしまうことはありませんか?

 

そう。

それこそが、新しく発見された脳内物質のなせるわざ。

 

公募ガイドでは、この物質を「ワビサビン」と命名しました。

 

(「ワビサビン」は日本人の美意識である「侘び・寂び」を感知する風流な脳内物質)

 

 

公募ガイド

 

というわけで、「ワビサビン」の分泌量が高まるこれからの季節。

創作にはもってこいのベストシーズンです。

 

一句浮かんだらすぐ応募。

ふだんはやらないジャンルにトライ。

 

寒い冬となりそうですが、「ワビサビン」をどんどん出して、濃密な創作期間をお過ごしください。

 

(余談ですが、セロトニンは甘いものを食べると分泌量が増えるそうです)

 

ユミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP