公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. 映画「ワンダー 君は太陽」

公募ブログ

映画「ワンダー 君は太陽」

カテゴリ:99_ラジオと映画な日々


予告だけで号泣ものの映画、「ワンダー 君は太陽」を観てきました。

th

 

遺伝子の疾患で人とは違う顔で生まれてきた少年オギーが、

10歳で初めて小学校に通うことから物語は始まります。

最初こそ、顔のことで同級生からいじめにあいますが、持ち前の頭脳と

ユーモアあふれる性格で、徐々友達ができ始め、学校生活を楽しんでいたのに……

と、色々なことを体験する1年間のお話しなのですが、この映画の良いところは、
オギーだけを主人公にして、可哀そう、だけど超がんばって、感動!

と短絡的ではなく、オギーはこう、だけどその姉はこういうふうに思っていて、

その友達にはこんな背景があってというふうに、登場人物ひとりひとりのさまざまな

事情が丁寧に描かれているのがこの映画の良さだと感じました。

 

特に、オギーのお姉さんのシーンでは号泣でした。

小学生の子なら理解できる映画だと思うので、ご家族で、授業で観に行っても

いいんじゃないかなー。

 

そして何より母親役がジュリアロバーツということに、アラフォー世代は

時の流れを感じた次第でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP