公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. 普遍的な面白さ

公募ブログ

普遍的な面白さ

カテゴリ:未分類


こんにちは、よしだです。

9/19(土)は公募スクールのオンライン講座「現役作家が教える!小説の書き方2021」の

運営サポートをしていました。

 

今回は赤神諒先生がご自身の作品『空貝』の内容に沿って書き方を教えてくださいました。

小説を書かない私が聞いても、ものすごく面白かったです!

実際の作品を紐解く解説なのでとてもわかりやすいし、

「ここまで考えて書いているのか!」と感動しました。

 

印象に残っているのは、「『空貝』は古典の名作のエッセンスを

現代風にアレンジして取り入れることで面白さを生み出している」と仰っていたことです

(もちろん、他の工夫もたくさんされていますが!)。

面白さというのは、ある程度普遍的なものなのですね。

普遍的な面白さをいかに新しく見せるか、が勝負というところなのでしょうか。

制作過程に思いを馳せてみると、もっと小説を読むのが面白くなりそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP