公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. 安達太良山 その2

公募ブログ

安達太良山 その2

カテゴリ:16_山記


 

 

安達太良山の続き。 下山路とはいえ、けっこう長い。 これから歩く稜線です。

安達太良山の続き。
下山路とはいえ、けっこう長い。
これから歩く稜線です。

 

 

 

 

景色がいいと、足取りも軽い。

景色がいいと、足取りも軽い。

 

 

こんな場所もあります。

こんな場所もあります。

 

 

避難小屋が見えてきました。 なかなかいい場所に建っています。 真新しい木の匂いがしました。

避難小屋が見えてきました。
なかなかいい場所に建っています。
真新しい木の匂いがしました。

 

 

これはプロペラのついた、石楠花の塔。 昭和33年に墜落した自衛隊機の供養碑だそうです。 亡くなったパイロットは、操縦かんを握ったままだったとか。 で、飛行機雲をバックに。 なかなか良い写真となりました。

これはプロペラのついた、石楠花の塔。
昭和33年に墜落した自衛隊機の供養碑だそうです。
亡くなったパイロットは、操縦かんを握ったままだったとか。
で、飛行機雲をバックに。
なかなか良い写真となりました。

 

 

なんか三角のマークが出てきました。 どっかの秘密結社の印みたい。

なんか三角のマークが出てきました。
どっかの秘密結社の印みたい。

 

 

なんだかグランドキャニオンのような風景になってきました。

なんだかグランドキャニオンのような風景になってきました。

 

 

この矢印の下にある、小さな穴をくぐります。 本当に通れるのこれ? 太った方は無理です、たぶん。

この矢印の下にある、小さな穴をくぐります。
本当に通れるのこれ?
太った方は無理です、たぶん。

 

 

高度が下がってくると、硫黄州が立ち込め、噴煙が上がっています。

高度が下がってくると、硫黄臭が立ち込め、噴煙が上がっています。

 

 

熱湯風呂。 この辺りは湯の花の試掘場だそうです。

熱湯風呂。
この辺りは湯の花の試掘場だそうです。

 

 

今にも崩れそうな木橋、どこまでも続く温泉の導管、ないやらよく分からない施設。 怪しさがいっぱいですね。

今にも崩れそうな木橋、どこまでも続く温泉の導管、なにやらよく分からない施設。
怪しさがいっぱいですね。

 

 

一度登り返して。 滝を見ながら進みます。

一度登り返して。
滝を見ながら進みます。

 

 

下界に降りてきました。 林道を行きます。

下界に降りてきました。
林道を行きます。

 

 

バス停の近くで見つけたスナック。 良い雰囲気です。

バス停の近くで見つけたスナック。
良い雰囲気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP