公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. バウムクーヘンに抱かれて

公募ブログ

バウムクーヘンに抱かれて

カテゴリ:16_山記


金曜夜10時、期待に胸を膨らませて乗り込みます。 飛行機ではありません。大型客船です。

金曜夜10時、期待に胸を膨らませて乗り込みます。
飛行機ではありません。大型客船です。


 

 

7層もあるのです。 船内探検だけでも、かなりの時間がかかります。

7層もあるのです。
船内探検だけでも、かなりの時間がかかります。

 

 

そして目が覚めた頃には目的地に。 この景色。 なかなかスゴイでしょ。

そして目が覚めた頃には目的地に。
この景色。
なかなかスゴイでしょ。

 

 

到着したのは、神津島。 海の透明度がこれまたスゴイ。

到着したのは、神津島。
海の透明度がこれまたスゴイ。

 

 

登山開始。 登山口には大量の杖が置いてあります。 ありがたく使わせてもらいました。

登山開始。
登山口には大量の杖が置いてあります。
ありがたく使わせてもらいました。

 

 

山頂はテーブル状の広い地形。 まずはこんな場所が。 苔むしてます。 どこかの由緒正しい庭園かと思うような生え具合です。

山頂はテーブル状の広い地形。
まずはこんな場所が。
苔むしてます。
どこかの由緒正しい庭園かと思うような生え具合です。

 

 

もう少し進むと、景色が一変。 なんだこれは。

もう少し進むと、景色が一変。
なんだこれは。

 

 

後ろを振り返ると、足跡がくっきりと残っています。 山の上に砂漠があるのです。

後ろを振り返ると、足跡がくっきりと残っています。
山の上に砂漠があるのです。

 

 

山の上にこんな砂漠があるのって、かなり珍しい。ため息の出るような風景です。

山の上にこんな砂漠があるのって、かなり珍しい。ため息の出るような風景です。

 

 

断崖絶壁から見下ろすと、うーん、白と緑のコントラストが見事。

断崖絶壁から見下ろすと、うーん、白と緑のコントラストが見事。

 

 

そしてメインイベント。 こんな崖のような場所を下っていきます。たどり着いたのは。

そしてメインイベント。
こんな崖のような場所を下っていきます。たどり着いたのは。

 

 

巨大バームクーヘン! この地層は、火口からの噴出物が堆積してできたもの。 工事で削った跡、などではありません。

巨大バームクーヘン!
この地層は、火口からの噴出物が堆積してできたもの。
工事で削った跡、などではありません。

 

 

ただし、かなり山慣れした人じゃないと危険です。 こんな険しい尾根を歩く必要があるのです。

ただし、かなり山慣れした人じゃないと危険です。
こんな険しい尾根を歩く必要があるのです。

 

 

神津島。
ここも東京都です。
東京には、まだまだ知られざる秘境が多数残されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP