公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. 【表彰式レポート】第62回神宮式年遷宮「標語・シンボルマーク」募集

公募ブログ

【表彰式レポート】第62回神宮式年遷宮「標語・シンボルマーク」募集

カテゴリ:99_ニュース・結果発表


日時 2005年10月7日(金)17時30分~
場所 東京プリンスホテル・パークタワー
主催 伊勢神宮式年遷宮広報本部
募集内容 平成25年(2013年)の「第62回式年遷宮」斎行に伴い、標語とシンボルマークを募集。
神宮式年遷宮(じんぐうしきねんせんぐう)とは、20年に1度の大祭のこと。正殿を始め御垣内のお建物全てを新造し、さらに殿内の御装束や神宝を新調して、神儀(御神体)を新宮へお遷し申し上げる、我が国で最も重要なお祭りのひとつ。
第1回の式年遷宮が内宮で行われたのは、持統天皇4(690)年と聞いて、その歴史の長さにびっくりです。
粛々と始まった授賞式。今回の公募には標語・シンボルマークあわせて約8200点の応募があったと発表されました。
伊勢神宮を撮影したイメージ映像(不思議なほど洒落ている)上映のあと、いよいよ入賞作品の発表! 
【標語部門】
 最優秀賞 「遷宮で結ぶ人の輪心の輪」(大峯智之)
 優秀賞 「きらめく美日本のこころ御遷宮」(細井麻奈美)
 佳作 「式年遷宮日本が好きになりました」(佐藤隆貴)
 佳作 「遷宮は古代と未来の交差点」(西森茂夫)

【シンボルマーク部門】
symbol saiyushuyushukasaku1kasaku2
※左から
最優秀賞(岩田重一郎)
優秀賞(小池もとお)
佳作(高橋利昌) 佳作(仲秋広志)

最優秀賞を受賞した岩田さんは、日の丸を構成する放射線を62本描くことで、今回の式年遷宮が第62回であることを表現したそうです。
授賞式には、入賞者全8名が出席し、賞状と副賞の授与が行われました。みなさん、とってもいい表情をしていたなぁ…。しかも豪華な会場、たくさんの人の前での表彰! 
特別審査員である女優の浅野温子さん(おしゃれで細くて超キレイ!)、写真家の織作峰子さんからの審査講評のあと、各部門最優秀賞受賞者の謝辞があり、授賞式は幕を閉じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP