公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. 山よりアート

公募ブログ

山よりアート

カテゴリ:16_山記


 

 

三嶺から下山した翌日。 ついでに、瀬戸内アートトリエンナーレを見に行ってきました。 船の名前「ましおな」じゃなくて「なおしま」です。 そう、今日の行先は直島。

三嶺から下山した翌日。
ついでに、瀬戸内国際芸術祭を見に行ってきました。
船の名前「ましおな」じゃなくて「なおしま」です。
そう、今日の行先は直島。

 

 


 

最初のアート作品はこれ。 って言ってもなんだかわかりませんね。

最初のアート作品はこれ。
って言ってもなんだかわかりませんね。

 

 

草間彌生のかぼちゃです。 こういうアートオブジェが、島のいたるところに点在しています。

草間彌生のかぼちゃです。
こういうアートオブジェが、島のいたるところに点在しています。

 

 

次はこれ。 大竹伸朗の直島銭湯「I♥湯」。 めったに入れない場所から撮影しています。 だってこっち側、女湯なのです。

次はこれ。
大竹伸朗の直島銭湯「I♥湯」。
めったに入れない場所から撮影しています。
だってこっち側、女湯なのです。

 

 

こっちは男湯。 欲望 肉体 穴場 なんか、分かるような分からないような。

こっちは男湯。
欲望
肉体
穴場
なんか、分かるような分からないような。

 

 

李禹煥美術館。 中は撮影できないので、写真はこれだけ。

李禹煥美術館。
中は撮影できないので、写真はこれだけ。

 

 

ここは、安藤忠雄のベネッセハウス ミュージアム。 あと、地中美術館も行きました。

ここは、安藤忠雄のベネッセハウス ミュージアム。
あと、地中美術館も行きました。

 

 

もうひとつの黄色いかぼちゃ。 こっちのほうが人気でした。

もうひとつの黄色いかぼちゃ。
こっちのほうが人気でした。

 

 

本村地区にある、船の待合所。 これもアート作品になっています。

本村地区にある、船の待合所。
これもアート作品になっています。

 

 

山記です。 ちゃんと山にも登ります。 この道を右へ。

山記です。
ちゃんと山にも登ります。
この道を右へ。

 

 

おおっ、銀色に輝くこの物体は。 これはアート作品じゃありませんよ。 ただの貯水施設です。

おおっ、銀色に輝くこの物体は。
これはアート作品じゃありませんよ。
ただの貯水施設です。

 

 

蜘蛛の巣がすごくて、なかなかに荒れた道でしたが。

蜘蛛の巣がすごくて、なかなかに荒れた道でしたが。

 

 

なんとか、山頂らしき場所に到着。 ここはチキリ峰です。 直島で2番目に高い山。 一番高い山は、藪がひどくて登れません。

なんとか、山頂らしき場所に到着。
ここはチキリ峰です。
直島で2番目に高い山。
一番高い山は、藪がひどくて登れません。

 

 

帰りの船から夕陽を眺める。 さて、翌日もまたアート巡りなのです。

帰りの船から夕陽を眺める。
さて、翌日もまたアート巡りなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP