公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. 「英国ヴィクトリア朝絵画の巨匠 ジョン・エヴァレット・ミレイ展」報道内覧会

公募ブログ

「英国ヴィクトリア朝絵画の巨匠 ジョン・エヴァレット・ミレイ展」報道内覧会

カテゴリ:99_ニュース・結果発表


今年の酷暑もなんとかエアコンなしでのり切った(理)です。
最近、気温差が激しいですが、皆様、体調などくずしておりませんでしょうか?
暦の上では、もう秋。いよいよ芸術の秋の到来です。
今回、「オフィーリア」で有名な、ミレイ展の報道内覧会に行ってきました。
内覧会に参加するのは初めてなので、緊張と好奇心のミックス状態です。


オフィーリアまず、受付を済ませ、ゆっくりと絵画を鑑賞します。
報道関係者のみということで、会場は空いており、1枚1枚じっくりと観ることができました。
私は普段、美術観賞するときは、音声ガイドは使用しない派なんです。というのも、混んでいると、じっくり聞きながら楽しめないこと、自分独自の視点で作品を堪能できないと思っていたからです。
しかし今回は、せっかくのなで音声ガイドを初めて使用してみました。
さて、その感想はというと…。耳に心地よい声で、それぞれの作品についてのエピソードがドラマチックに語られるではないですか!? まるで、その制作現場にいるようなライブ感、それゆえなのか、作品たちに親近感が。今さらですが、音声ガイドの使用はお勧めです! 次回からは多分、使用派になってます、私…。
説明2しばらくすると、会場内でギャラリートークが始まりました。
監修者は、テート・ブリテン学芸員のアリソン・スミス氏と
メアリーマウント・マンハッタン・カレッジの美術史学准教授のジェイソン・ローゼンフェルド氏。
説明3「ミレイはオフィーリアだけじゃない! そして、観終わった後には、皆にそれを伝えて欲しい!」と、熱く語っていました。確かに内覧後は、そう言われる理由が充分理解できました。
皆さんも、150年以上たっても未だに強烈なエネルギーを発する作品に触れ、
創作意欲を高めてみてはいかがですか?
●「英国ヴィクトリア朝絵画の巨匠 ジョン・エヴァレット・ミレイ展」●
   開催期間:8月30日~10月26日
   場   所:Bunkamura サ・ミュージアム
追記:
情熱的な語り口は、残念ながら英語だったのですが、
何とか聞き取ろうと思う反面、通訳さんの「自動書紀かっっ!」と思われるような速記に目が釘付けでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP