公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. 谷川岳へ トマとオキとノゾキ

公募ブログ

谷川岳へ トマとオキとノゾキ

カテゴリ:16_山記


 

今回は谷川岳へやってきました。 まずはロープウェイに。 乗り場には、次から次とゴンドラが到着します。 メリーゴーランドのように。

今回は谷川岳へやってきました。
まずはロープウェイに。
乗り場には、次から次とゴンドラが到着します。
メリーゴーランドのように。

 

 

 

 

目指す谷川岳が見えてきました。 しかし、人が多くてなかなか前に進まない。

目指す谷川岳が見えてきました。
しかし、人が多くてなかなか前に進まない。

 

 

山頂のひとつ、トマの耳に到着。

山頂のひとつ、トマの耳に到着。

 

 

山頂のひとつ、オキの耳に到着。

もうひとつの山頂、オキの耳。

 

 

オキの耳を過ぎると、途端に人がいなくなります。 今にも落ちそうな岩を横目に。

オキの耳を過ぎると、途端に人がいなくなります。
今にも落ちそうな岩を横目に。

 

 

谷川岳は遭難者が多い山のひとつ。 登山道の左右が、切れ落ちた崖になっているのも原因のひとつでしょうか。

谷川岳は遭難者が多い山のひとつ。
登山道の左右が、切れ落ちた崖になっているのも原因のひとつでしょうか。

 

 

飯盒が落ちていました。 いったい何十年前から存在しているのか。

飯盒が落ちていました。
いったい何十年前から存在しているのか。

 

 

ノゾキ、と書いてあるので覗いてみました。

ノゾキ、と書いてあるので覗いてみました。

 

 

雪渓越しに絶景が見られます。

雪渓越しに絶景が見られます。

 

 

なかなか険しそうな山が続きます。

なかなか険しそうな山が続きます。

 

 

一ノ倉岳に到着。 避難小屋があります。 でも、3人くらいしか入れない。 雪山で本当の避難目的で使用する小屋ですね。

一ノ倉岳に到着。
避難小屋があります。
でも、3人くらいしか入れない。
雪山で本当の避難目的で使用する小屋ですね。

 
次回、またクマに遭遇する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP