公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. 帯那山へ

公募ブログ

帯那山へ

カテゴリ:16_山記


 

 

立派な東屋がありました。 ここ、眺めもよいのですよ。

立派な東屋がありました。
ここ、眺めもよいのですよ。

 

 

 

こんな感じです。 ゆっくりしたいところですが、とてつもなく風が強いので、先に進みます。

こんな感じです。
ゆっくりしたいところですが、とてつもなく風が強いので、先に進みます。

 

 

山の中に突如出現するこの建物。 使われているのかどうか。 というか、何に使うものなのかすら分からない。

山の中に突如出現するこの建物。
使われているのかどうか。
というか、何に使うものなのかすら分からない。

 

 

石垣が出てきました。 登山道の途中、いたるところに。 その昔、集落があったのでしょう。 人が住んでいた名残は、なんだか寂しいものです。

石垣が出てきました。
登山道の途中、いたるところに。
その昔、集落があったのでしょう。
人が住んでいた名残は、なんだか寂しいものです。

 

 

丘の上に立派な建物を発見。 展望台かな、と思って近づいたのですが、周りを厳しく囲っておりまして。 電波塔でした。

丘の上に立派な建物を発見。
展望台かな、と思って近づいたのですが、周りを厳しく囲っておりまして。
電波塔でした。

 

 

この看板の脇から、牧場の中へと入ります。

この看板の脇から、牧場の中へと入ります。

 

 

最終目的地、帯那山に到着。

最終目的地、帯那山に到着。

 

 

たぶん、牧場の施設が朽ち果てたものなのでしょう。 ちょうどよい休憩所になっていました。

たぶん、牧場の施設が朽ち果てたものなのでしょう。
ちょうどよい休憩所になっていました。

 

 

斜面は炭だらけ。 山火事の跡でしょうかね。

斜面は炭だらけ。
山火事の跡でしょうかね。

 

 

この後の下山路がとてつもなく長い。 謎の石仏の写真を撮ったり、だらだらと約2時間歩きました。

この後の下山路がとてつもなく長い。
謎の石仏の写真を撮ったり、だらだらと約2時間歩きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP