公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. 奥秩父主脈縦走27時間その2(青虫レンジャー部隊の襲来)

公募ブログ

奥秩父主脈縦走27時間その2(青虫レンジャー部隊の襲来)

カテゴリ:16_山記


 

 

日が落ちて、まず最初に到着したのが西破風山。 この周辺は岩場が多いので、夜間は要注意なのです。

19:53。
日が落ちて、まず最初に到着したのが西破風山。
この周辺は岩場が多いので、夜間は要注意なのです。

 

 

日は落ちても月明りはある。 意外と明るいのですが、樹林帯の中では、その恩恵も受けられず。

日は落ちても月明りはある。
意外と明るいのですが、樹林帯の中では、その恩恵も受けられず。

 

 

雁坂峠に到着。 1998年にトンネルが開通するまで、この峠を越える山道が国道に指定されていました。 いわゆる酷道ですね。

雁坂峠に到着。
1998年にトンネルが開通するまで、この峠を越える山道が国道に指定されていました。
いわゆる酷道ですね。

 

 

21:19。 予定にはなかったのですが、雁坂小屋に立ち寄ります。 水が心もとなくなってきたので。 で、小屋泊まりの方と、しばらく談笑。

21:19。
予定にはなかったのですが、雁坂小屋に立ち寄ります。
水が心もとなくなってきたので。
で、小屋泊まりの方と、しばらく談笑。

 

 

水晶山を通過。 なんかもう、こんな写真ばっかり。 深夜なのでしょうがない。

水晶山を通過。
なんかもう、こんな写真ばっかり。
深夜なのでしょうがない。

 

 

22:57。 雁峠に到着。 この近くに、廃墟と化した山小屋があるのですが。 いえいえ、もちろん覗きには行ってませんよ。 深夜にそんなことはできませんって。

22:57。
雁峠に到着。
この近くに、廃墟と化した山小屋があるのですが。
いえいえ、もちろん覗きには行ってませんよ。
深夜にそんなことはできませんって。

 

 

水干を通過。 多摩川源流、最初の一滴は、待てども待てども。

水干を通過。
多摩川源流、最初の一滴は、待てども待てども。

 

 

 

 

 

 

1:24。 将監峠で深夜のラーメンタイム。 ああ、ビール飲みたい。

1:24。
将監峠で深夜のラーメンタイム。
ああ、ビール飲みたい。

 

 

飛龍山の近くで、やっと夜明け。 長かった。 といっても、山行はまだまだ続くのです。 気合を入れていきましょう。

飛龍山の近くで、やっと夜明け。
長かった。
といっても、山行はまだまだ続くのです。
気合を入れていきましょう。

次回、「奥秩父主脈縦走その3 意地でついて行く」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP