公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. 雨と事件と映画

公募ブログ

雨と事件と映画

カテゴリ:04_乗算とシネマ


今年も「梅雨入り」という単語に敏感になる季節がやってきましたね。
こんにちは、Yです。

 

最近ディズニープラスに加入しました。
全てはマーベル作品を一気に履修するため。
友人から作品の時系列を教えてもらい、とりあえず観るべき全21作品リストアップ。
多すぎる。踏破を目指し今晩も映画漬けです。

 

第2回。
本日のテーマは「雨×事件」です。

 

事件の中の雨といえば、不吉の予兆として用いられがちなイメージがありますね。
ですが今回おすすめしたい作品は、
むしろずっと雨なのです。

 

「ストロベリーナイト」(2013)

 

竹内結子さん主演ドラマ「ストロベリーナイト」の続編映画です。
ドラマと同じ名前を冠していますが、原作は同シリーズ内の「インビジブルレイン」ですのでお間違いなく。

 

なぜこの映画にとって雨が特徴的なのか。
冒頭でお伝えしたように「ずっと雨が降り続けている」ところにあります。
開始からずっと。です。


ですが一番のポイントは、「上映時間127分のうち、一度だけ雨が上がるシーン」があること。

 

つまり今までの雨の使い方と真逆ですね。
長く続く不快感や不穏さから、突然現れる晴天によって登場人物の心情や展開を表現したわけです。

 

これ、小説だとなかなか効果的にやりにくい手法なんですが、
2時間という映画だからこそ成立しているんです。(ドラマの尺だと物足りないかも)
裏話として、沢山の水を使った撮影にはかなり苦労したそう・・・。

 

私的見どころポイントは、車のフロントガラスや窓を通して見る雨粒のきらめき。
ビニール傘を打つ雨音。悪天が隠す登場人物たちの姿。
そうそう雨の演出をまとめて観ることもないのでそこを観ていただきたいです。

 

興味のある方はぜひ長雨のお供にどうぞ。
次回は「変身×〇〇」の予定です。

 

Yでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP