公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. 恐ろしい感染症を乗り越えたよ~!!

公募ブログ

恐ろしい感染症を乗り越えたよ~!!

カテゴリ:11_保護猫ラウンジ


人間界も今年は未だに世界中でコロナウイルス感染症が猛威をふるっていますが、猫界でも同じように
パルボウイルス感染症という恐ろしい病気が多発し、多くの命を奪っていました。


そして、その恐ろしい感染症がついに私が保護した仔猫からも出てしまったのです。
しかも保護した子猫5匹全頭。。。 マジで泣きました(´;ω;`)



パルボウイルス感染症(猫汎白血球減少症)は致死率も非情に高く伝染性も高いのが特徴で消毒も難しく
清浄化が困難な感染症で、獣医師がもっとも嫌う病気のひとつといわれ病院での診療自体を断られるケースも多いと
聞いていました。


IMG_6726



私が保護した子猫達は幸運にも掛かりつけの獣医師さんが研修医時代だった頃、パルボウイルスに感染してしまった
沢山の犬や猫の治療に当たってきたという経験が有り、全力でその子たちの治療に当たってくださいました。
その結果、一匹も欠けることなく5匹全員が死の病から生還する事が出来ました(喜)


IMG_6724


IMG_6723


まさに奇跡が起こってくれました(TOT)♡

 

 

 

 

高い感染力を持つ猫パルボウイルスは命が助り回復したとはいえ、弱毒化しながらも猫達の体内に数か月は保菌してしまう為、他の猫と同じ場所に住まわす事は絶対に出来ません。

 

 

今現在、その子達専用のお家で完全なる隔離生活をさせ徹底して除菌をしています。

 

IMG_5959

 

 

 

助けていただいた大切な5匹の命をしっかりと繋ぐため、全頭のパルボウイルスがPCR検査で「陰性」と判定をされるまでしっかりと見守りお世話をして行こうと思っています。

  • 兒玉 より:

    はじめまして、こんばんは。
    ブログ読ませて頂きました。

    なんとか命が助かってほんとよかったです。
    本日我が家の猫がパルボに感染かもといわれ
    現在検査結果待ちの状況です。

    さしつかえなければ
    病院と先生を教えて頂くことは
    可能でしょうか??

    突然のメッセージ申し訳ないです。
    宜しくお願い致します(;_;)

    • editor より:

      メッセージに気付くのが遅くご連絡が遅くなり申し訳ありません。

      パルボ感染症を感知させてくださった動物病院は東京都新宿区四谷の「あおぞら動物病院」です。

      http://aozora-animal.com/hospital.html

      もっと早くにメッセージに気付けばと猛省しています。本当にごめんなさい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP

    PAGE TOP